「プロファイル編集」画面

ScanSnap Homeの「プロファイル編集」画面は、選択したプロファイルの設定を変更したり、プロファイルリストのプロファイルを並べ替えたり、プロファイルを削除したりする画面です。

ここでは、イメージデータの保存先がローカルフォルダーまたはネットワークフォルダーの場合の設定項目について説明します。ローカルフォルダーには、クラウドサービスと同期するフォルダーも含まれます。

重要
  • 「プロファイル編集」画面の表示中は、ScanSnapで原稿をスキャンできません。

Windows

「プロファイル編集」画面
「プロファイル編集」画面
「プロファイル編集」画面
「プロファイル編集」画面
「プロファイル編集」画面
「プロファイル編集」画面
プロファイルリスト(1

接続しているScanSnapで使用できるプロファイルが表示されます。

設定を変更、コピー、または削除するプロファイルを選択します。

プロファイル名
アイコン(2

選択したプロファイルのプロファイルアイコンが表示されます。

アイコンをクリックすると表示される「アイコン選択」画面で、選択したアイコンに変更できます。

プロファイル名(3

プロファイル名が表示されます。クリックすると、プロファイル名を変更できます。

説明文(4

選択したプロファイルの説明文が表示されます。クリックすると、プロファイルの説明を変更できます。

原稿種判別

スキャンした原稿の種別を、原稿に合わせて自動的に判別するか、または固定するかを設定できます。

スキャンした原稿の種別を設定できます。

  • 自動的に文書/名刺/レシート/写真に判別し、それぞれの設定で読み取ります

  • すべての原稿を文書として読み取ります

  • すべての原稿を名刺として読み取ります

  • すべての原稿をレシートとして読み取ります

  • すべての原稿を写真として読み取ります

スキャン設定
タブ(5

「原稿種判別」で「自動的に文書/名刺/レシート/写真に判別し、それぞれの設定で読み取ります」を選択すると、原稿種別のタブを選択できます。タブを切り替えると、原稿種別ごとに読み取り設定を変更できます。

