本に写り込んだ指を塗りつぶす

本に写り込んだ指を塗りつぶして、イメージデータを修正できます。

イメージデータは、原稿をスキャンした直後、またはイメージデータをScanSnap Homeに取り込んだあとに修正します。

概要図
重要
  • e-文書モードで原稿をスキャンした場合は、写り込んだ指を塗りつぶすポイント・レタッチモードは使用できません。

  • 写り込んだ指を塗りつぶすには、指を検出する必要があります。

    以下のように本をスキャンした場合は、写り込んだ指がうまく検出されないことがあります。

    • 本を押さえる指が2本以上触れ合っている状態でスキャンする(図1)

    • マニキュアやつけ爪をしている指で本を押さえてスキャンする(図2)

    • 指を曲げた状態で本を押さえてスキャンする(図3)

    • 本を押さえる指が1cm以上写り込むような状態で本をスキャンする(図4)

    • 指の周り(5mm以内)に文字やイメージがある状態で本をスキャンする(図5)

    • 漫画雑誌などの地色が白以外の本をスキャンする(図6)

    • 読み取り設定の「カラーモード」に、「グレー」または「白黒」を設定して本をスキャンする

    写り込んだ指がうまく検出されない例
ヒント
  • 塗りつぶせる指の本数は、イメージデータの上下左右それぞれ5本までです。

  • イメージデータの画質の劣化を防ぐため、指は複数選択して、できるだけ一度の操作で塗りつぶしてください。

Windows

重要
  • ポイント・レタッチモードで編集したあとにブック補正モードで修正すると、ポイント・レタッチモードでの修正が無効になります。

    1つのページに対してブック補正を複数回実行する場合は、以下の順序で編集してください。

    1. ブック補正モードブック補正モードでの編集

      • 本のゆがみの補正

      • 見開きページの分割

    2. ポイント・レタッチモードポイント・レタッチモードでの編集

      写り込んだ指の塗りつぶし

  1. ScanSnap Homeの「ScanSnap Home - 補正ビューア」画面を表示します。
    • 原稿をスキャンした直後にイメージデータを修正する場合

      1. 原稿をスキャンします。

        原稿のスキャン方法は、原稿をスキャンするを参照してください。

      2. ScanSnap Homeの「ScanSnap Home-イメージのスキャンとファイル保存」画面で、「本や雑誌などの見開き原稿を、歪みの補正をして保存します」を選択してから、[イメージを確認/修正する]ボタンをクリックして「ScanSnap Home - 補正ビューア」画面を表示します。

    • ScanSnap Homeで管理しているイメージデータを修正する場合

      1. ScanSnap Homeのメイン画面を表示します。

        詳細は、メイン画面を表示するにはを参照してください。

      2. コンテンツリストビューで、写り込んだ指を塗りつぶすコンテンツを選択します。

      3. コンテンツを右クリックすると表示されるメニューから、「ScanSnap Homeのビューアで開く」を選択して、ビューア画面を表示します。

      4. 「補正」タブの補正をクリックして、「ScanSnap Home - 補正ビューア」画面を表示します。

        修正に必要な作業データがイメージデータに付いている場合は、ブック補正モードで本のゆがみの補正、および見開きページの分割もできます。

  2. 「保存イメージ」で、指を塗りつぶすページを選択します。
  3. ポイント・レタッチモードをクリックします。
  4. イメージデータに写り込んだ指の輪郭を自動検出します。

    写り込んだ指をクリックすると、指の輪郭線が表示されます。

    輪郭線の範囲を調整する場合は、輪郭線上の白い点をドラッグしてください。

    ポイント・レタッチモード
    ヒント
    • 写り込んだ指が検出されなかった場合は、指の輪郭線がデフォルトの形で表示されます。

      輪郭線上の白い点をドラッグして、写り込んだ指に輪郭線を合わせてください。

      ポイント・レタッチモード
  5. [補正実行]ボタンをクリックします。
  6. 修正したイメージデータを保存します。
    • 原稿をスキャンした直後にイメージデータを修正した場合

