検索可能なPDFが作成されない

検索可能なPDFを作成する読み取り設定になっていますか?

以下の手順で、検索可能なPDFを作成する読み取り設定に変更してください。

ヒント
  • 検索可能なPDFを作成できるのは、原稿種別が文書の場合だけです。

    ただし、ScanSnap Cloudを利用してクラウドサービスに連携する場合は、原稿種別が文書、名刺、およびレシートのときに、検索可能なPDFを作成できます。

Windows
  1. ScanSnap Homeのメイン画面の[Scan]ボタンをクリックして、スキャン画面を表示します。

    メイン画面が表示されていない場合は、メイン画面を表示するにはを参照してください。

  2. プロファイルリストから、使用しているプロファイルを選択します。

  3. プロファイル編集をクリックして、「プロファイル編集」画面を表示します。

  4. 「スキャン設定」の[詳細設定]ボタンをクリックして、「詳細設定」画面を表示します。

  5. 「ファイル形式」タブを選択して、「検索可能なPDFにします」チェックボックスにチェックを付けます。

Mac OS
  1. ScanSnap Homeのメイン画面の[Scan]ボタンをクリックして、スキャン画面を表示します。

    メイン画面が表示されていない場合は、DockのLaunchpadをクリックすると表示されるアプリケーションの一覧から、「ScanSnap Home」アイコンScanSnap Homeのアイコンをクリックしてください。

  2. プロファイルリストから、使用しているプロファイルを選択します。

  3. プロファイル編集をクリックして、「プロファイル編集」画面を表示します。

  4. 「スキャン設定」の[詳細設定]ボタンをクリックして、「詳細設定」画面を表示します。

  5. 「ファイル形式」タブを選択して、「検索可能なPDFにします」チェックボックスにチェックを付けます。

 

検索可能なPDFの作成中に、コンピュータの電源をOFFにしたり再起動したりしませんでしたか?(Windows)

ScanSnapで原稿をスキャンしたあと、検索可能なPDFの作成が完了する前に、コンピュータの電源をOFFにしたり再起動したりすると、検索可能なPDFが作成されない場合があります。

検索可能なPDFの作成が完了するまで、コンピュータの電源をOFFにしたり再起動したりしないでください。

検索可能なPDFが作成できなかったコンテンツは、手動で検索可能なコンテンツに変換できます。詳細はコンテンツを検索可能にするを参照してください。

1か月に作成できる検索可能なPDFの数を超えていませんか?(ScanSnap Cloud利用時)

ScanSnap Cloudを利用してクラウドサービスに連携する場合、検索可能なPDFは、1か月に500ページまで作成できます。

現在までに作成したページ数は、環境設定画面の「アカウント」タブで確認できます。

また、検索可能なPDFに変換できなかったイメージデータは、翌月手動で変換できます。

手動で変換する手順は、イメージデータを検索可能なPDFに変換する(ScanSnap Cloud利用時)を参照してください。