変更できる読み取り設定の項目は、以下のとおりです。

  • カラーモード

  • 読み取り面

  • 画質

  • 向き

  • タイトルまたはファイル名

  • 詳細設定

ヒント
  • 原稿種別によって、読み取り設定の項目の内容が異なります。

カラーモード

選択されているカラーが表示されます。

設定内容は、「詳細設定」画面の「スキャン」タブにある「カラーモード」と連動します。

以下の設定に変更できます。

  • 自動

    原稿ごとにカラー、グレー、白黒を自動的に判別してスキャンします。

  • カラー

    常にカラーのイメージデータを保存します。

  • グレー

    常にグレーのイメージデータを保存します。

  • 白黒

    常に白黒のイメージデータを保存します。

    白黒で文字だけの原稿をスキャンする場合に最適です。

読み取り面

選択されている読み取り面が表示されます。

設定内容は、「詳細設定」画面の「スキャン」タブにある「読み取り面」と連動します。

以下の設定に変更できます。

  • 両面

    原稿の両面をスキャンします。

    原稿種別が名刺の場合、名刺の両面を1つのコンテンツにするには、名刺の表面と裏面を順にスキャンします。

    原稿種別が文書、レシート、および写真の場合、「両面」は設定できません。

  • 片面

    原稿の片面をスキャンします。

画質

選択されている画質(解像度)が表示されます。

画質によって、原稿をスキャンする速度が異なります。

詳細は、ScanSnapの仕様を参照してください。

設定内容は、「詳細設定」画面の「スキャン」タブにある「画質」と連動します。

以下の設定に変更できます。

  • 自動

    原稿サイズに合わせて、最適な画質でスキャンします。

    画質は、原稿の短辺の長さによって自動的に判断されます。

    • 短辺の長さが115mmを超える場合:ファイン

    • 短辺の長さが115mm以下の場合:スーパーファイン

  • ノーマル

    「カラーモード設定」がカラーまたはグレーの場合は150dpi、白黒の場合は300dpiの解像度でスキャンされます。

  • ファイン

    「カラーモード設定」がカラーまたはグレーの場合は200dpi、白黒の場合は400dpiの解像度でスキャンされます。

  • スーパーファイン

    「カラーモード設定」がカラーまたはグレーの場合は300dpi、白黒の場合は600dpiの解像度でスキャンされます。

  • エクセレント

    「カラーモード設定」がカラーまたはグレーの場合は600dpi、白黒の場合は1200dpiの解像度でスキャンされます。

    コンピューターの環境によっては、「エクセレント」を選択すると原稿のスキャンに時間がかかる場合があります。

    原稿種別を自動的に判別する場合、文書、名刺、レシート、および写真の、どれかの原稿種別の画質で「エクセレント」を選択すると、原稿種別に関係なくスキャンに時間がかかるようになります。

向き

選択されているイメージデータの回転方法が表示されます。

設定内容は、「詳細設定」画面の「スキャン」タブにある「向き」と連動します。

以下の設定に変更できます。

  • 回転しない

    イメージデータの向きを回転しません。

  • 自動

    原稿を横向きや上下逆さまにセットしてスキャンしたときに、イメージデータの向きを自動的に回転します。

    原稿の文字列を基準にして回転するため、以下のような原稿をスキャンする場合は、「自動」以外を設定してください。

    • 極端に大きい文字や小さい文字が多い原稿

    • 文字間や行間が極端に狭いまたは文字が接触している原稿

    • 下線や罫線に接触している文字が多い原稿

    • 写真や図などが多く、文字の少ない原稿

    • 網掛けされているなどの文字の背景が不均一色の原稿

    • 影、白抜きなどの装飾されている文字が多い原稿

    • 絵や図と重なっているなど、文字の背景に模様がある原稿

    • 図面など、文字が一定方向を向いていない原稿

    • アルファベット大文字だけで書かれている原稿

    • 手書き文字の原稿

    • 傾いた原稿

    • 複雑なレイアウトの原稿

    • ノイズの多い原稿

    • 薄い文字の原稿

    • かすれた文字の原稿

  • 右90度回転/180度回転/左90度回転

    イメージデータの向きを、設定した角度に回転します。

    「読み取り面」に「両面」が設定されている場合、表面と裏面それぞれに対して、イメージデータの回転方法を設定できます。

    向き

    回転方法

    右90度回転(右/左とじ)

    表面:右90度回転

    裏面:左90度回転

    右90度回転(上/下とじ)

    両面:右90度回転

    右90度回転

    右90度回転

    180度回転(右/左とじ)

    両面:180度回転

    180度回転(上/下とじ)

    表面:180度回転

    裏面:回転しない

    180度回転

    180度回転

    左90度回転(右/左とじ)

    表面:左90度回転

    裏面:右90度回転

    左90度回転(上/下とじ)

    両面:左90度回転

    左90度回転

    左90度回転

ファイル形式

イメージデータのファイル形式が表示されます。

設定内容は、「詳細設定」画面の「ファイル形式」タブにある「ファイル形式」と連動します。

以下の設定に変更できます。

  • PDF (*.pdf)

    イメージデータをPDF形式(*.pdf)で保存します。

  • JPEG (*.jpg)

