新しいプロファイルを作成する

ScanSnapで原稿をスキャンするときに使用する、プロファイルを追加します。

プロファイルには、スキャンする原稿の種別、カラーモードなどの読み取り設定、イメージデータの保存先、およびイメージデータを活用するために連携するアプリケーションを設定できます。

ここでは、イメージデータの保存先を、ローカルフォルダーまたはネットワークフォルダーに設定したプロファイルを作成します。ローカルフォルダーには、クラウドサービスと同期するフォルダーも含まれます。

Windows

  1. ScanSnap Homeのメイン画面の[Scan]ボタンをクリックして、スキャン画面を表示します。

    メイン画面が表示されていない場合は、メイン画面を表示するにはを参照してください。

  2. プロファイル追加をクリックして、「新規プロファイル追加」画面を表示します。
  3. 画面左のテンプレートのリストから、テンプレートプロファイルを選択します。

    スキャンする原稿の種別や、スキャンしたあとのコンテンツの活用方法と照らし合わせて、テンプレートプロファイルを選択してください。

    テンプレートプロファイルを選択すると、コンテンツの用途に応じたプロファイルの設定に変更されます。

    手順4.以降では、必要に応じてプロファイルの設定を変更してください。

  4. 「プロファイル名」で、追加するプロファイルの名前および説明文を入力して、プロファイルアイコンを選択します。

    テンプレートプロファイルを選択すると自動的に、プロファイル名、プロファイルアイコン、および説明文が表示されます。

    プロファイル名を任意に変更しなかった場合、「原稿種判別」および「保存先」を変更すると、プロファイル名が自動的に生成されます。ただし、選択したテンプレートプロファイルの「連携アプリケーション」にアプリケーションが設定されている場合、プロファイル名は自動的に生成されません。

  5. 「原稿種判別」で、原稿種別を選択します。
    ヒント
    • 「原稿種判別」で「自動的に文書/名刺/レシート/写真に判別し、それぞれの設定で読み取ります」を選択すると、スキャンした原稿の種別を自動で判別できます。原稿種別を自動で判別する場合は、原稿種別ごとに読み取り設定を設定する必要があります。

  6. 「スキャン設定」で、原稿のカラー、読み取り面、画質、ファイル形式、原稿の給紙方法、およびタグを設定します。

    読み取り設定を詳細に設定する場合は、[詳細設定]ボタンをクリックしてください。

    「詳細設定」画面が表示されます。

    給紙方法を詳細に設定する場合は、[オプション]ボタンをクリックしてください。

    「フィードオプション」画面が表示されます。

  7. 「管理」で、イメージデータの保存先の種類、および保存先を設定します。

    [参照]ボタンをクリックすると、保存先を変更できます。

  8. 「アプリケーション」で、原稿をスキャンしたあとにコンテンツを連携するアプリケーションを選択します。

    [設定]ボタンをクリックすると、連携するアプリケーションの設定を変更できます。

    ヒント
    • 「連携アプリケーション」で「追加と削除」を選択すると「追加アプリケーション設定」画面が表示され、任意のアプリケーションを連携アプリケーションに追加できます。

      詳細は、連携するアプリケーションを追加するを参照してください。

  9. [追加]ボタンをクリックします。

スキャン画面のプロファイルリストの末尾に、作成したプロファイルが追加されます。

スキャン画面のPC/Macをクリックすると表示されるプロファイルリストに、作成したプロファイルが追加されます。

Mac OS

  1. ScanSnap Homeのメイン画面の[Scan]ボタンをクリックして、スキャン画面を表示します。

    メイン画面が表示されていない場合は、DockのLaunchpadをクリックすると表示されるアプリケーションの一覧から、「ScanSnap Home」アイコンScanSnap Homeのアイコンをクリックしてください。

  2. プロファイル追加をクリックして、「新規プロファイル追加」画面を表示します。
  3. 画面左のテンプレートのリストから、テンプレートプロファイルを選択します。

    スキャンする原稿の種別や、スキャンしたあとのコンテンツの活用方法と照らし合わせて、テンプレートプロファイルを選択してください。

    テンプレートプロファイルを選択すると、コンテンツの用途に応じたプロファイルの設定に変更されます。

    手順4.以降では、必要に応じてプロファイルの設定を変更してください。

  4. 「プロファイル名」で、追加するプロファイルの名前および説明文を入力して、プロファイルアイコンを選択します。

    テンプレートプロファイルを選択すると自動的に、プロファイル名、プロファイルアイコン、および説明文が表示されます。

    プロファイル名を任意に変更しなかった場合、「原稿種判別」および「保存先」を変更すると、プロファイル名が自動的に生成されます。ただし、選択したテンプレートプロファイルの「連携アプリケーション」にアプリケーションが設定されている場合、プロファイル名は自動的に生成されません。

  5. 「原稿種判別」で、原稿種別を選択します。
    ヒント
    • 「原稿種判別」で「自動的に文書/名刺/レシート/写真に判別し、それぞれの設定で読み取ります」を選択すると、スキャンした原稿の種別を自動で判別できます。原稿種別を自動で判別する場合は、原稿種別ごとに読み取り設定を設定する必要があります。

  6. 「スキャン設定」で、原稿のカラー、読み取り面、画質、ファイル形式、原稿の給紙方法、およびタグを設定します。

    読み取り設定を詳細に設定する場合は、[詳細設定]ボタンをクリックしてください。

    「詳細設定」画面が表示されます。

    給紙方法を詳細に設定する場合は、[オプション]ボタンをクリックしてください。

    「フィードオプション」画面が表示されます。

  7. 「管理」で、イメージデータの保存先の種類、および保存先を設定します。

    [参照]ボタンをクリックすると、保存先を変更できます。

  8. 「アプリケーション」で、原稿をスキャンしたあとにコンテンツを連携するアプリケーションを選択します。

    [設定]ボタンをクリックすると、連携するアプリケーションの設定を変更できます。

    ヒント
    • 「連携アプリケーション」で「追加と削除」を選択すると「追加アプリケーション設定」画面が表示され、任意のアプリケーションを連携アプリケーションに追加できます。

      詳細は、連携するアプリケーションを追加するを参照してください。

  9. [追加]ボタンをクリックします。

スキャン画面のプロファイルリストの末尾に、作成したプロファイルが追加されます。

スキャン画面のPC/Macをクリックすると表示されるプロファイルリストに、作成したプロファイルが追加されます。