e-文書法に対応したイメージデータを作成する

ScanSnap Homeの読み取り設定をe-文書モードに設定してScanSnapで原稿をスキャンすると、e-文書法に対応したイメージデータを作成できます。

重要
  • A4サイズより大きい原稿をスキャンする場合は、文書の種類によって以下の点に注意してください。

    • 国税関係書類の場合

      表裏のイメージデータを合成することは、推奨しません。

    • 国税関係書類以外の場合

      表裏のイメージデータを合成した場合、折り目にある情報が欠けていないかを確認してください。情報が欠けていた場合は、以下の対処をしてから、再度原稿をスキャンしてください。

      • 文字などの情報がない部分に折り目を変更する

      • 原稿をしっかりと折り曲げる

  • 原稿種別を自動で判別するプロファイルで、1つ以上の原稿種別の「スキャンモード」を「e-文書モード」に設定した場合、すべての原稿種別で「フィードオプション」画面の「縦筋を軽減します」チェックボックスの設定が無効になります。

  1. ScanSnapの給紙カバー(原稿台)を開けて、電源をONにします。 ScanSnapの給紙カバー(原稿台)を開けて、電源をONにします。 ScanSnapの[Scan]ボタンまたは[Stop]ボタンを押して、電源をONにします。
    給紙カバー(原稿台)を開ける
    給紙カバー(原稿台)を開ける
    給紙カバー(原稿台)を開ける
    給紙カバー(原稿台)を開ける
    給紙カバー(原稿台)を開ける
    電源ON
  2. ScanSnapの給紙カバー(原稿台)を開けて、電源をONにします。
    給紙カバー(原稿台)を開ける
    給紙カバー(原稿台)を開ける
    ヒント
    • 原稿をScanSnapの前面側に排出する場合や、ScanSnapの排出側に十分なスペースがない場合は、排出ガイドを開けてください。

      排出ガイドを開ける
      排出ガイドを開ける
    • 排出ガイドの開閉による、原稿の排出方法の違いは、以下のとおりです。

      • 排出ガイドを閉じた場合の原稿の流れ

        排出ガイドを閉じた場合
        排出ガイドを閉じた場合
      • 排出ガイドを開けた場合の原稿の流れ

        排出ガイドを開けた場合
        排出ガイドを開けた場合
  3. スタッカーを手前に開けます。
    スタッカーを手前に開ける
  4. 給紙カバー(原稿台)のエクステンションおよびスタッカーを伸ばします。 給紙カバー(原稿台)のエクステンションを伸ばしてから、スタッカーを起こします。 エクステンションを伸ばします。
    エクステンションを伸ばす
    エクステンションを伸ばしてスタッカーを起こす
    エクステンションを伸ばす
  5. ScanSnapの前に、背景マットをセットします。

    背景マットは、ScanSnapに突き当ててください。

    背景マットをセットする
  6. プロファイルを設定します。
    1. ScanSnap Homeのメイン画面の[Scan]ボタンをクリックして、スキャン画面を表示します。
      Windows

      メイン画面が表示されていない場合は、メイン画面を表示するにはを参照してください。

      Mac OS

      メイン画面が表示されていない場合は、DockのLaunchpadをクリックして表示されるアプリケーションの一覧から「ScanSnap Home」アイコンScanSnap Homeのアイコンをクリックしてください。

       

    2. プロファイル追加アイコンをクリックして、「新規プロファイル追加」画面を表示します。
    3. 画面左のテンプレートのリストから、「e-文書画質で保存」を選択します。

      必要に応じて、読み取り設定の設定内容を変更してください。

    4. [追加]ボタンをクリックして、プロファイルリストにプロファイルを追加します。
    5. タッチパネルのホーム画面にあるプロファイルリストから、設定したプロファイルを選択します。
    6. スキャン画面のプロファイルリストから、設定したプロファイルを選択します。
  7. ScanSnapの給紙カバー(原稿台)に原稿をセットします。 原稿のスキャンする面を上向きにして、ScanSnapの給紙部にまっすぐ差し込みます。 原稿をScanSnapの読み取り範囲内にセットします。

    原稿の裏面(原稿が複数枚ある場合は最終ページ)を手前に向け、上端を下向きにしてセットします。原稿の厚みがサイドガイド内側の原稿をセットする目安を超えないように、原稿の枚数を調節してください。

    原稿をセットする
    原稿をセットする
    原稿をセットする

    原稿がScanSnapに引き込まれ、固定されることを確認してください。

    原稿をセットする
    原稿をセットする
    原稿をセットする
  8. サイドガイドを原稿の両端に合わせます。

    サイドガイドは、中央部分を持って動かしてください。サイドガイドと原稿の間に隙間があると、原稿が斜めにスキャンされることがあります。

    サイドガイドを合わせる
    サイドガイドを合わせる
    サイドガイドを合わせる
  9. タッチパネルのホーム画面の[Scan]ボタンを押して、原稿をスキャンします。 [Scan]ボタンを押して、原稿をスキャンします。 [Scan/Stop]ボタンを押して、原稿のスキャンを開始します。 [Scan]ボタンを押して、原稿のスキャンを開始します。