    イメージデータをJPEG形式(*.jpg)で保存します。

    複数枚の原稿をスキャンした場合、複数のJPEG形式のイメージデータを1つのイメージデータとして保存します。

[オプション]ボタン

クリックすると、「PDFオプション」画面が表示されます。

「ファイル形式」で「JPEG (*.jpg)」が選択されている場合は、グレーアウトされます。

タイトル

「管理」の「タイプ」で、「PC (ScanSnap Homeで管理します)」を選択した場合に表示されます。

設定されているタイトルの形式が表示されます。

クリックすると、「詳細設定」画面の「タイトル」タブが表示され、タイトルの詳細を設定できます。

ファイル名

「管理」の「タイプ」で、「PC (ファイル保存のみ)」を選択した場合に表示されます。

設定されているファイル名の形式が表示されます。

クリックすると、「詳細設定」画面の「ファイル名」タブが表示され、ファイル名の詳細を設定できます。

[詳細設定]ボタン

クリックすると、「詳細設定」画面が表示されます。

「詳細設定」画面では、以下の読み取り設定の詳細を設定できます。

  • タイトルまたはファイル名

  • ファイル形式

  • スキャン

  • ファイルサイズ

フィード

選択されている原稿の給紙方法が表示されます。

設定内容は、「フィードオプション」画面の「フィード」と連動します。

以下の設定に変更できます。

  • 通常スキャン

    ScanSnapの給紙カバー(原稿台)にセットした原稿を、一度にスキャンします。

    一度のスキャン動作で、スキャンを終了します。

  • 継続スキャン

    原稿を継続してスキャンします。

    ScanSnapの給紙カバー(原稿台)にセット可能な枚数を超える大量の原稿をスキャンするには、この給紙方法を選択してください。

    ヒント
    • ScanSnapの給紙カバー(原稿台)にセットした原稿のスキャンが完了するたびに、給紙方法を変更できます。

      以下のような原稿をスキャンする場合は、継続して原稿をスキャンするかどうかを確認する画面の右下にあるフィード設定アイコンを押して、フィード設定を「手差しスキャン」に変更してください。

      • 2つ折りにした原稿

      • 封筒

      • 付箋を貼り付けた原稿

      • 複写帳票のように複数枚の紙が重なった原稿

      • 長いレシートなどの長尺原稿

      • プラスチックカード

  • 手差しスキャン

    原稿を1枚ずつセットしてスキャンします。

    写真などの傷付けたくない原稿、封筒などの重なりのある原稿、A4サイズより大きい原稿を2つ折りにしてスキャンする場合などに、この給紙方法を選択してください。

[オプション]ボタン

クリックすると、「フィードオプション」画面が表示されます。

「フィードオプション」画面では、原稿の給紙方法の詳細を設定できます。

管理
タイプ

イメージデータの保存先が表示されます。

以下の設定に変更できます。

  • PC (ScanSnap Homeで管理します)

    スキャンした原稿のイメージデータおよびメタ情報を、コンテンツとしてScanSnap Homeの管理対象にします。

    コンテンツは、メイン画面のコンテンツリストビューに表示されます。

  • PC (ファイル保存のみ)

    スキャンした原稿のイメージデータを、ファイルとして保存します。ScanSnap Homeの管理対象にならないため、メイン画面のコンテンツリストビューには表示されません。イメージデータを参照する場合は、保存先に指定したフォルダーをエクスプローラーで開いてください。

    ScanSnapでスキャンした原稿の情報をScanSnap Homeに残さずに、ScanSnap Home以外のアプリケーションやサービスでイメージデータを使用する場合に選択してください。

