1. ホーム > 
  2. 製品 > 
  3. DynaEye > 
  4. DynaEye Pro > 
  5. API > 
  6. DynaEye関数

DynaEye関数

販売終了製品

DynaEye関数とは、DynaEyeのスキャナ入力、帳票認識、修正画面、データ出力の基本機能に加えて、修正ファイル(認識結果を格納する独自形式のファイル)の情報参照、 情報更新機能をC言語から呼出せる関数として提供するものです。
定型業務のカタログ化や業務アプリケーションからの呼び出しが可能になります。

DynaEye関数の機能

機能 関数 内容
スキャナ制御 DynaEye_ScanToFile スキャナからイメージを読み取り、TIFFファイルに格納
帳票認識 DynaEye_Recog_Open 帳票認識開始
DynaEye_Recog_ImageLoad 帳票イメージファイル(TIFF)のロード
DynaEye_Recog_Page 指定した1ページの認識
DynaEye_Recog_ID 帳票IDによる1ページの認識
DynaEye_Recog_ImageUnload 帳票イメージファイル(TIFF)のアンロード
DynaEye_Recog_Close 帳票認識の終了
修正画面 DynaEye_Dsp_DB 修正画面の表示
データ出力 DynaEye_Cnv_DB 修正ファイルのデータをCSVに出力
修正ファイル
情報通知
DynaEye_DBOpen 修正ファイルのオープン
DynaEye_DBGetInf 修正ファイル全体の情報通知
DynaEye_DBClose 修正ファイルのクローズ
DynaEye_DBGetPageInf 修正ファイルの指定ページ情報通知
DynaEye_DBGetPageFieldInf 修正ファイルの指定ページの全フィールド情報通知
修正ファイル
情報更新
DynaEye_DBSetPage 修正ファイルの指定ページのフィールド情報更新

スキャナ制御関数

イメージスキャナを制御して、読み取ったイメージをTIFFファイルに格納する関数です。出力は、ひとつのマルチページのTIFFファイルにするか、読み取りページ数分のシングルページTIFFファイルにするか選択できます。
用紙サイズ(定型サイズに限る)や解像度・読み取り濃度等のパラメーターを設定することができます。スキャナを使う度に設定する煩わしさも、設定ミスの心配もありません(当社製F6316Aイメージリーダ、fiシリーズスキャナのみ対応)。

帳票認識関数

予め作成された書式定義情報を基に、 イメージデータ(TIFFファイル)の帳票認識(文字認識)を実行する機能を提供します。
認識結果はDynaEye関数独自形式の修正ファイルです(テキストファイル形式への変換出力も可能)。

修正画面関数

帳票認識により出力された認識結果(修正ファイル)を、帳票イメージデータを参照しながら確認・修正を実行する修正画面機能を提供します。

データ出力関数

帳票認識・修正画面の出力した修正ファイルから、認識結果を汎用の テキスト形式(CSV形式)に変換出力する機能を提供します。イメージフィールドは、1ファイル/フィールドとしてBMPまたはTIFF形式で出力することができます。

修正ファイル情報参照関数

修正ファイルに格納された認識結果の情報(ページ数、ページ毎の状態・認識結果)を取得することができます。

修正ファイル情報更新関数

修正ファイルに格納された認識結果の情報(ページ毎の認識結果)を更新することができます。

DynaEye関数の構成

DynaEye関数の構成を図に示します。

DynaEye関数構成図

DynaEye関数の特性

  • DynaEyeを構成する基本機能を独立な関数で提供していますので、必要な機能を呼出すことで、容易に処理の定型化や業務アプリケーションへの組み込みを行うことができます。

  • 複数クライアント間でのデータ共有など、DynaEye標準アプリケーションでは困難な処理も、DynaEye関数の利用により実現することができます。

  • DynaEye部品と比較して、

    • 各機能を起動するオーバーヘッドが、DynaEye部品に比べ小さいため、特に少量の処理を繰り返し実行するような条件では、速度性能面で有利です。
    • 帳票認識時に、マルチイメージのTIFFファイルに対して1ページごとの制御ができる等、より細かい制御が可能です。
    • DynaEye部品に比べ、開発量は大きくなります。

    といった得失があります。

  • DynaEye関数の修正画面は、DynaEye標準アプリケーション相当で、画面のカスタマイズはできません。

DynaEye関数の開発環境

開発言語

  • Microsoft® Visual C++® 6.0 あるいは
  • Microsoft® Visual C++® .NET 2003 あるいは
  • Microsoft® Visual C++® 2005