      [保存して終了]ボタンをクリックします。

    • ScanSnap Homeで管理しているイメージデータを修正した場合

      1. [編集を終了]ボタンをクリックします。

      2. ビューア画面の「ファイル」タブをクリックして、ファイルメニューから「上書き保存」または「タイトルを付けて保存」を選択します。

    ヒント
    • イメージデータを保存するときに表示される画面で、「ブック補正用作業データを削除する」チェックボックスにチェックを付けてからイメージデータを保存すると、作業データが削除されます。イメージデータから作業データを削除すると、補正以外の編集ができるようになります。

      作業データを削除するまで、イメージデータは補正できます。

イメージデータに写り込んだ指が塗りつぶされた状態で保存されます。

Mac OS

重要
  • ポイント・レタッチモードで編集したあとにブック補正モードで修正すると、ポイント・レタッチモードでの修正が無効になります。

    1つのページに対してブック補正を複数回実行する場合は、以下の順序で編集してください。

    1. ブック補正モードブック補正モードでの編集

      • 本のゆがみの補正

      • 見開きページの分割

    2. ポイント・レタッチモードポイント・レタッチモードでの編集

      写り込んだ指の塗りつぶし

  1. ScanSnap Homeの「ScanSnap Home - 補正ビューア」画面を表示します。
    • 原稿をスキャンした直後にイメージデータを修正する場合

      1. 原稿をスキャンします。

        原稿のスキャン方法は、原稿をスキャンするを参照してください。

      2. ScanSnap Homeの「ScanSnap Home-イメージのスキャンとファイル保存」画面で、「見開き原稿(本や雑誌)」を選択してから、[イメージを確認/修正する]ボタンをクリックして「ScanSnap Home - 補正ビューア」画面を表示します。

    • ScanSnap Homeで管理しているイメージデータを修正する場合

      1. ScanSnap Homeのメイン画面を表示します。

        DockのLaunchpadをクリックすると表示されるアプリケーションの一覧から、「ScanSnap Home」アイコンScanSnap Homeのアイコンをクリックしてください。

      2. コンテンツリストビューで、ゆがみを補正するコンテンツを選択します。

      3. キーボードの「control」キーを押しながら、コンテンツをクリックすると表示されるメニューから、「ツール」「補正」を選択して、「ScanSnap Home - 補正ビューア」画面を表示します。

        修正に必要な作業データがイメージデータに付いている場合は、ブック補正モードで本のゆがみの補正、および見開きページの分割もできます。

        ヒント
        • 原稿をスキャンするときに使用したプロファイルの設定で、「管理」の「タイプ」が「Mac (ファイル保存のみ)」に設定されている場合、イメージデータは修正できません。

          原稿をスキャンするときに使用するプロファイルの設定を変更するには、プロファイルの設定を変更するを参照してください。

  2. イメージデータのリストで、指を塗りつぶすページを選択します。
  3. ポイント・レタッチモードをクリックします。
  4. イメージデータに写り込んだ指の輪郭を自動検出します。

    写り込んだ指をクリックすると、指の輪郭線が表示されます。

    輪郭線の範囲を調整する場合は、輪郭線上の白い点をドラッグしてください。

    ポイント・レタッチモード
    ヒント
    • 写り込んだ指が検出されなかった場合は、指の輪郭線がデフォルトの形で表示されます。

      輪郭線上の白い点をドラッグして、写り込んだ指に輪郭線を合わせてください。

      ポイント・レタッチモード
  5. [補正実行]ボタンをクリックします。
  6. [保存して終了]ボタンをクリックします。
    ヒント
    • 作業データを削除するまで、イメージデータは補正できます。

イメージデータに写り込んだ指が塗りつぶされた状態で保存されます。