  • クラウド

    「クラウド」を選択した場合の項目については、「新規プロファイル追加」画面(ScanSnap Cloud利用時)を参照してください。

タグ

「管理」の「タイプ」で、「PC (ScanSnap Homeで管理します)」を選択した場合に表示されます。

設定されているタグが表示されます。1つのプロファイルには、最大10個のタグを設定できます。

タグを設定すると、メイン画面のフォルダーリストビューの「タグ」で、コンテンツをタグで分類して表示できるようになります。

  • タグを追加する場合

    「タグの追加」をクリックすると表示される入力域に新しいタグを入力してから、キーボードの「Enter」キーを押してください。

    タグの入力中は、プロファイルに設定されているタグ、およびコンテンツに設定されているタグが、タグの候補として表示されることがあります。

  • タグを削除する場合

    削除するタグのタグの削除をクリックしてください。

保存先

イメージデータが保存される保存先のパスが表示されます。

[参照]ボタンをクリックすると、保存先を変更できます。

クラウドサービスのクライアントアプリケーションの同期フォルダーを保存先に設定すると、クラウドサービスにイメージデータを保存できます。

連携できるクラウドサービスは、以下のとおりです。

  • Dropbox

  • Google ドライブ

  • OneDrive

「スキャン後に名前を付けて保存します」チェックボックス

「管理」の「タイプ」で、「PC (ファイル保存のみ)」を選択した場合に表示されます。

チェックを付けると、原稿のスキャンが終了したあとに、ファイルの保存先およびファイル名を指定する画面が表示され、任意のファイル名でイメージデータを保存できます。

ただし、「アプリケーション」の「連携アプリケーション」で以下が選択されている場合は、チェックボックスはグレーアウトされます。

  • フォルダに保存

  • 名刺データが連携可能な追加アプリケーション

アプリケーション
連携アプリケーション

選択されているアプリケーションが表示されます。

以下の設定に変更できます。

  • 起動しません(ファイル保存のみ)

    アプリケーションは起動せずに、イメージデータをフォルダーに保存できます。

  • ScanSnap Homeで表示

    ScanSnap Homeが起動され、スキャンした原稿のコンテンツを確認できます。

    「管理」の「タイプ」で「PC (ScanSnap Homeで管理します)」が選択されている場合に表示されます。

  • エクスプローラーで表示

    エクスプローラーが起動され、スキャンした原稿のイメージデータを確認できます。

    「管理」の「タイプ」で「PC (ファイル保存のみ)」が選択されている場合に表示されます。

  • クイックメニュー

    原稿をスキャンしたあとに表示されるクイックメニューで、連携するアプリケーションを選択できます。

  • フォルダに保存

    イメージデータのファイルの保存先を指定できます。

    ネットワーク上のフォルダーに保存すれば、ファイルを共有できます。

    原稿をスキャンしたあとに表示される「フォルダに保存」画面では、イメージデータを保存する前にプレビューでイメージデータを確認してから、ページの向きの変更、不要なページの削除、およびビューア画面を表示してイメージデータを編集できます。

  • メール送信

    イメージデータのファイルをメールに添付できます。

    原稿をスキャンしたあとに表示される「メール送信」画面では、イメージデータをメールに添付する前にプレビューでイメージデータを確認してから、ページの向きの変更、不要なページの削除、およびビューア画面を表示してイメージデータを編集できます。

  • プリンタで印刷

    イメージデータをプリンターで印刷できます。

    原稿をスキャンしたあとに表示される「プリンタで印刷」画面では、イメージデータをプリンターで印刷する前にプレビューでイメージデータを確認してから、ページの向きの変更、不要なページの削除、およびビューア画面を表示してイメージデータの編集ができます。

  • Word文書に変換

    PDF形式のイメージデータをWord文書に変換できます。

    ABBYY FineReader for ScanSnapがインストールされている場合に表示されます。

  • Excel文書に変換

    PDF形式のイメージデータをExcel文書に変換できます。

    ABBYY FineReader for ScanSnapがインストールされている場合に表示されます。

  • PowerPoint(R)文書に変換

    PDF形式のイメージデータをPowerPoint文書に変換できます。

    ABBYY FineReader for ScanSnapがインストールされている場合に表示されます。

  • Dropbox

    イメージデータのファイルをDropboxに保存できます。

  • Evernote

    イメージデータのファイルをEvernoteに保存できます。

  • Google ドライブ

    イメージデータのファイルをGoogle ドライブに保存できます。

  • OneDrive

    イメージデータのファイルをOneDriveに保存できます。

  • Acrobat(R)

    Acrobatが起動され、スキャンした原稿のイメージデータが表示されます。

  • Acrobat(R) Reader(R)

    Acrobat Readerが起動され、スキャンした原稿のイメージデータが表示されます。

  • Power PDF

    Kofax Power PDF Standardが起動され、スキャンした原稿のイメージデータが表示されます。

    Kofax Power PDF StandardまたはNuance Power PDF Standardが起動され、スキャンした原稿のイメージデータが表示されます。

