定期的なお手入れ

ScanSnapの清掃方法について説明します。

ScanSnap外部の清掃方法

ScanSnap本体

ScanSnapの外部、給紙カバー(原稿台)、ADFカバー、およびスタッカーを定期的に清掃します。

ScanSnapに接続されているケーブルを抜いてから、乾いた布や、少量のクリーナF1または中性洗剤をしみこませた布で清掃します。

重要
  • ScanSnapの使用中は、底面の温度が高くなることがありますが、装置動作や人体への影響はありません。ScanSnapを持ち運ぶ場合は、落とさないように注意してください。

  • シンナーなどの有機溶剤は、決して使用しないでください。変形、変色するおそれがあります。

  • 清掃中に、ScanSnapの内部に水分を入れないでください。

  • クリーナF1を大量に使用すると、なかなか乾かない場合があります。適量を布にしみこませて使用してください。

    また、清掃箇所にクリーナー液が残らないように、柔らかい布でよくふき取ってください。

外部の清掃
タッチパネル

ScanSnapのタッチパネルの表面にほこりやよごれがある場合は、乾いた柔らかい布で定期的に軽くふいて清掃してください。

タッチパネルの表面は傷付きやすいため、硬いものでこすったり、たたいたりしないように、慎重に取り扱ってください。

重要
  • 水分を含んだ布などで、タッチパネルをふかないでください。

    タッチパネルとScanSnap本体の境目に、タッチパネル表面に付着したほこりが固まって入り込み、タッチパネルが誤動作する原因となります。

ScanSnap内部の清掃方法

ScanSnap内部を定期的に清掃します。

原稿のスキャンを繰り返していると、ScanSnap内部に紙粉やほこりがたまり、スキャンするときに不具合が発生する場合があります。

ScanSnap内部は、目安として、原稿を1,000枚スキャンするごとに清掃してください。

ただし、この目安はスキャンする原稿によって変わります。例えば、トナーが十分定着していない原稿の場合、より少ない枚数で清掃が必要となることがあります。

  • ScanSnapを清掃する場合は、ScanSnapの電源をOFFにして、電源ケーブルをコンセントから抜いてください。火災、感電の原因となることがあります。

  • ブレーキローラー、ピックローラーなどの内部の部品は、小さなお子様の手が届く所に置かないでください。けがの原因となることがあります。

  • ScanSnapの使用中は、内部のガラス表面が高温になります。

    内部を清掃する場合は、電源ケーブルをコンセントから抜き、15分以上待ってから清掃してください。

  • エアスプレーおよびアルコールを含むスプレーは使用しないでください。スプレーから噴射される強い空気によって、紙粉やほこりがScanSnap内部に侵入し、故障やScanSnapの異常の原因となることがあります。

    また、静電気によるスパーク(火花)により引火するおそれがあります。

重要
  • ScanSnapの使用中は、底面の温度が高くなることがありますが、装置動作や人体への影響はありません。ScanSnapを持ち運ぶ場合は、落とさないように注意してください。

  • ScanSnap内部を清掃するときは、水や中性洗剤を使用しないでください。

  • クリーナF1を大量に使用すると、なかなか乾かない場合があります。適量を布にしみこませて使用してください。

    また、清掃箇所にクリーナー液が残らないように、柔らかい布でよくふき取ってください。

  1. ScanSnapの電源ケーブルをコンセントから抜きます。
  2. 給紙カバー(原稿台)に原稿がある場合は、原稿を取り除きます。
  3. 名刺・レシートガイドを取り付けている場合は、以下の動画を参照し、名刺・レシートガイドを取り外します。
  4. 以下の動画を参照し、少量のクリーナF1をしみこませた布でScanSnapの内部を清掃します。
  5. フィードローラーと排出ローラーは、ScanSnapの電源をONにして清掃します。
    1. ScanSnapの電源ケーブルをコンセントに接続します。
    2. タッチパネルのホーム画面の設定を押して、「設定」画面を表示します。
    3. メンテナンスを押して、「メンテナンス」画面を表示します。
    4. 「ローラークリーニング」を押して、「ローラークリーニング」画面を表示します。
    5. [実行]ボタンを押し続けて、フィードローラーと排出ローラーを回転させます。
      ヒント
      • [実行]ボタンから指を離すと、フィードローラーと排出ローラーの回転が止まります。

    6. 以下の動画を参照し、少量のクリーナF1をしみこませた布でフィードローラーと排出ローラーを清掃します。