本のゆがみを補正する

本や雑誌などの見開き原稿として保存したイメージデータには、ブック補正モードでイメージデータを補正するのに必要な作業データが含まれるため、本のイメージデータのゆがみを補正できます。

イメージデータは、原稿をスキャンした直後、またはイメージデータをScanSnap Homeに取り込んだあとに修正します。

概要図
重要
  • e-文書モードで原稿をスキャンした場合は、ゆがみを補正するブック補正モードは使用できません。

  • ゆがみを補正するには、本の輪郭を検出する必要があります。

    以下のように本をスキャンした場合は、本の輪郭がうまく検出されないことがあります。

    • 本を押さえる範囲外を押さえてスキャンする(図1)

    • 背景マットを敷かずにスキャンする(図2)

    • ページを開いた状態で伏せてスキャンする(図3)

    • ページを縦に開いてスキャンする(図4)

    • 長方形または正方形以外の本をスキャンする(図5)

    • 漫画雑誌などの地色が白以外の本をスキャンする(図6)

    • カタログや雑誌などの余白が少ない本をスキャンする(図7)

    • 見開きの状態で、A5サイズ(148×210mm)よりも小さい本を読み取る(図8)

    本の輪郭がうまく検出されない例

Windows

重要
  • ポイント・レタッチモードで編集したあとにブック補正モードで修正すると、ポイント・レタッチモードでの修正が無効になります。

    1つのページに対してブック補正を複数回実行する場合は、以下の順序で編集してください。

    1. ブック補正モードブック補正モードでの編集

      • 本のゆがみの補正

      • 見開きページの分割

    2. ポイント・レタッチモードポイント・レタッチモードでの編集

      写り込んだ指の塗りつぶし

  1. ScanSnap Homeの「ScanSnap Home - 補正ビューア」画面を表示します。
    • 原稿をスキャンした直後にイメージデータを修正する場合

      1. 原稿をスキャンします。

        原稿のスキャン方法は、原稿をスキャンするを参照してください。

      2. ScanSnap Homeの「ScanSnap Home-イメージのスキャンとファイル保存」画面で、「本や雑誌などの見開き原稿を、歪みの補正をして保存します」を選択してから、[イメージを確認/修正する]ボタンをクリックして「ScanSnap Home - 補正ビューア」画面を表示します。

    • ScanSnap Homeで管理しているイメージデータを修正する場合

      1. ScanSnap Homeのメイン画面を表示します。

        詳細は、メイン画面を表示するにはを参照してください。

      2. コンテンツリストビューで、ゆがみを補正するコンテンツを選択します。

      3. コンテンツを右クリックすると表示されるメニューから、「ScanSnap Homeのビューアで開く」を選択して、ビューア画面を表示します。

      4. 「補正」タブの補正をクリックして、「ScanSnap Home - 補正ビューア」画面を表示します。

        修正に必要な作業データがイメージデータに付いていない場合は、ポイント・レタッチモードで写り込んだ指の塗りつぶしだけができます。

        ヒント
        • 原稿をスキャンするときに使用したプロファイルの設定で、「管理」の「タイプ」が「PC (ファイル保存のみ)」に設定されている場合、イメージデータは修正できません。

          原稿をスキャンするときに使用するプロファイルの設定を変更するには、プロファイルの設定を変更するを参照してください。

  2. 「保存イメージ」で、ゆがみを補正するイメージデータを選択します。
  3. ブック補正モードをクリックしてから、ブック補正モードをクリックして、本の輪郭を自動検出します。
  4. 本の角と中央の折り目の両端を示すコーナー点をドラッグして、任意の位置に移動します。

    本の表紙および裏表紙の場合は、中央の折り目にあたる輪郭線を、左右の輪郭線に対して平行にしてください。

    本の輪郭がずれている場合は、上下の輪郭線をドラッグして補正します。

    歪み補正モード
    ヒント
    • 本の輪郭が検出されなかった場合は、コーナー点と輪郭線が、画面の全体に表示されます。

      コーナー点と輪郭線を本の輪郭に合わせてください。

      歪み補正モード

      コーナー点と輪郭線は、以下の順序で修正してください。

      1. コーナー点の修正

        以下のどちらかの方法で、コーナー点の位置を修正できます。

        • コーナー点を移動したい位置にマウスカーソルを合わせてダブルクリックする

          マウスカーソルを合わせた位置に、コーナー点が自動的に移動します。

          うまく修正できない場合は、コーナー点をドラッグして移動してください。

        • 移動したい位置までコーナー点をドラッグする

          コーナー点は、以下の順番で修正してください。

          • 本の中央にある折り目の両端

          • 本の角

      2. 輪郭線の修正

        輪郭線をドラッグして、本の輪郭に合わせます。輪郭に合わせにくい場合は、輪郭線を少しずつ調整します。

        コーナー点付近の輪郭線をクリックしてつまんでから、本の輪郭をなぞるようにドラッグ&ドロップを繰り返してください。

  5. [補正実行]ボタンをクリックします。
  6. 補正を適用する対象を確認するメッセージ画面で、[選択しているページ]ボタンをクリックします。

    続けてほかのページのゆがみを補正する場合は、「保存イメージ」でイメージデータを選択して、手順2.~6.を繰り返してください。

    ヒント
    • イメージデータの文字列、線、および図形の水平方向のゆがみが大きい場合は、「フィードオプション」画面の「文字列の歪みを補正します」チェックボックスのチェックを外してください。