    Nuance Power PDF Standardが起動され、スキャンした原稿のイメージデータが表示されます。

  • 追加と削除

    任意のアプリケーションを連携アプリケーションに追加したり、削除したりできます。

[設定]ボタン

選択しているアプリケーションの設定画面が表示されます。

設定項目のないアプリケーションが選択されている場合、[設定]ボタンはグレーアウトされます。

[保存]ボタン

プロファイルの設定を更新して、接続しているScanSnapと同期したあと、この画面を閉じます。

[キャンセル]ボタン

プロファイルの設定を更新せずに、この画面を閉じます。

Mac OS

「プロファイル編集」画面
「プロファイル編集」画面
「プロファイル編集」画面
「プロファイル編集」画面
「プロファイル編集」画面
「プロファイル編集」画面
プロファイルリスト(1

接続しているScanSnapで使用できるプロファイルが表示されます。

設定を変更、コピー、または削除するプロファイルを選択します。

プロファイル名
アイコン(2

選択したプロファイルのプロファイルアイコンが表示されます。

アイコンをクリックすると表示される「アイコン選択」画面で、選択したアイコンに変更できます。

プロファイル名(3

プロファイル名が表示されます。クリックすると、プロファイル名を変更できます。

説明文(4

選択したプロファイルの説明文が表示されます。クリックすると、プロファイルの説明を変更できます。

原稿種判別

スキャンした原稿の種別を、原稿に合わせて自動的に判別するか、または固定するかを設定できます。

スキャンした原稿の種別を設定できます。

  • 自動的に文書/名刺/レシート/写真に判別し、それぞれの設定で読み取ります

  • すべての原稿を文書として読み取ります

  • すべての原稿を名刺として読み取ります

  • すべての原稿をレシートとして読み取ります

  • すべての原稿を写真として読み取ります

スキャン設定
タブ(5

「原稿種判別」で「自動的に文書/名刺/レシート/写真に判別し、それぞれの設定で読み取ります」を選択すると、原稿種別のタブを選択できます。タブを切り替えると、原稿種別ごとに読み取り設定を変更できます。

