1. ホーム > 
  2. 製品 > 
  3. DynaEye > 
  4. DynaEye Pro > 
  5. ニュース

DynaEye Pro バージョン情報

販売終了製品

V5.0リリース

DynaEye Pro をバージョンアップしました。V5.0L10での機能強化内容は、以下の通りです。

Windows Vista®対応

Microsoft® Windows Vista® Home Basic/Home Premium/Business/Enterprise/Ultimate Operating Systemに対応しました。 ただし、64ビット版Windows Vista®はサポート対象外です。

アプリケーション・プログラム・インターフェース(API)を強化

DynaEyeコンポーネントキットは Visual Basic 2005に、DynaEye関数はVisual C++ 2005に対応しました。
これにより、

  1. DynaEyeコンポーネントキットを利用した開発用として、以下の言語をサポートしています。
    • Visual Basic 6.0
    • Visual Basic .NET 2003
    • Visual Basic 2005
    今バージョンより、Visual Basic 5.0, Visual Basic .NET 2002 はサポート対象外です。
  2. DynaEye関数を利用した開発用として、以下の言語をサポートしています。
    • Microsoft Visual C++ 6.0
    • Microsoft Visual C++ .NET 2003
    • Microsoft Visual C++ 2005
    今バージョンより、Microsoft Visual C++ 5.0, Microsoft Visual C++ .NET 2002 はサポート対象外です。

データ出力機能の強化

標準アプリケーションおよびDynaEye部品で、Access 2000形式のデータ出力に対応しました。出力データはAccess 2000, 2002, 2003, 2007から使用できます。

標準アプリケーション機能の強化

認識結果の確認修正時に、エラーのある帳票だけを表示して修正する機能を追加しました。 ここでいうエラーとは、認識注意文字かデータチェックによる論理エラーを含む場合のことです。

制限ユーザの動作保証

旧バージョンでは管理者権限かPowerUsers権限が必要でしたが、今バージョンより制限ユーザ(Vistaでは標準ユーザ)での使用に対応しました。

住所辞書の更新

2007年3月の住所データ(2007年4月変更分を含む)に則した住所辞書に更新しました。