各部の名称と働き

ScanSnap の各部の名称と、その機能について説明します。

前面

前面
前面
前面
前面
前面
前面

番号

名称

説明

1

給紙カバー(原稿台)

給紙カバー(原稿台)

ScanSnapを使用するときに開けます。

開けると電源がONになり、原稿を載せる台になります。

ScanSnapの電源が自動的にOFFになった場合は、給紙カバー(原稿台)を一度閉じてから開けると、電源がONになります。

ScanSnapの電源が自動的にOFFになった場合は、給紙カバー(原稿台)を一度閉じてから開けると、電源がONになります。

2

ADFカバー

原稿づまりの処理、ローラーセットの交換、およびScanSnapの内部を清掃するときに開けます。

原稿づまりの処理、ローラーセットの交換、およびScanSnapの内部を清掃するときに開けます。

3

エクステンション

原稿が長い場合、伸ばして使用します。

4

サイドガイド

原稿の幅に合わせて、ズレを防止します。

5

カバーオープンレバー

手前に引くと、ADFカバーが開きます。

2

排出ガイド

ScanSnapの前面側に原稿を排出するときに開けます。

原稿の排出方法は、スキャンする原稿の種類に合わせて選択してください。

詳細は、ScanSnapでスキャンできる原稿を参照してください。

  • 排出ガイドを閉じた場合の原稿の流れ

    排出ガイドを閉じた場合の原稿の流れ
    排出ガイドを閉じた場合の原稿の流れ
  • 排出ガイドを開けた場合の原稿の流れ

    排出ガイドを開けた場合の原稿の流れ
    排出ガイドを開けた場合の原稿の流れ

3

トップカバー

原稿づまりの処理およびScanSnapの内部を清掃するときに開けます。

6

タッチパネル

ScanSnapの接続状態を表示したり、プロファイルを選択してスキャンを開始したり、ScanSnapの設定を変更したりします。

ScanSnapの電源が自動的にOFFになった場合は、タッチパネルを押すと電源がONになります。

1

ヘッド部

-

2

支柱部

-

6

4

3

[Scan]ボタン

[Scan/Stop]ボタン

原稿のスキャンを開始します。スタッカーを閉じた状態でも押せます。

原稿のスキャンを開始します。

原稿のスキャンを開始および終了します。

ScanSnapの電源をONにします。

原稿のスキャンを開始します。

ScanSnapの状態を示します。

青色点灯:正常

青色点滅:スキャン中

オレンジ色点滅:エラー

ScanSnapの電源が自動的にOFFになった場合は、[Scan]ボタンを押すと電源がONになります。

ScanSnapの電源が自動的にOFFになった場合は、[Scan/Stop]ボタンを押すと電源がONになります。

ScanSnapの電源が自動的にOFFになった場合は、[Scan]ボタンまたは[Stop]ボタンを押すと電源がONになります。

4

[Stop]ボタン

ScanSnapの電源をONにします。

原稿のスキャンを終了します。

ScanSnapの電源が自動的にOFFになった場合は、[Scan]ボタンまたは[Stop]ボタンを押すと電源がONになります。

5

台座

-

6

電源LED

ScanSnap の状態を示します。

青色点灯:正常

青色点滅:スキャン中

オレンジ色点滅:エラー

7

白シート

原稿のスキャン開始位置および色の基準となります。

8

センターマーク

本や定型サイズの原稿をセットするときに、原稿の幅の中央部分を合わせます。

5

バッテリーランプ

バッテリーの残量および充電状況を示します。

  • 電源がONの場合

    青色点灯:残量大

    オレンジ色点灯:充電中

    オレンジ色点滅:残量小

  • 電源がOFFの場合

    オレンジ色点灯:充電中

7

Wi-Fiランプ

Wi-Fi接続時のScanSnapの状態を示します。

青色点灯:正常

青色点滅:準備中

オレンジ色点灯:接続不可

オレンジ色点滅:接続不可(WPSエラー)

クラウドサービスに連携している場合は、ScanSnap Cloud利用時のScanSnap状態表示を参照してください。

クラウドサービスに連携できる地域は、こちらを参照してください。

6

Wi-Fiランプ

Wi-Fi接続時のScanSnapの状態を示します。

青色点灯:接続中(アクセスポイント接続モード)

青色点滅:準備中

緑色点灯:接続中(ダイレクト接続モード)

オレンジ色点灯:接続不可またはダイレクト接続モードで接続待ち

オレンジ色点滅:接続不可(WPSエラー)

クラウドサービスに連携している場合は、ScanSnap Cloud利用時のScanSnap状態表示を参照してください。

クラウドサービスに連携できる地域は、こちらを参照してください。

78

スタッカー

引き出して使用します。

開けて使用します。

排出された原稿を載せる台になります。

7

5

給紙部

原稿を差し込んでセットします。

8

名刺・レシートガイド

給紙カバー(原稿台)に取り付けて使用します。

名刺・レシートガイドを使用すると、幅の異なるレシートや領収証などの原稿を、複数枚同時にセットしてスキャンできます。

重要
  • ScanSnapを持ち運ぶときは、台座と支柱部を持ってください。なお、ヘッド部は持たないでください。

    ScanSnapの持ち方

背面 側面

背面
背面
側面
背面
側面
側面
側面

番号

名称

説明

9

セキュリティケーブルスロット

市販のセキュリティケーブル(盗難防止用)を接続します。

9

10

USBコネクター

USBコネクターのカバーを上にスライドして開けてから、USBケーブルを接続します。

USBコネクターのカバーは2段階でスライドします。USBケーブルの種類に合わせて、カバーを開けてください。

  • 1段目:USB2.0ケーブル

  • 2段目:USB3.0ケーブル

USBケーブルを接続します。

10

11

電源コネクター

ACアダプターにACケーブルを接続した、電源ケーブルを接続します。

ACケーブルを接続します。

9

8

7

6

シール

ソフトウェアをインストールしたあとに、シールをはがしてください。

11

10

8

セキュリティケーブルスロット

市販のセキュリティケーブル(盗難防止用)を接続します。

11

9

電源コネクター

電源ケーブルを接続します。

9

7

ストラップホール

ストラップを取り付けられます。

12

10

10

8

7

USBコネクター

USBケーブルを接続します。

12

13

通気孔

ScanSnap内部の熱を外部に逃すための開孔部です。

14

WPSボタン

ScanSnapをWPS対応の無線アクセスポイントとプッシュボタン方式で接続するときに押します。

15

Wi-Fiスイッチ

ScanSnapをWi-Fiで接続して使用するときにONにします。

背面

背面

番号

名称

説明

11

WPSボタン

ScanSnapをWPS対応の無線アクセスポイントとプッシュボタン方式で接続するときに押します。

12

Wi-Fiスイッチ

ScanSnapをWi-Fiで接続して使用するときにONにします。

読み取りユニット

読み取りユニットは、原稿をスキャンするときに動作します。

読み取りユニット

番号

名称

説明

12

カメラ

ページめくりおよび光沢紙を検出します。

13

赤外線LED

ページめくりおよび光沢紙を検出するために、読み取り範囲に赤外線を照射します。

14

ガラス

原稿をスキャンするレンズを保護しています。

15

ランプ

原稿をスキャンするときに照射します。