変更できる読み取り設定の項目は、以下のとおりです。

  • カラーモード

  • 読み取り面

  • 画質

  • 向き

  • タイトルまたはファイル名

  • 詳細設定

ヒント
  • 原稿種別によって、読み取り設定の項目の内容が異なります。

カラーモード

選択されているカラーが表示されます。

設定内容は、「詳細設定」画面の「スキャン」タブにある「カラーモード」と連動します。

以下の設定に変更できます。

  • 自動

    原稿ごとにカラー、グレー、白黒を自動的に判別してスキャンします。

  • カラー

    常にカラーのイメージデータを保存します。

  • グレー

    常にグレーのイメージデータを保存します。

  • 白黒

    常に白黒のイメージデータを保存します。

    白黒で文字だけの原稿をスキャンする場合に最適です。

読み取り面

選択されている読み取り面が表示されます。

設定内容は、「詳細設定」画面の「スキャン」タブにある「読み取り面」と連動します。

以下の設定に変更できます。

  • 両面

    原稿の両面をスキャンします。

    原稿種別が名刺の場合、名刺の両面を1つのコンテンツにするには、名刺の表面と裏面を順にスキャンします。

    原稿種別が文書、レシート、および写真の場合、「両面」は設定できません。

  • 片面

    原稿の片面をスキャンします。

画質

選択されている画質(解像度)が表示されます。

画質によって、原稿をスキャンする速度が異なります。

詳細は、ScanSnapの仕様を参照してください。

設定内容は、「詳細設定」画面の「スキャン」タブにある「画質」と連動します。

以下の設定に変更できます。

  • 自動

    原稿サイズに合わせて、最適な画質でスキャンします。

    画質は、原稿の短辺の長さによって自動的に判断されます。

    • 短辺の長さが115mmを超える場合:ファイン

    • 短辺の長さが115mm以下の場合:スーパーファイン

  • ノーマル

    「カラーモード設定」がカラーまたはグレーの場合は150dpi、白黒の場合は300dpiの解像度でスキャンされます。

  • ファイン

    「カラーモード設定」がカラーまたはグレーの場合は200dpi、白黒の場合は400dpiの解像度でスキャンされます。

  • スーパーファイン

    「カラーモード設定」がカラーまたはグレーの場合は300dpi、白黒の場合は600dpiの解像度でスキャンされます。

  • エクセレント

    「カラーモード設定」がカラーまたはグレーの場合は600dpi、白黒の場合は1200dpiの解像度でスキャンされます。

    コンピューターの環境によっては、「エクセレント」を選択すると原稿のスキャンに時間がかかる場合があります。

    原稿種別を自動的に判別する場合、文書、名刺、レシート、および写真の、どれかの原稿種別の画質で「エクセレント」を選択すると、原稿種別に関係なくスキャンに時間がかかるようになります。

向き

選択されているイメージデータの回転方法が表示されます。

設定内容は、「詳細設定」画面の「スキャン」タブにある「向き」と連動します。

以下の設定に変更できます。

  • 回転しない

    イメージデータの向きを回転しません。

  • 自動

    原稿を横向きや上下逆さまにセットしてスキャンしたときに、イメージデータの向きを自動的に回転します。

    原稿の文字列を基準にして回転するため、以下のような原稿をスキャンする場合は、「自動」以外を設定してください。

    • 極端に大きい文字や小さい文字が多い原稿

    • 文字間や行間が極端に狭いまたは文字が接触している原稿

    • 下線や罫線に接触している文字が多い原稿

    • 写真や図などが多く、文字の少ない原稿

    • 網掛けされているなどの文字の背景が不均一色の原稿

    • 影、白抜きなどの装飾されている文字が多い原稿

    • 絵や図と重なっているなど、文字の背景に模様がある原稿

    • 図面など、文字が一定方向を向いていない原稿

    • アルファベット大文字だけで書かれている原稿

    • 手書き文字の原稿

    • 傾いた原稿

    • 複雑なレイアウトの原稿

    • ノイズの多い原稿

    • 薄い文字の原稿

    • かすれた文字の原稿

  • 右90度回転/180度回転/左90度回転

    イメージデータの向きを、設定した角度に回転します。

    「読み取り面」に「両面」が設定されている場合、表面と裏面それぞれに対して、イメージデータの回転方法を設定できます。

    向き

    回転方法

    右90度回転(右/左とじ)

    表面:右90度回転

    裏面:左90度回転

    右90度回転(上/下とじ)

    両面:右90度回転

    右90度回転

    右90度回転

    180度回転(右/左とじ)

    両面:180度回転

    180度回転(上/下とじ)

    表面:180度回転

    裏面:回転しない

    180度回転

    180度回転

    左90度回転(右/左とじ)

    表面:左90度回転

    裏面:右90度回転

    左90度回転(上/下とじ)

    両面:左90度回転

    左90度回転

    左90度回転

ファイル形式

イメージデータのファイル形式が表示されます。

設定内容は、「詳細設定」画面の「ファイル形式」タブにある「ファイル形式」と連動します。

以下の設定に変更できます。

  • PDF (*.pdf)

    イメージデータをPDF形式(*.pdf)で保存します。

  • JPEG (*.jpg)

