「詳細設定」画面

「詳細設定」画面は、「新規プロファイル追加」画面または「プロファイル編集」画面の[詳細設定]ボタンをクリックすると表示される画面です。読み取り設定の項目を、より詳細に設定できます。

ここでは、イメージデータの保存先がローカルフォルダーまたはネットワークフォルダーの場合の設定項目について説明します。ローカルフォルダーには、クラウドサービスと同期するフォルダーも含まれます。

重要
  • 「詳細設定」画面の表示中は、ScanSnapで原稿をスキャンできません。

詳細設定
詳細設定
原稿種別

「新規プロファイル追加」画面、または「プロファイル編集」画面の「原稿種判別」で「自動的に文書/名刺/レシート/写真に判別し、それぞれの設定で読み取ります」が選択されている場合は、原稿種別を選択できます。選択した原稿種別ごとに、読み取り設定を変更できます。

「新規プロファイル追加」画面または「プロファイル編集」画面で原稿種別が設定されている場合は、設定されている原稿種別が表示されます。

原稿種別

「新規プロファイル追加」画面、または「プロファイル編集」画面の「原稿種判別」で選択されている原稿種別が表示されます。

読み取り設定タブ(1

タブを選択すると、以下の読み取り設定を変更できます。

[OK]ボタン

設定した内容を有効にして、この画面を閉じます。

[キャンセル]ボタン

設定した内容を無効にして、この画面を閉じます。

タイトル

「タイトル」タブでは、コンテンツのタイトルの形式を設定します。

タイトルの形式

タイトルに設定する項目を選択します。

原稿種別が写真の場合は、「スキャン日付を使用します」または「自分で名前を指定します」だけが表示されます。

重要
  • Windowsの場合、タイトルにする抽出項目、および文字列に以下の半角記号が含まれるときは、半角記号が「_」に変更された状態で、イメージデータのファイル名として抽出されます。

    \/:?*"<>|

タイトルを自動的に生成します
  • 原稿種別が文書の場合

    原稿からタイトルと日付を抽出して、コンテンツのタイトルを自動的に設定します。

    原稿に記載されている日付が和暦表記の場合は、西暦に換算して抽出されます。

  • 原稿種別が名刺、レシートの場合

    原稿から「タイトルオプション」画面で設定した項目を抽出して、コンテンツのタイトルを自動的に設定します。

    「常にスキャン日付を使用します」チェックボックス

    原稿種別が文書の場合に表示されます。

    チェックを付けると、常に原稿をスキャンした日付がタイトルに設定されます。

    [オプション]ボタン

    クリックすると「タイトルオプション」画面が表示されます。

    原稿種別が名刺またはレシートの場合に表示されます。

スキャン日付を使用します

原稿をスキャンした日付がタイトルに設定されます。

日付の書式は、「日付の書式」で選択できます。

自分で名前を指定します

入力域に入力した文字列がタイトルになります。

日付の書式

「タイトルを自動的に生成します」または「スキャン日付を使用します」を選択した場合に有効になります。

タイトルにスキャン日付を使用するかどうかによって、選択できる日付の書式が異なります。

  • 「タイトルを自動的に生成します」を選択した場合

    • yyyyMMdd

    • yyyy-MM-dd

    • yyyy年MM月dd日

    • yyyy_MM_dd

  • タイトルにスキャン日付を使用する場合

    • yyyyMMdd

    • yyyy-MM-dd

    • yyyy年MM月dd日

    • yyyy_MM_dd

    • yyyyMMddHHmmss

    • yyyy-MM-dd-HH-mm-ss

    • yyyy年MM月dd日HH時mm分ss秒

    • yyyy_MM_dd_HH_mm_ss

文書の言語
名刺の言語
レシートの発行国/地域(言語)

原稿種別が、文書、名刺、およびレシートの場合に表示され、原稿種別の設定によって項目名が異なります。

文字列を抽出する原稿の言語を設定します。「自動」を選択すると、使用しているコンピューターのロケール(国・地域情報)に指定されている言語で、原稿の文字列が抽出されます。

設定した言語は、ScanSnapで原稿をスキャンしたときに、以下の処理で使用します。

  • 原稿種別を判別する

  • タイトルを抽出する

  • 3行サマリーを抽出する

    原稿種別が文書で、「タイトルを自動的に生成します」以外が選択されている場合でも、3行サマリーを抽出します。

  • メタ情報を抽出する

  • 検索可能なPDFを作成する

ヒント
  • 「テキスト認識しない」を選択した場合、スキャンした原稿のコンテンツは、以下の状態でScanSnap Homeに取り込まれます。

    • 文書の場合、検索可能なPDFの作成、タイトル抽出、および3行サマリー抽出をしない

    • 名刺の場合、名刺情報を抽出しない

    • レシートの場合、レシート情報を抽出しない

    ScanSnap Homeにコンテンツを取り込んでから、必要に応じて再度テキスト認識できます。

    詳細は、コンテンツを検索可能にするを参照してください。

設定した内容に従って、タイトルが付けられた場合の例が表示されます。

ファイル名

「ファイル名」タブでは、イメージデータをScanSnap Homeの管理対象にせずに、ファイルとして保存するときのファイル名の形式を設定します。

ファイル名の形式

ファイル名に設定する項目を選択します。

原稿種別が写真の場合は、「スキャン日付を使用します」または「自分で名前を指定します」だけが表示されます。

重要
  • Windowsの場合、ファイル名にする抽出項目、および文字列に以下の半角記号が含まれるときは、半角記号が「_」に変更された状態で、イメージデータのファイル名が抽出されます。

