コンテンツを検索可能にする

原稿をスキャンしたときにテキスト認識しなかった場合や、テキスト認識の言語設定を変更してテキスト認識し直したい場合に、再度テキスト認識して、ScanSnap Homeで検索可能なコンテンツに変換できます。

また、イメージデータの原稿種別が文書、およびファイル形式がPDFの場合は、文字列をテキスト認識して検索可能なPDFに変換できます。検索可能なPDFのページ数に制限はありません。

検索可能なコンテンツに変換できるのは、ScanSnapでスキャンした原稿のイメージデータだけです。

ヒント
  • ScanSnapで原稿をスキャンしたPDF形式のイメージデータでも、以下が設定されている場合は検索可能なコンテンツに変換できません。

    • パスワード

    • 電子署名

Windows

  1. ScanSnap Homeのメイン画面を表示します。

    詳細は、メイン画面を表示するにはを参照してください。

  2. コンテンツリストビューで、検索可能にするコンテンツを選択します。

    複数のコンテンツを検索可能にする場合は、「Ctrl」キーまたは「Shift」キーを押しながらコンテンツを選択してください。

  3. コンテンツを右クリックすると表示されるメニューから、「検索可能なコンテンツに変換」を選択します。
    ヒント
    • 以下の場合は、メニューの項目がグレーアウトされます。

      • 原稿種別の異なる複数のコンテンツを選択している場合

      • 原稿種別が写真のコンテンツを選択している場合

  4. メッセージの画面で認識言語を選択し、イメージデータを検索可能なPDFに変換する場合は「テキスト情報をPDFに埋め込む」チェックボックスにチェックを付けます。

    検索可能なPDFに変換できるイメージデータは、以下のとおりです。

    • 原稿種別:文書

    • ファイル形式:PDF

  5. [はい]ボタンをクリックします。

イメージデータの文字列がテキスト認識され、コンテンツがScanSnap Homeで検索可能になり、メタ情報にテキスト認識結果が反映されます。

また、検索可能なPDFに変換した場合は、ScanSnap Home以外でもPDFファイルの文字列が検索できるようになります。

Mac OS

  1. ScanSnap Homeのメイン画面を表示します。

    DockのLaunchpadをクリックすると表示されるアプリケーションの一覧から、「ScanSnap Home」アイコンScanSnap Homeのアイコンをクリックしてください。

  2. コンテンツリストビューで、検索可能にするコンテンツを選択します。

    複数のコンテンツを検索可能にする場合は、「commandcommand」キーまたは「Shift」キーを押しながらコンテンツを選択してください。

  3. キーボードの「control」キーを押しながら、コンテンツをクリックすると表示されるメニューから、「検索可能なコンテンツに変換」を選択します。
    ヒント
    • 以下の場合は、メニューの項目がグレーアウトされます。

      • 原稿種別の異なる複数のコンテンツを選択している場合

      • 原稿種別が写真のコンテンツを選択している場合

  4. メッセージの画面で認識言語を選択し、イメージデータを検索可能なPDFに変換する場合は「テキスト情報をPDFに埋め込む」チェックボックスにチェックを付けます。

    検索可能なPDFに変換できるイメージデータは、以下のとおりです。

    • 原稿種別:文書

    • ファイル形式:PDF

  5. [はい]ボタンをクリックします。

イメージデータの文字列がテキスト認識され、コンテンツがScanSnap Homeで検索可能になり、メタ情報にテキスト認識結果が反映されます。

また、検索可能なPDFに変換した場合は、ScanSnap Home以外でもPDFファイルの文字列が検索できるようになります。