• Facebookでこの記事をシェアする

ソリューション

Webサイト上で提供されているOCRの機能!無料のOCRサービスでできることできないことを詳しく解説

2020.4.24

インターネット回線も4Gから5Gに変わりつつあり、社会はさまざまなインターネットサービスやITツールであふれています。

そのような中、進化を遂げ、注目を浴びているツールの1つにOCRがあります。近年のOCRは、AIが搭載され手書き文字認識できるよう進化しており、RPAなどと連携することによって、自動化による入力作業効率の向上に大きな役割を持っています。

今回は、そんなOCRの中でも、Webサイト上で提供されている無料のOCRについて解説していきます。

Webサイト上の無料OCRとは

近年では、専門のメーカーから販売されているOCR以外にも、Webサイト上で利用できる無料のOCRが多く提供されており、そのOCRは「クラウドサービス型」とも呼ばれます。では、「クラウドサービス型」のOCRとはどのようなものなのでしょうか。

「クラウドサービス型」のOCRは、インターネット上だけでサービスを展開しているものです。いちいちパソコンにインストールする必要がないため、手間が掛からず、手軽にOCRを利用できるようになっています。

その一方で、インターネット上で利用するため、専門のメーカーから販売されているOCRのようにカスタマイズなどをすることは難しいのが特徴です。

Webサイト上の無料OCRでできること

次に、Webサイト上で提供されている無料のOCRでできることを詳しくみていきましょう。

画像内の文字の読み込み

Webサイト上で提供されている無料のOCRでも、専門のメーカーから販売されているOCRと同じように、画像内の文字の読み込みが可能です。

PDF内の文字の読み込み

また、PDFの中に記載されている文字を読み込むことも可能です。

文字の認識率は専門のメーカーから販売されているものと比べて劣りますが、ある程度の精度で文字認識することができます。

Webサイト上の無料OCRでできないこと

手書き文字の認識

Webサイト上の無料で提供されているOCRの機能は、あくまでもサブ機能としてのものが多いため、高い文字認識率は期待できないと考えるべきでしょう。また、活字の認識には対応していますが、手書き文字には対応していないものが多いです。中には手書き文字に対応している無料のOCRもありますが、やはり認識精度は低いといえるでしょう。

高い文字認識率を求めるのであれば、OCRなどを中心に販売している専門のメーカーから提供されているものを利用するべきです。

メーカーから販売されているOCRの中には、認識率90%以上を誇るものも多数あります。

高品質のOCRならメーカーのものがおすすめ

ここでは、専門のメーカーから販売されているOCRを利用するメリットを、詳しくみていきましょう。

文字の認識精度が高い

先述したとおりWebサイト上の無料で提供されているOCR機能でも、ある程度の精度で文字を読み取ることができますが、認識精度の高さは専門のメーカーから販売されているOCRと比べて劣るといえます。

特に、手書き文字の認識を高い精度で行いたい場合は、専門のメーカーから販売されているOCRを利用する必要があります。

専門のメーカーから販売されているOCRの中には、AIが搭載されたOCRもあり、ディープラーニングによって認識精度が飛躍的に向上しています。パターンをいくつか読み込んでいく中で、OCRとしての精度も高まっていくのが特徴です。

チューニングができる

専門のメーカーから販売されているOCRは、さまざまな仕組みでチューニングをすることができ、認識率をさらに向上させることができます。

業務システムとの連携ができる

専門のメーカーから販売されているOCRは業務システムとの連携が可能となっているため、OCRの機能を活かして業務の効率化を実現できます。

今後訪れる人材不足という課題の対策の一つとして、OCRを利用した生産性向上をご検討ください。

まとめ

今回は、Webサイト上で提供されている無料のOCRの機能についてご紹介しました。

無料のOCRでも、ある程度の精度で文字認識をすることが可能ですが、企業として導入する場合は、やはり専門のメーカーから販売されているOCRがおすすめです。手書き文字の認識精度が高いだけでなく、AIが搭載された高性能なOCRもあり、大幅な生産性向上を期待できます。

OCRの導入をご検討中の企業様は、お気軽にPFUへご相談ください。