ScanSnapでの2種類のスキャン方法とは

ScanSnapでの原稿のスキャン方法には、複数枚の書類をまとめてスキャンできるUターンスキャンと、プラスチックカードや冊子などの厚みのある原稿をスキャンできるリターンスキャンがあります。

原稿の給紙方法が「継続スキャン」に設定されているスキャン方法で原稿のスキャンを開始すると、Uターンスキャンとリターンスキャンで交互に原稿をスキャンできます。

原稿のスキャン方法の詳細は、原稿を複数回に分けてスキャンして1つのイメージデータを作成するを参照してください。

Uターンスキャン

複数枚の書類を、ScanSnapにまとめてセットしてスキャンできます。

ScanSnapの給紙カバー(原稿台)に原稿をセットしてスキャンを開始すると、原稿がScanSnap内部に搬送され、スタッカーに排出されます。スタッカーは、原稿をスキャンすると自動的に起き上がって伸長し、スキャンが終わると元に戻ります。

リターンスキャン

オフィス用紙から、はがき、名刺、プラスチックカード、および冊子などの厚みのある原稿まで、幅広い種類の原稿をスキャンできます。

ScanSnapのリターン給紙口に1枚ずつセットしてスキャンを開始すると、原稿がScanSnap内部に搬送され、手元に戻って排出されます。

オプションのキャリアシートを使用すると、スキャンする原稿を保護できます。

ヒント
  • リターンスキャンでは、給紙カバー(原稿台)を閉じた状態でも原稿をスキャンできます。