      原稿に湾曲した線や図、斜めの線がある場合は、ゆがみが正しく補正されず、レイアウトが不自然になることがあります。

  7. 修正したイメージデータを保存します。
    • 原稿をスキャンした直後にイメージデータを修正した場合

      [保存して終了]ボタンをクリックします。

    • ScanSnap Homeで管理しているイメージデータを修正した場合

      1. [編集を終了]ボタンをクリックします。

      2. ビューア画面の「ファイル」タブをクリックして、ファイルメニューから「上書き保存」または「タイトルを付けて保存」を選択します。

    ヒント
    • イメージデータを保存するときに表示される画面で、「ブック補正用作業データを削除する」チェックボックスにチェックを付けてからイメージデータを保存すると、作業データが削除されます。イメージデータから作業データを削除すると、補正以外の編集ができるようになります。

      作業データを削除するまで、イメージデータは補正できます。

本のイメージデータのゆがみが補正された状態で保存されます。

Mac OS

重要
  • ポイント・レタッチモードで編集したあとにブック補正モードで修正すると、ポイント・レタッチモードでの修正が無効になります。

    1つのページに対してブック補正を複数回実行する場合は、以下の順序で編集してください。

    1. ブック補正モードブック補正モードでの編集

      • 本のゆがみの補正

      • 見開きページの分割

    2. ポイント・レタッチモードポイント・レタッチモードでの編集

      写り込んだ指の塗りつぶし

  1. ScanSnap Homeの「ScanSnap Home - 補正ビューア」画面を表示します。
    • 原稿をスキャンした直後にイメージデータを修正する場合

      1. 原稿をスキャンします。

        原稿のスキャン方法は、原稿をスキャンするを参照してください。

      2. ScanSnap Homeの「ScanSnap Home-イメージのスキャンとファイル保存」画面で、「見開き原稿(本や雑誌)」を選択してから、[イメージを確認/修正する]ボタンをクリックして「ScanSnap Home - 補正ビューア」画面を表示します。

    • ScanSnap Homeで管理しているイメージデータを修正する場合

      1. ScanSnap Homeのメイン画面を表示します。

        DockのLaunchpadをクリックすると表示されるアプリケーションの一覧から、「ScanSnap Home」アイコンScanSnap Homeのアイコンをクリックしてください。

      2. コンテンツリストビューで、ゆがみを補正するコンテンツを選択します。

      3. キーボードの「control」キーを押しながら、コンテンツをクリックすると表示されるメニューから、「ツール」「補正」を選択して、「ScanSnap Home - 補正ビューア」画面を表示します。

        修正に必要な作業データがイメージデータに付いていない場合は、ポイント・レタッチモードで写り込んだ指の塗りつぶしだけができます。

        ヒント
        • 原稿をスキャンするときに使用したプロファイルの設定で、「管理」の「タイプ」が「Mac (ファイル保存のみ)」に設定されている場合、イメージデータは修正できません。

          原稿をスキャンするときに使用するプロファイルの設定を変更するには、プロファイルの設定を変更するを参照してください。

  2. イメージデータのリストで、ゆがみを補正するイメージデータを選択します。
  3. ブック補正モードをクリックしてから、ブック補正モードをクリックして、本の輪郭を自動検出します。
  4. 本の角と中央の折り目の両端を示すコーナー点をドラッグして、任意の位置に移動します。

    本の表紙および裏表紙の場合は、中央の折り目にあたる輪郭線を、左右の輪郭線に対して平行にしてください。

    本の輪郭がずれている場合は、上下の輪郭線をドラッグして補正します。

    歪み補正モード
    ヒント
    • 本の輪郭が検出されなかった場合は、コーナー点と輪郭線が、画面の全体に表示されます。

      コーナー点と輪郭線を本の輪郭に合わせてください。

      歪み補正モード

      コーナー点と輪郭線は、以下の順序で修正してください。

      1. コーナー点の修正

        以下のどちらかの方法で、コーナー点の位置を修正できます。

        • コーナー点を移動したい位置にマウスカーソルを合わせてダブルクリックする

          マウスカーソルを合わせた位置に、コーナー点が自動的に移動します。

          うまく修正できない場合は、コーナー点をドラッグして移動してください。

        • 移動したい位置までコーナー点をドラッグする

          コーナー点は、以下の順番で修正してください。

          • 本の中央にある折り目の両端

          • 本の角

      2. 輪郭線の修正

        輪郭線をドラッグして、本の輪郭に合わせます。輪郭に合わせにくい場合は、輪郭線を少しずつ調整します。

        コーナー点付近の輪郭線をクリックしてつまんでから、本の輪郭をなぞるようにドラッグ&ドロップを繰り返してください。

  5. [補正実行]ボタンをクリックします。
  6. 補正を適用する対象を確認するメッセージ画面で、[選択しているページ]ボタンをクリックします。

    続けてほかのページのゆがみを補正する場合は、イメージデータのリストでイメージデータを選択して、手順2.~6.を繰り返してください。

    ヒント
    • イメージデータの文字列、線、および図形の水平方向のゆがみが大きい場合は、「フィードオプション」画面の「文字列の歪みを補正します」チェックボックスのチェックを外してください。

      原稿に湾曲した線や図、斜めの線がある場合は、ゆがみが正しく補正されず、レイアウトが不自然になることがあります。

  7. [保存して終了]ボタンをクリックします。
    ヒント
    • 作業データを削除するまで、イメージデータは補正できます。

本のイメージデータのゆがみが補正された状態で保存されます。