    イメージデータをJPEG形式(*.jpg)で保存します。

    複数枚の原稿をスキャンした場合、複数のJPEG形式のイメージデータを1つのイメージデータとして保存します。

[オプション]ボタン

クリックすると、「PDFオプション」画面が表示されます。

「ファイル形式」で「JPEG (*.jpg)」が選択されている場合は、グレーアウトされます。

タイトル

「管理」の「タイプ」で、「Mac (ScanSnap Homeで管理します)」を選択した場合に表示されます。

設定されているタイトルの形式が表示されます。

クリックすると、「詳細設定」画面の「タイトル」タブが表示され、タイトルの詳細を設定できます。

ファイル名

「管理」の「タイプ」で、「Mac (ファイル保存のみ)」を選択した場合に表示されます。

設定されているファイル名の形式が表示されます。

クリックすると、「詳細設定」画面の「ファイル名」タブが表示され、ファイル名の詳細を設定できます。

[詳細設定]ボタン

クリックすると、「詳細設定」画面が表示されます。

「詳細設定」画面では、以下の読み取り設定の詳細を設定できます。

  • タイトルまたはファイル名

  • ファイル形式

  • スキャン

  • ファイルサイズ

フィード

選択されている原稿の給紙方法が表示されます。

設定内容は、「フィードオプション」画面の「フィード」と連動します。

以下の設定に変更できます。

  • 通常スキャン

    ScanSnapの給紙カバー(原稿台)にセットした原稿を、一度にスキャンします。

    一度のスキャン動作で、スキャンを終了します。

  • 継続スキャン

    原稿を継続してスキャンします。

    ScanSnapの給紙カバー(原稿台)にセット可能な枚数を超える大量の原稿をスキャンするには、この給紙方法を選択してください。

    ヒント
    • ScanSnapの給紙カバー(原稿台)にセットした原稿のスキャンが完了するたびに、給紙方法を変更できます。

      以下のような原稿をスキャンする場合は、継続して原稿をスキャンするかどうかを確認する画面の右下にあるフィード設定アイコンを押して、フィード設定を「手差しスキャン」に変更してください。

      • 2つ折りにした原稿

      • 封筒

      • 付箋を貼り付けた原稿

      • 複写帳票のように複数枚の紙が重なった原稿

      • 長いレシートなどの長尺原稿

      • プラスチックカード

  • 手差しスキャン

    原稿を1枚ずつセットしてスキャンします。

    写真などの傷付けたくない原稿、封筒などの重なりのある原稿、A4サイズより大きい原稿を2つ折りにしてスキャンする場合などに、この給紙方法を選択してください。

[オプション]ボタン

クリックすると、「フィードオプション」画面が表示されます。

「フィードオプション」画面では、原稿の給紙方法の詳細を設定できます。

管理
タイプ

イメージデータの保存先が表示されます。

以下の設定に変更できます。

  • Mac (ScanSnap Homeで管理します)

    スキャンした原稿のイメージデータおよびメタ情報を、コンテンツとしてScanSnap Homeの管理対象にします。

    コンテンツは、メイン画面のコンテンツリストビューに表示されます。

  • Mac (ファイル保存のみ)

    スキャンした原稿のイメージデータを、ファイルとして保存します。ScanSnap Homeの管理対象にならないため、メイン画面のコンテンツリストビューには表示されません。イメージデータを参照する場合は、保存先に指定したフォルダーをFinderで開いてください。

    ScanSnapでスキャンした原稿の情報をScanSnap Homeに残さずに、ScanSnap Home以外のアプリケーションやサービスでイメージデータを使用する場合に選択してください。

  • クラウド

    「クラウド」を選択した場合の項目については、「新規プロファイル追加」画面(ScanSnap Cloud利用時)を参照してください。

タグ

「管理」の「タイプ」で、「Mac (ScanSnap Homeで管理します)」を選択した場合に表示されます。

設定されているタグが表示されます。1つのプロファイルには、最大10個のタグを設定できます。

タグを設定すると、メイン画面のフォルダーリストビューの「タグ」で、コンテンツをタグで分類して表示できるようになります。

  • タグを追加する場合

    [タグの追加]ボタンをクリックすると表示される入力域に新しいタグを入力してから、キーボードの「Return」キーを押してください。

    タグの入力中は、プロファイルに設定されているタグ、およびコンテンツに設定されているタグが、タグの候補として表示されることがあります。

  • タグを削除する場合

    削除するタグのタグの削除をクリックしてください。

保存先

イメージデータが保存される保存先のパスが表示されます。

[参照]ボタンをクリックすると、保存先を変更できます。

クラウドサービスのクライアントアプリケーションの同期フォルダーを保存先に設定すると、クラウドサービスにイメージデータを保存できます。

連携できるクラウドサービスは、以下のとおりです。

  • Dropbox

  • Google ドライブ

  • OneDrive

アプリケーション
連携アプリケーション

選択されているアプリケーションが表示されます。

以下の設定に変更できます。

  • 起動しません(ファイル保存のみ)

