1. Happy Hacking Keyboard > 
  2. 20th Anniversary

Happy Hacking Keyboard 20th Anniversary Happy Hacking Keyboard 20th Anniversary

2011/2016 さらなる高みへ 2011/2016 さらなる高みへ

新たな方向に磨きをかけた2モデル


現在も「HHKB」は、タイピングの質を極めるための探求を続けています。シリーズの中核は2006年3月発売の『HHKB Professional2』(USB2.0対応HUB搭載)。そして、この製品をベースにしながら二つの方向に磨きをかけたモデルが今、大きな注目を集めています。
『HHKB Professional Type-S』と『HHKB Professional BT』です。


2011年6月発売の『HHKB Professional Type-S』は、静電容量無接点方式のキー内部設計を一新して高速タイピング性(Speedy)と静粛性(Silent)を向上させた意欲的な製品です。キーストロークを従来の4.0mmから3.8mmに調整し、駆動部の噛み合わせをタイトにすることで、従来よりも高速の、また打ち損じもより少ないタイピングを可能にしています。さらに、キー内部に緩衝材を取り入れることで打鍵音を30%低減(当社規定の測定方法によります)。タイピングの心地よさに軽快さも加わった『HHKB Professional Type-S』は、速さを追求するプロのニーズに応えます。


そして2016年4月発売の『HHKB Professional BT』では、「HHKB」がついにワイヤレス化(Bluetooth Ver3.0に対応)を果たしました。入手しやすい乾電池による駆動方式を採用し、給電専用USBコネクターも装備しているため、気兼ねなくワイヤレスで操作できます。またパソコンのみならず、タブレット、スマートフォン、ノートパソコンなど最大4台の機器での利用が可能。「HHKB」を「いつでもどこでも」使いこなせる、ユーザー待望のモデルです。



HHKB Professional Type-S HHKB Professional Type-S

キー内部構造を新しく設計し、高速タイピング性と静粛性を向上させた『HHKB Professional Type-S』。カラーは白のみの展開。



HHKB Professional BT HHKB Professional BT

ワイヤレスの『HHKB Professional BT』。ブースターをイメージさせる背面の電池ボックス(単3乾電池2本収納)が外見のアクセントにもなっている。カラーは墨のみの展開。




本質はいつまでも変わらない


上記の2モデルで新しい方向性を示した「HHKB」は今後、どのように進化していくのでしょうか。その答えは、実は最初からきまっています。「HHKB」が目指すのは、プロの要求に応える上質のタイピングの実現という、ただ一点です。20年前に和田英一氏が示した哲学とアイデアは今も「HHKB」の根幹です。たとえば高速タイピング性を実現しようとするとき、「キータッチを多少犠牲にしてでも高速化しよう」とは、PFUの技術者は決して考えません。心地よいキータッチこそが「HHKB」の本質の一つだからです。逆に、プロのためのキー配列と上質なキータッチという本質、あるいは根幹が確立されているからこそ、タイピングの高速化やワイヤレス化への対応といった挑戦が可能であるともいえます。いちばん大切なのは「変わらない本質」です。


「HHKB」はプロフェッショナルと、タイピングの質に意識的なユーザーのために存在するキーボードです。最適な配列で並ぶ必要最小限のキーのように、これからも本質だけをどこまでも追い求めていきます。どうぞ末永く「HHKB」を、「カウボーイにとっての馬の鞍」のように愛し、使いこなしてくださいますように。



東京大学名誉教授・和田英一氏




東京大学名誉教授・和田英一氏。
愛用の「HHKB」とともに。


 TOP  前へ  1  2  3  4  5  6  7  次へ 


HHKB HISTORY ~HHKB 20年の軌跡~

  • Bluetoothは、Bluetooth SIG,Inc.の登録商標です。
  • Windows、Windows Vista、Windows®7 は米国Microsoft Corporationの米国 および その他の国における登録商標です。
  • Mac、Mac OSは、Apple Inc.の商標です。
  • その他記載されている製品などの固有名詞は、各社の商標 または 登録商標です。