1. ホーム > 
  2. 製品 > 
  3. DynaEye > 
  4. DynaEye Pro > 
  5. FAQ > 
  6. FAQ 回答

FAQ(よくあるご質問) 回答

販売終了製品

コンポーネントキットに関するご質問

Q1 コンポーネントキットだけを購入することはできますか?
A1 コンポーネントキット単独での販売は行なっておりません。コンポーネントキットの動作は、同じバージョン・レベルのDynaEye Pro本体がインストールされていることを前提としています。 V4.0からは、DynaEye Proをインストールすると同時にコンポーネントキットもインストールされます。
Q2 コンポーネントキットを使用して、アプリケーションを開発した場合、実行環境のライセンスはどうなっていますか?
A2 コンポーネントキットのランタイムライセンスは設定しておりません。コンポーネントキットを使用したアプリケーションをインストールする1クライアントごとに、DynaEye Proを1本購入・インストールしていただく必要があります。
Q3 コンポーネントキットに付属のサンプルをVisual Basicで開くと、「"DBGRID32.OCX"を読み込めません」というメッセージが表示されます。
A3 コンポーネントキット付属のサンプルは、DBグリッド(DBGrid)コントロールを使用していますが、Visual Basic 6.0のセットアップでは、このコントロールがインストールされないためです。Visual Basic 6.0のリリースノートをご覧ください。
Q4 コンポーネントキットを利用して作成したアプリケーションの配布パッケージに、書式定義ファイル(DDF)を含めていますが、セットアップすると書式定義ファイルが破損しています。
A4 Visual Basic ディストリビューションウィザードは、サポートファイルのディレクトリに、Cabファイルを作成するためにプロジェクト名.DDFというファイル名でDiamond Directives Fileを作成します。従って、書式定義名がプロジェクト名と同一の場合、書式定義ファイルが上書きされてしまうことになります。書式定義名はプロジェクト名と異なる名称に設定してください。
Q5 マークフィールドの認識結果は、認識結果変換コントロール(CSVConvert)でどのように出力されますか。
A5 書式定義において、各選択肢の「出力文字」として定義された文字が、「出力順」として定義された順番に、マークが記入された項目のみ出力されます。
例えば、
マークの例
選択肢 出力文字 出力順
R 1
G 2
B 3
というマークフィールドに対して、
  • 「緑」にマーク、他の2つはマークしない場合は、"G"が出力されます。
  • 「赤」と「青」にマーク、「緑」はマークしない場合は、"RB"が出力されます。
マークが記入されていない選択肢に対して、空白文字は出力されないので注意してください。
Q6 コンポーネントキットを組み込んだアプリケーションを実行すると、そのアプリケーションのインストールフォルダに"error1.log"、"error2.log"、...または、"DynaEye1.log"、"DynaEye2.log"、...というファイルが作成されますが、何かエラーが発生しているのでしょうか?
A6 コンポーネントの実行時にログ(実行経過)を記録して、
  • DynaEye V2.0L20では、"error?.log"(?は1から5までの一桁の数字)
  • DynaEye V3.0以降では、"DynaEye?.log"(?は1から5までの一桁の数字)
というファイル名で保存しています(コンポーネントキットを組み込んだアプリケーションのインストールディレクトリに)このファイルは、正常に動作していても作成されますので、特に気にする必要はありません。
V5.0から、このログはインストール時に指定した作業フォルダに作成されるように変更されています。
Q7 AccessのVBA(Visual Basic for Application)からDynaEyeコンポーネントキットを使用できますか?
A7 ご使用になれません。なお、DynaEye部品であればEXE形式のため、Shell関数により起動することが可能です。
Q8 作成したアプリケーションにTIFFイメージを表示するにはどうしたらいいでしょうか?
A8 以下の方法があります。
  • DynaEye コンポーネントキットを使用する
    認識結果管理コントロールとイメージ表示コントロールを使うことで、シングルページ TIFFイメージの表示が可能です。認識結果が無いTIFFイメージの場合、認識結果管理コントロールのSetPageメソッドには以下の引数を設定してください。
    Image : メモリに読み込んだTIFFイメージデータ
    ImageSize : Imageに設定したデータのバイト数
    Recog : 任意の値
    RecogSize : 0
    Mode : 0
    この場合、フィールドイメージやポップアップイメージは表示できませんので、イメージ表示コントロールのImageAttrプロパティは0(全面イメージデータ)としてください。また、白黒二値画像の表示のみに対応しており、カラーやグレイスケールには対応しておりません。
  • TIFFが表示できるユーティリティを使用する
    弊社製「ImageTOOL ソフトウェア開発キット」など、TIFFが扱えるユーティリティを別途導入しても可能です。

なお、マルチページTIFFファイルから任意のページを表示する場合、次項を参考にするか、もしくはマルチページTIFFが扱えるユーティリティ(弊社製ImageTOOLなど)をご使用ください。
Q9 マルチページTIFFファイルから任意のページを取り出すにはどうしたらいいでしょうか?
A9 DynaEyeコンポーネントキットに付属するデータ交換ライブラリにより、マルチページTIFFファイルから任意の1ページを取り出すことが可能です。DynaEye_AC_TIFFOpen関数によりTIFFファイルをオープンした後、DynaEye_AC_TIFFRead関数によりページ指定してデータを取得してください。取得結果はG4圧縮のTIFF形式イメージになります。詳細はコンポーネントキットのデータ交換ライブラリに関するヘルプを参照ください。
Q10 V5.0のAPIは旧バージョンと互換がありますか?
A10 V5.0のAPI(部品、関数、コンポーネントキット)は上位互換があります。そのため、V5.0より前のDynaEye Proで作成したアプリケーションは、V5.0をインストールした環境でもアプリケーションのリコンパイルなしにそのまま動作します。V5.0のコンポーネントキットを組み込んだアプリケーションは、V5.0より前のDynaEye Proの環境では動作しません。
なお、DynaEye Pro V2.0L20とそれ以後では、コンポーネントキットのマーク修正コントロールの表示形式が異なっています。V2.0L20のコンポーネントキットで作成したアプリケーションはフォームのレイアウト修正が必要になる場合がありますので、注意してください。
Q11 DynaEyeコンポーネントキットについて、バージョン毎にサポートしている開発環境を教えてください。
A11 バージョン毎にサポートしている開発環境は以下の通りです。
[V3.0] Visual Basic 5.0, 6.0
[V4.0] Visual Basic 5.0, 6.0, .NET 2002, .NET 2003
[V5.0] Visual Basic 6.0, .NET 2003, 2005

サポートされていない環境でご利用になりたい場合は、最新版へのバージョンアップをご検討ください。旧製品をお使いのお客様にはお得なバージョンアップキットもご用意しております。
Q12 文字修正コントロールを使ってアプリケーションを作りましたが、表示される文字が欠けてしまいます。
A12 プロジェクトのプロパティにあるXP Visual スタイルを有効にしていると文字が欠ける場合があります。無効にして使用してください。