    \/:?*"<>|

ファイル名を自動的に生成します
  • 原稿種別が文書の場合

    原稿からタイトルと日付を抽出して、イメージデータのファイル名を自動的に設定します。

    原稿に記載されている日付が和暦表記の場合は、西暦に換算して抽出されます。

  • 原稿種別が名刺、レシートの場合

    原稿から「ファイル名オプション」画面で設定した項目を抽出して、イメージデータのファイル名を自動的に設定します。

    「常にスキャン日付を使用します」チェックボックス

    原稿種別が文書の場合に表示されます。

    チェックを付けると、常に原稿をスキャンした日付がファイル名に設定されます。

    [オプション]ボタン

    クリックすると、「ファイル名オプション」画面が表示されます。

    原稿種別が名刺またはレシートの場合に表示されます。

スキャン日付を使用します

原稿をスキャンした日付がファイル名に設定されます。

日付の書式は、「日付の書式」で選択できます。

自分で名前を指定します

入力域に入力した文字列がファイル名になります。

日付の書式

「ファイル名を自動的に生成します」または「スキャン日付を使用します」を選択した場合に有効になります。

ファイル名にスキャン日付を使用するかどうかによって、選択できる日付の書式が異なります。

  • 「ファイル名を自動的に生成します」を選択した場合

    • yyyyMMdd

    • yyyy-MM-dd

    • yyyy年MM月dd日

    • yyyy_MM_dd

  • ファイル名にスキャン日付を使用する場合

    • yyyyMMdd

    • yyyy-MM-dd

    • yyyy年MM月dd日

    • yyyy_MM_dd

    • yyyyMMddHHmmss

    • yyyy-MM-dd-HH-mm-ss

    • yyyy年MM月dd日HH時mm分ss秒

    • yyyy_MM_dd_HH_mm_ss

文書の言語
名刺の言語
レシートの発行国/地域(言語)

原稿種別が、文書、名刺、およびレシートの場合に表示され、原稿種別の設定によって項目名が異なります。

文字列を抽出する原稿の言語を設定します。「自動」を選択すると、使用しているコンピューターのロケール(国・地域情報)に指定されている言語で、原稿の文字列が抽出されます。

設定した言語は、ScanSnapで原稿をスキャンしたときに、以下の処理で使用します。

  • 原稿種別を判別する

  • ファイル名を抽出する

  • 検索可能なPDFを作成する

設定した内容に従って、ファイル名が付けられた場合の例が表示されます。

ファイル形式

「ファイル形式」タブでは、イメージデータのファイル形式を設定します。

ファイル形式

イメージデータのファイル形式が表示されます。

以下の設定に変更できます。

  • PDF (*.pdf)

    イメージデータをPDF形式(*.pdf)で保存します。

  • JPEG (*.jpg)

    イメージデータをJPEG形式(*.jpg)で保存します。

    複数枚の原稿をスキャンした場合、複数のJPEG形式のイメージデータを1つのイメージデータとして保存します。

[オプション]ボタン
Windows

クリックすると、「PDFオプション」画面が表示されます。

「ファイル形式」で「JPEG (*.jpg)」が選択されている場合は、グレーアウトされます。

Mac OS

クリックすると、「PDFオプション」画面が表示されます。

原稿種別が文書の場合に表示され、「ファイル形式」で「JPEG (*.jpg)」が選択されている場合は、グレーアウトされます。

 

「検索可能なPDFにします」チェックボックス

原稿種別が文書の場合に表示されます。

チェックを付けると、イメージデータの文字列が「タイトル」タブまたは「ファイル名」タブの「文書の言語」で設定した言語でテキスト認識され、検索可能なPDFが作成されます。

