1. ホーム > 
  2. 製品 > 
  3. DynaEye > 
  4. DynaEye Pro > 
  5. DynaEye Pro 特長

DynaEye Pro 特長

販売終了製品

DynaEye Proの特長について説明します。

パソコンとスキャナで、手書き帳票OCR

今までの帳票OCRは、文字認識ハードウェアや独自インターフェースの専用スキャナが必要でした。
DynaEye Proは帳票認識機能をソフトウェアで実現。 パーソナルコンピュータと汎用のイメージスキャナの組み合わせで、帳票OCRシステムを構築することができます。 イメージスキャナは、標準インターフェースであるTWAINドライバを有するものであれば接続可能です。 少量の帳票を分散入力する低価格システムから、高速スキャナを組み合わせた集中入力システムまで、お客様のニーズに適した組み合わせが選択できます。

ワープロやパソコンで帳票作成

DynaEye Proは、従来OCR専用機で認識できたドロップアウトカラー帳票に加え、黒枠帳票の文字枠制限を大幅に緩和しました。
そのため、ワープロなどを使って帳票を作成したり、今お使いの伝票も若干の手直しでOCR帳票とすることができます。

帳票例

業務に合せて選べるシステム形態

認識率はOCR専用機に匹敵

DynaEye Proの文字認識は、OCR専用機(DATAEYEシリーズ)で培った高精度認識。 英数字から漢字、知識処理にいたるまで専用機に匹敵する高い認識率を提供します。

難しい帳票定義は要りません

帳票上の読み取り位置を指定する書式定義の作成も、無記入帳票を読み込んで、文字枠は自動抽出させるかマウスでなぞるだけ。項目の属性も、ダイアログで簡単設定です。

書式定義画面