• Facebookでこの記事をシェアする

ソリューション

画像データをOCRで文字認識するメリットをご紹介

2020.4.8

ペーパーレス化が進み、紙文書を画像データとして保存している企業も多くなってきています。そんな中で注目を浴びているツールとして、OCR(Optical Character Recognition)やRPA(Robotic Process Automation)の存在があります。これまでOCRを利用したことがなかった企業でも、OCRに興味を持つようになったところも多いはずです。

そこで今回は、画像データをOCRで文字認識するメリットをご紹介していきます。

画像データをOCRで文字認識するメリット

OCRとRPAなどの他のツールと連携することによって、データ入力作業の自動化を実現できます。

OCRの機能である「文字認識」では、画像データを認識し、テキストデータ化することができます。さらに、近年注目を浴びているRPAツールと連携することによって、RPAだけでは実現できないアナログデータの読み込み、データ入力の流れを自動化させることが可能です。

RPAは、ツールに依存せずに作業を自動化する機能を持っています。そこにOCRが加わることにより、OCRがFAXデータや紙媒体のデータを読み込み、テキストデータ化し、RPAによってシステムに入力させるということが実現できます。人が入力するという作業がなくなるため、とくにデータ入力作業が多い企業においては、作業効率の向上につながるでしょう。

文字認識の精度を上げるポイント

次に、文字認識の精度を上げるポイントについてみていきましょう。

薄い紙の場合は裏移りの対策をする

伝票などの薄い紙では、裏に記載されている文字が移りこみ、裏移りしてしまうことがあります。
媒体を読み込ませるときには、後ろに黒い用紙を当てるなどの対策をすることで、裏移りを軽減させることができるでしょう。

画像を鮮明にする

画像データになっているものをOCRに文字認識させるためには、画像をより鮮明にする必要があります。画像のコントラストを強調したり、高い解像度にしたりするなどの工夫をしてみましょう。

また、データがカラーの場合には、白黒でスキャンさせることにより認識率を上げられる可能性があります。

OCRで文字認識できるものの例

次に、OCRを利用して文字認識できるものにはどのようなものがあるのか、一例をみていきましょう。

名刺

OCRで文字認識できるものの一つに、名刺があります。名刺はデータ化されていない紙媒体であることがほとんどで、データ化する場合には入力する手間がかかります。

しかし、OCRで文字認識することによって、名刺に記載されている名前や住所などを読み込み、データ化することが可能です。

名刺が多すぎて、管理が大変だという場合には、OCRを利用してデータ化することでパソコンを利用して検索することも可能になります。

見積書や請求書

OCRを利用して、見積書や請求書を文字認識することも可能です。

見積書や請求書を文字認識することで、そこに記載されている企業名や請求項目、金額などをテキストデータに変換して利用することができます。OCRの導入によって、人によるデータ入力の作業軽減やコスト削減を実現することにつながります。

運転免許証

運転免許証の文字認識も、OCRでは可能となっています。

名前や住所などの情報を運転免許証の内容から読み取り、業務システムへの入力データを作成できます。

領収書やレシート

領収書やレシートなども、OCRで文字認識することができます。

精算処理などを多く行う企業においてはとくに、領収書やレシートの文字認識も業務の効率化につながるでしょう。

OCRは年々進化している

OCRは昔からあるツールですが、年々進化を遂げており、近年ではAI-OCRというものも存在します。ここでは、OCRの進化について詳しく見ていきましょう。

手書き文字認識が可能になった

進化したOCRでは、手書き文字の認識もできるようになっており、従来のOCRでは読み込みが難しかった手書き文字も文字認識でき、手書きの請求書などにも対応できるようになっています。

AIが導入された

OCRにAIが導入されたことで、学習機能がつき、ディープラーニングによってこれまで認識できなかった文字をパターン化して認識できるようになっています。

今では、「こんな文字も?」と思う文字も認識できるように技術は進んでいます。

まとめ

OCRでは、さまざまなものを文字認識できるようになっており、認識率も従来のOCRとは比べ物にならないほど向上しています。

近年では、OCR単体として利用するだけではなく、RPAなどのツールと連携することによって、これまで実現できなかった作業の自動化も可能となっており、これからの社会でさらに注目を浴びていくことになるでしょう。