設定内容は、「PDFオプション」画面の「検索可能なPDFにします」チェックボックスと連動します。

スキャン

「スキャン」タブでは、イメージデータの画質やカラーなどを設定します。

スキャンモード

原稿をスキャンするときのモードを設定できます。

  • 通常モード

    通常の読み取り設定で原稿をスキャンします。

  • e-文書モード

    e-文書法に対応した読み取り設定で原稿をスキャンします。

カラーモード

イメージデータのカラーモードを選択します。

設定内容は、「新規プロファイル追加」画面または「プロファイル編集」画面の「スキャン設定」にある「カラーモード」と連動します。

  • 自動

    原稿ごとにカラー、グレー、白黒を自動的に判別してスキャンします。

  • カラー

    常にカラーのイメージデータを保存します。

  • グレー

    常にグレーのイメージデータを保存します。

  • 白黒

    常に白黒のイメージデータを保存します。

    白黒で文字だけの原稿をスキャンする場合に最適です。

読み取り面

原稿をスキャンするときの読み取り面を選択します。

設定内容は、「新規プロファイル追加」画面または「プロファイル編集」画面の「スキャン設定」にある「読み取り面」と連動します。

選択されている読み取り面が表示されます。

  • 両面

    原稿の両面をスキャンします。

    原稿種別が名刺の場合、名刺の両面を1つのコンテンツにするには、名刺の表面と裏面を順にスキャンします。

    原稿種別が文書、レシート、および写真の場合、「両面」は設定できません。

  • 片面

    原稿の片面をスキャンします。

画質

イメージデータの画質(解像度)を選択します。

設定内容は、「新規プロファイル追加」画面または「プロファイル編集」画面の「スキャン設定」にある「画質」と連動します。

  • 自動

    原稿サイズに合わせて、最適な画質でスキャンします。

    画質は、原稿の短辺の長さによって自動的に判断されます。

    • 短辺の長さが115mmを超える場合:ファイン

    • 短辺の長さが115mm以下の場合:スーパーファイン

  • ノーマル

    「カラーモード設定」が「カラー」または「グレー」の場合は150dpi、白黒の場合は300dpiの解像度でスキャンされます。

  • ファイン

    「カラーモード設定」が「カラ」ーまたは「グレー」の場合は200dpi、白黒の場合は400dpiの解像度でスキャンされます。

  • スーパーファイン

    「カラーモード設定」が「カラー」または「グレー」の場合は300dpi、白黒の場合は600dpiの解像度でスキャンされます。

  • エクセレント

    「カラーモード設定」が「カラー」または「グレー」の場合は600dpi、白黒の場合は1200dpiの解像度でスキャンされます。

    コンピューターの環境によっては、「エクセレント」を選択すると原稿のスキャンに時間がかかる場合があります。

向き

原稿の向きに合わせて、イメージデータの回転方法を選択します。

設定内容は、「新規プロファイル追加」画面または「プロファイル編集」画面の「スキャン設定」にある「向き」と連動します。

  • 回転しない

    イメージデータの向きを回転しません。

  • 自動

    原稿を横向きや上下逆さまにセットしてスキャンしたときに、イメージデータの向きを自動的に回転します。

    原稿の文字列を基準にして回転するため、以下のような原稿をスキャンする場合は、「自動」以外を設定してください。

    • 極端に大きい文字や小さい文字が多い原稿

    • 文字間や行間が極端に狭いまたは文字が接触している原稿

    • 下線や罫線に接触している文字が多い原稿

    • 写真や図などが多く、文字の少ない原稿

    • 網掛けされているなどの文字の背景が不均一色の原稿

    • 影、白抜きなどの装飾されている文字が多い原稿

    • 絵や図と重なっているなど、文字の背景に模様がある原稿

    • 図面など、文字が一定方向を向いていない原稿

    • アルファベット大文字だけで書かれている原稿

    • 手書き文字の原稿

    • 傾いた原稿

    • 複雑なレイアウトの原稿

    • ノイズの多い原稿

    • 薄い文字の原稿

    • かすれた文字の原稿

  • 右90度回転/180度回転/左90度回転

    イメージデータの向きを、設定した角度に回転します。

    「読み取り面」に「両面」が設定されている場合、表面と裏面それぞれに対して、イメージデータの回転方法を設定できます。

    向き

    回転方法

    右90度回転(右/左とじ)

    表面:右90度回転

    裏面:左90度回転

    右90度回転(上/下とじ)

    両面:右90度回転

    右90度回転

    右90度回転

    180度回転(右/左とじ)

    両面:180度回転

    180度回転(上/下とじ)

    表面:180度回転

    裏面:回転しない

    180度回転

    180度回転

    左90度回転(右/左とじ)

    表面:左90度回転

    裏面:右90度回転

    左90度回転(上/下とじ)

    両面:左90度回転

    左90度回転

    左90度回転

「白紙ページを自動的に削除します」チェックボックス

チェックを付けると、白紙ページのイメージデータが自動的に削除されます。

例えば、裏面が白紙の原稿の両面をスキャンすると、白紙ページのイメージデータは削除されるため、保存されるイメージデータは1ページになります。

スキャンした原稿がすべて白紙ページと認識された場合は、イメージデータは保存されません。

[オプション]ボタン

「スキャンオプション」画面が表示されます。

ファイルサイズ

「ファイルサイズ」タブでは、イメージデータのファイルサイズの圧縮率を設定します。

圧縮率

イメージデータのファイルサイズの圧縮率を選択します。

イメージデータの「カラーモード」が「カラー」または「グレー」の場合に、ファイルサイズの圧縮率を選択できます。