    継続して原稿をスキャンする場合は、次にスキャンする原稿をセットしてください。原稿をセットすると、自動的にスキャンが開始されます。

    継続して原稿をスキャンする場合は、次にスキャンする原稿をセットしてから[Scan]ボタンを押してください。

    重要
    • 原稿のスキャン中に、ScanSnapの白シートを手や物で隠さないでください。イメージデータの色調の再現性が悪くなります。

    • 原稿のスキャン中は、ScanSnapを設置している台を振動させたり、原稿を動かしたりしないでください。イメージデータがゆがんだり、色がにじんだりする場合があります。

  10. [Scan/Stop]ボタンを押して、原稿のスキャンを終了します。
  11. [Stop]ボタンを押して、原稿のスキャンを終了します。
  12. ScanSnap Homeの「ScanSnap Home-イメージのスキャンとファイル保存」画面で、イメージデータの保存方法を選択してから、[このイメージで保存する]ボタンをクリックします。
  13. ScanSnap Homeのメッセージの内容を確認し、[閉じる]ボタンをクリックします。
  14. メッセージの内容を確認し、[閉じる]ボタンをクリックします。
  15. スキャンした原稿とイメージデータを比較して、原稿の情報が正しくスキャンされていることを検証します。

    イメージデータは、ScanSnap Homeのメイン画面のコンテンツリストビューで確認できます。

    以下の観点で、検証してください。

    • ページの抜けがないか

    • 文字がつぶれて読めない箇所がないか

    • ごみ、スジなどで不鮮明な箇所がないか

    • 割り印などの、原稿の端にある情報が欠けていないか

    ヒント
    • イメージデータを検証した結果、原稿の情報が正しくスキャンされていなかった場合の対処方法は、以下のとおりです。

      • ページの抜けがあった場合

        再度原稿をスキャンしてください。

        白紙に近いページが抜けていた場合は、「詳細設定」画面の「スキャン」タブで、「白紙ページを自動的に削除します」チェックボックスのチェックを外してから、再度原稿をスキャンしてください。

      • 文字がつぶれて読めない箇所があった場合

        「プロファイル編集」画面で読み取り設定を変更してから、再度原稿をスキャンしてください。変更する読み取り設定は、以下のとおりです。

        • 「画質」を「スーパーファイン」(300dpi相当[12ドット/mm])に変更する

        • [詳細設定]ボタンをクリックすると表示される「詳細設定」画面の「ファイルサイズ」タブで、「圧縮率」の設定を低くする

      • 原稿にはないごみ、スジで不鮮明な箇所があった場合

        ScanSnapの内部を清掃してから、再度原稿をスキャンしてください。

      • 照明の反射などで不鮮明な箇所があった場合

        外光や蛍光灯などの強い光の反射によって、イメージデータの情報が欠けるなどの異常があった場合は、ScanSnapの位置や向きを調整してから、再度原稿をスキャンしてください。

      • 割り印などの、原稿の端にある情報が欠けていた場合

        「フィードオプション」画面の「原稿サイズ」で、スキャンする原稿サイズよりも一回り大きなサイズを設定してから、再度原稿をスキャンしてください。

      • 割り印などの、原稿の端にある情報が欠けていた場合

        以下の対処をしてから、再度原稿をスキャンしてください。

        • 原稿をセットする位置を調整する

        • 「フィードオプション」画面の「原稿サイズ」で、スキャンする原稿サイズよりも一回り大きなサイズを設定する

e-文書法に対応したイメージデータが、プロファイルの「保存先」に指定されているフォルダーに保存されます。

保存されたイメージデータは、ScanSnap Homeのメイン画面のコンテンツリストビューで確認できます。

重要
  • 一度に複数枚の原稿をスキャンした場合、イメージデータが原稿ごとに切り出されるマルチクロップ機能では、四角形以外の原稿を切り出せません。丸などの四角形以外の原稿をスキャンする場合は、定型サイズを指定して、1枚ずつスキャンしてください。

  • 本や雑誌などの見開き原稿をスキャンした場合、手動でイメージデータのゆがみを補正するブック補正モードは使用できません。原稿とイメージデータの輪郭が一致しなかった場合は、再度原稿をスキャンしてください。

    以下のような原稿は、イメージデータがゆがむことがあるため、特に注意が必要です。

    • 厚さが1cmを超える場合

    • シワ、カール、折れがある場合

    上記の方法でも原稿の輪郭が正しく検出されなかった場合は、「フィードオプション」画面の「読み取る原稿の選択」で「平らな原稿」を選択してから、原稿をできるだけ平らな状態にしてスキャンしてください。

  • イメージデータに写り込んだ指を塗りつぶすポイント・レタッチモードは使用できません。原稿を指で押さえてスキャンした場合は、指によって文字などの情報が欠けていないか検証してください。イメージデータの情報が欠けていた場合は、原稿を押さえる指の位置を変えてから、再度原稿をスキャンしてください。

ヒント