1. ホーム > 
  2. 製品 > 
  3. DynaEye > 
  4. DynaEye Pro > 
  5. 仕様

仕様

販売終了製品

DynaEye Pro V5.0の仕様について説明します。

文字認識機能

認識対象文字
手書きANKS
(英数カナ記号)
文字種 数字 : 10字種 (0~9)
英字 : 26字種 (A~Z、大文字ブロック体のみ)
カタカナ : 51字種 (ア~ンー゛゜「」)
記号 : 24字種 (+-.,#*:;<=>\&()/'%|_^@?!)(注意1)
文字ピッチ 固定ピッチ、フリーピッチ (数字、英字に限定)
文字サイズ 5~20mm (200、240dpi画像での文字高さ)
5~10mm (300、400dpi画像での文字高さ)
手書き日本語 文字種 JIS第一水準 : 2,965字種
JIS第二水準等 : 646字種 (氏名などに多用される字種)
非漢字 : 217字種
文字ピッチ 固定ピッチ、フリーピッチ (住所、氏名に限定)
文字サイズ 7~20mm (200、240dpi画像での文字高さ)
7~10mm (300dpi画像での文字高さ)
6~10mm (400dpi画像での文字高さ)
活字ANKS
(英数カナ記号)
文字種 数字 : 10字種 (0~9)
英字 : 26字種 (A~Z)
記号 : 8字種 (-+*/=.,\)
文字ピッチ 固定ピッチ
字形・文字サイズ OCR-Bフォント : JIS X9001 サイズI(注意2)
富士通ドットプリンタフォント : OCR-BサイズI相当(注意3)
MS明朝・MSゴシックフォント : 12~14ポイント、半角のみ (注意2)
活字日本語 文字種 JIS第一水準 : 全角 2,965字種
非漢字 : 全角 348字種、半角 155字種
文字ピッチ 固定ピッチ、プロポーショナルピッチ
字形・文字サイズ 明朝体、ゴシック体(10~14ポイント)
手書きマーク 書式定義で指定した範囲内に記入されたマークの有無を判定
文字枠内マーク、プレ印刷上への上書きマークにも対応

注意1 : 標準文字字形が特殊なものがあります。ユーザーズガイドやFAQを参照ください。
注意2 : 同一フィールドの数字、英字、記号の混在読み取りができるのは200dpiのみです。 また、MS明朝・MSゴシックフォントでは、数字0(ゼロ)と英字O(オー)は区別できません。
注意3 : 富士通ドットプリンタフォントは、数字とハイフンのみです。また、富士通F6316Aイメージリーダ、 fiシリーズのイメージスキャナ(fi-5120C、5220C、4340C、5530C、5650C、5750C、4860C2、5900C)を サポートしています。

知識処理機能

住所辞書 単語数 : 約540,000語
方書き辞書 単語数 : 約130,000語
氏名辞書 単語数 : 約210,000語
個人辞書 単語数 : 約65,000語
単語長 : 30文字以内
読みの長さ : 60文字以内

認識可能な帳票の仕様

印刷色

黒または濃色、ドロップアウトカラー
(ドロップアウトカラー帳票の読み取り可能なスキャナに関しては、スキャナ一覧に詳しい説明があります)

用紙の大きさ 最大A3判 (使用するイメージスキャナの仕様による)
用紙の厚さ 使用するイメージスキャナの仕様による
異種帳票混在

帳票レイアウト識別

  • 帳票に印刷された罫線パターン等をもとに書式を識別。
  • 同時に最大100種類まで混在可能。

帳票ID識別

  • 帳票ID(手書きANKSまたは活字ANKS)を同一位置・同一条件であらかじめ帳票に印刷する。
  • 同時に100種類まで混在可能。
  • 帳票IDの認識には、基準マークが必要(ドロップアウトカラー帳票、拡張ドロップアウトカー帳票を除く)。
    基準マークとは、黒塗の長方形を用紙3隅(左上、右上、左下)にプレ印刷したもの。
文字枠の形式 一文字枠、はしご枠をはじめ、多様な枠形式が使用可能

文字枠の例
マークの形式 文字枠内マーク、及びプレ印刷上の上書きマークが読み取り可能

読み取りフィールド数 最大960フィールド (文字、マークおよびイメージフィールドの合計数)

認識可能なイメージデータの形式

画像タイプ・圧縮形式 白黒二値(TIFF形式 非圧縮、TIFF形式 G3圧縮、TIFF形式 G4圧縮)
画素密度 200、240、300、400dpi
帳票方向自動認識機能 正立、右90度、左90度、上下逆の4方向
(ドロップアウトカラー帳票および拡張ドロップアウトカラー帳票は、正立あるいは左90度のみ認識可能)
イメージずれ対応 傾き補正(左右最大5度)、伸縮補正(最大-10%~+10%)、蛇行補正

出力形式

項目 文字・マークフィールド イメージフィールド
標準アプリケーション CSV形式
Access97形式
Access2000形式(注意1)
BMP形式
DynaEye コンポーネントキット CSV形式
XML形式
TIFF形式(シングルページ)
DynaEye 部品 CSV形式
Access97形式
Access2000形式(注意1)
BMP形式
TIFF形式(シングルページ)
DynaEye 関数 CSV形式 BMP形式
TIFF形式(シングルページ)

注意1 : Access2000、2002、2003、2007から使用することができます。

接続可能なイメージスキャナ

  • 32bit版のTWAINドライバを備えているもの
  • ADF(自動原稿送り機構)を備えているもの
  • 白黒単純二値の画像が入力でき、ゆがみ・かすれ・つぶれが少ないもの

以下の機能については、スキャナ機種によりサポート状況が異なりますので、ご注意ください。
富士通製イメージスキャナの仕様などをまとめたイメージスキャナの仕様も参考にしてください。

スキャナ機種名 TWAIN入力ダイアログ
非表示読み取り
ドロップアウトカラー
帳票読み取り(注意1)
ナンバリング
印字の制御
fi-5950、fi-6800、
fi-6670、fi-5530C2、
fi-6140、fi-6130、
fi-4340C
可能 可能 可能
fi-6770、fi-6750S、
fi-6240、f-6230
可能 可能 未対応
fi-6110、fi-5015C、
fi-60F
可能 未対応 未対応
富士通 F6316A 可能 可能 可能
その他(他社機) 未対応 未対応 未対応

注意1 : ドロップアウトカラー帳票をfiシリーズ イメージスキャナにて読み取る際は、こちらのイメージスキャナの仕様をご確認ください。

動作環境

対応OS
Microsoft® Windows® 2000 Professional
Microsoft® Windows® XP Home Edition
Microsoft® Windows® XP Professional
Microsoft® Windows Vista® Home Basic
Microsoft® Windows Vista® Home Premium
Microsoft® Windows Vista® Business
Microsoft® Windows Vista® Enterprise
Microsoft® Windows Vista® Ultimate
の日本語版いずれか
対応パソコン CELSIUSシリーズ 、FMVシリーズ (Pentium III 500MHz以上のCPUを搭載した機種)
メモリ量 Windows® 2000の場合 128MB以上、
Windows® XP場合 256MB以上、
Windows Vista®の場合 512MB以上、必須
ハードディスク 150MB以上
データ格納用に1枚あたり50KB(A4判200dpiの目安)の容量が必要
その他 インストール時にはCD-ROMドライブが必要