    アプリケーションは起動せずに、イメージデータをフォルダーに保存できます。

  • ScanSnap Homeで表示

    ScanSnap Homeが起動され、スキャンした原稿のコンテンツを確認できます。

    「管理」の「タイプ」で「Mac (ScanSnap Homeで管理します)」が選択されている場合に表示されます。

  • Finderで表示

    Finderが起動され、スキャンした原稿のイメージデータを確認できます。

    「管理」の「タイプ」で「Mac (ファイル保存のみ)」が選択されている場合に表示されます。

  • クイックメニュー

    原稿をスキャンしたあとに表示されるクイックメニューで、連携するアプリケーションを選択できます。

  • フォルダに保存

    イメージデータのファイルの保存先を指定できます。

    ネットワーク上のフォルダーに保存すれば、ファイルを共有できます。

    原稿をスキャンしたあとに表示される「フォルダに保存」画面では、イメージデータを保存する前にプレビューでイメージデータを確認してから、ページの向きの変更、および不要なページの削除ができます。

  • メール送信

    イメージデータのファイルをメールに添付できます。

    原稿をスキャンしたあとに表示される「メール送信」画面では、イメージデータをメールに添付する前にプレビューでイメージデータを確認してから、ページの向きの変更、および不要なページの削除ができます。

  • プリンタで印刷

    イメージデータをプリンターで印刷できます。

  • Word文書に変換

    PDF形式のイメージデータをWord文書に変換できます。

    ABBYY FineReader for ScanSnapがインストールされている場合に表示されます。

  • Excel文書に変換

    PDF形式のイメージデータをExcel文書に変換できます。

    ABBYY FineReader for ScanSnapがインストールされている場合に表示されます。

  • PowerPoint(R)文書に変換

    PDF形式のイメージデータをPowerPoint文書に変換できます。

    ABBYY FineReader for ScanSnapがインストールされている場合に表示されます。

  • Dropbox

    イメージデータのファイルをDropboxに保存できます。

  • Evernote

    イメージデータのファイルをEvernoteに保存できます。

  • Google ドライブ

    イメージデータのファイルをGoogle ドライブに保存できます。

  • OneDrive

    イメージデータのファイルをOneDriveに保存できます。

  • プレビュー

    プレビューが起動され、スキャンした原稿のイメージデータが表示されます。

  • Acrobat(R)

    Acrobatが起動され、スキャンした原稿のイメージデータが表示されます。

  • Acrobat(R) Reader(R)

    Acrobat Readerが起動され、スキャンした原稿のイメージデータが表示されます。

  • Power PDF

    Kofax Power PDF Standard for Macが起動され、スキャンした原稿のイメージデータが表示されます。

    Kofax Power PDF Standard for MacまたはNuance Power PDF Standard for Macが起動され、スキャンした原稿のイメージデータが表示されます。

    Nuance Power PDF Standard for Macが起動され、スキャンした原稿のイメージデータが表示されます。

  • PDF Converter

    Nuance PDF Converter for Macが起動され、スキャンした原稿のイメージデータが表示されます。

  • 追加と削除

    任意のアプリケーションを連携アプリケーションに追加したり、削除したりできます。

[設定]ボタン

選択しているアプリケーションの設定画面が表示されます。

設定項目のないアプリケーションが選択されている場合、[設定]ボタンはグレーアウトされます。

[保存]ボタン

プロファイルの設定を更新して、接続しているScanSnapと同期したあと、この画面を閉じます。

[キャンセル]ボタン

プロファイルの設定を更新せずに、この画面を閉じます。