ABBYY FineReader for ScanSnapの文字変換機能

ABBYY FineReader for ScanSnapは、ScanSnap専用のアプリケーションです。ScanSnapでスキャンした原稿の、PDF形式のイメージデータの文字情報をテキスト認識して、Word文書、Excel文書、およびPowerPoint文書に変換できます。

ABBYY FineReader for ScanSnapでイメージデータの文字情報を変換する機能の特性、および注意事項について説明します。

ABBYY FineReader for ScanSnapの文字変換機能の特性

ABBYY FineReader for ScanSnapの文字変換機能には、以下のような特性があります。変換する前に、対象のイメージデータの内容を確認してください。

変換するアプリケーション

変換に適している原稿

変換に適していない原稿

Word文書に変換

レイアウトが単純な1~2段組みの原稿

変換に適している原稿(Word文書)

カタログ、雑誌、および新聞のような、以下が複雑に入り混じったレイアウトの原稿

  • 文書

変換に適していない原稿(Word文書)

Excel文書に変換

すべての罫線が、表の外枠まで届いている単純な表を含む原稿

変換に適している原稿(Excel文書)

以下を含む原稿

  • 罫線で仕切られていない表

  • 間仕切りが多い複雑な表

  • 表の中に表があるような入り組んだ表

  • グラフ

  • 写真

  • 縦書きの文章を含む原稿

変換に適していない原稿(Excel文書)

PowerPoint(R)文書に変換

背景が白または薄い色の1色で、文字と単純な図表で構成された原稿

変換に適している原稿(PowerPoint文書)
  • 文字が図や絵と複雑に入り組んだ原稿

  • 文字の背景に写真や模様のある原稿

  • 文字よりも背景の色が濃い原稿

変換に適していない原稿(PowerPoint文書)

原稿どおりに再現できない情報

以下の情報は、原稿どおりに再現できない場合があります。変換結果を、Word、Excel、またはPowerPointで確認し、必要に応じて編集してください。

  • 文字のサイズおよびフォント

  • 文字間隔および行間隔

  • 下線付き文字、ボールド文字(太字)、イタリック文字

  • 上下添え文字

正しくテキスト認識できない原稿および文字

以下のような原稿および文字は、正しく認識できない場合があります。

プロファイルの設定で、カラーモードを変更したり、画質を上げたりして原稿をスキャンすると、認識できることがあります。

  • 手書き文字を含んだ原稿

  • 文字サイズが10ポイント未満の小さい文字の原稿

  • 傾いた原稿

  • 指定された言語以外で書かれた原稿

  • 網掛けされているなどの文字の背景が不均一色の原稿

  • 影、白抜きなどの装飾されている文字が多い原稿

  • 絵や図と重なっているなど、文字の背景に模様がある原稿

  • 下線や罫線に接触している文字が多い原稿

  • 複雑なレイアウトの原稿や、ノイズが多い原稿(認識処理に非常に時間がかかる場合があります)

そのほかの注意事項

  • 用紙サイズが大きい長尺原稿をWord文書に変換する場合は、Wordで利用できる最大用紙サイズに変換されることがあります。

  • Excel文書に変換する場合は、認識結果が65536行を超えると、それ以降の結果は保存されません。

  • Excel文書に変換する場合は、原稿全体のレイアウト、図、グラフ、および表の高さや幅の情報は再現されません。表と文字列だけが再現されます。

  • PowerPoint文書に変換する場合は、背景の色および模様は再現されません。

  • 原稿の向きを上下逆さまにしたり、横向きにしたりしてスキャンすると、イメージデータを正しく変換できません。プロファイルの設定で、「詳細設定」画面の「スキャン」の「向き」を指定するか、原稿の向きを正しくセットしてスキャンしてください。

  • 裏写り軽減を有効にしている場合は、認識率が低下することがあります。裏写り軽減を無効にするには、プロファイルの設定で、「スキャンオプション」画面の「裏写りを軽減します」チェックボックスのチェックを外してください。

  • 裏写り軽減を有効にしている場合は、認識率が低下することがあります。裏写り軽減を無効にするには、プロファイルの設定で、「スキャンオプション」画面の「画質」タブにある、「裏写りを軽減します」チェックボックスのチェックを外してください。