1. ホーム > 
  2. 製品 > 
  3. DynaEye > 
  4. DynaEye Pro > 
  5. アプリケーション・プログラム・インターフェース(API)

アプリケーション・プログラム・インターフェース(API)

販売終了製品

DynaEye Proは、(社内向け・顧客向け)OCRシステムの構築、業務パッケージへのOCR機能の組込みを実現する、3種類のアプリケーション・プログラム・インターフェース(API)を提供しています。

APIを利用すると、次のような目的を実現することができます。

  • 既存のシステムに、OCR機能を組込みたい。
  • 修正画面のレイアウトをカスタマイズしたり、修正画面上からDBを検索したい。
  • 帳票管理を独自に行ないたい。

APIの種類

DynaEye コンポーネントキット

Visual Basicを使用してアプリケーションを開発するための、 ActiveX コントロール集です。

アプリケーション例

DynaEye部品

DynaEye標準アプリケーションの4つの機能 (スキャナ入力、帳票認識、修正画面、データ出力)を単体で起動可能なアプリケーションとして提供します。

DynaEye関数

DynaEye標準アプリケーションの4つの機能(スキャナ入力、帳票認識、修正画面)に加えて、修正ファイル(認識結果を格納するファイル)の情報参照・更新機能を、 C言語(Visual C++)から呼出可能な関数(DLL)で提供します。

比較表

項目 DynaEye
コンポーネントキット
DynaEye部品 DynaEye関数
形態 ActiveXコントロール Windows EXE C関数(DLL)
機能 スキャナ入力 ○(あり) ○(あり) ○(あり)
帳票認識 ○(あり) ○(あり) ○(あり)
修正画面 ◎(レイアウト設計可能) ○(標準アプリケーション相当) ○(標準アプリケーション相当)
データ変換 ○(あり) ○(あり) ○(あり)
開発の容易さ △(やや難) ◎(容易) ○(普通)
カスタマイズ性 ○(可能) ×(なし) △(少ない)
開発言語 Visual Basic 6.0
または
Visual Basic .NET 2003
または
Visual Basic 2005
Visual C++, Visual Basic など Visual C++ 6.0
または
Visual C++ .NET 2003
または
Visual C++ 2005

留意事項

  • アプリケーション・プログラム・インターフェースは、いずれも「DynaEye Pro」に同梱されています。
  • 開発したアプリケーションは自由に販売・配布することができます。
  • DynaEye Proの提供するコンポーネント、ランタイムは配布できません。DynaEye ProのAPIを利用したアプリケーションを動作させるPC毎に「DynaEye Pro」を購入・インストールする必要があります。
  • ランタイムライセンスは設定しておりません。通常パッケージをご購入ください。
  • 「DynaEyeコンポーネントキットとDynaEye部品」のように、複数のアプリケーション・プログラム・インターフェースの混在は基本的にはできません(一部除く)。