1. ホーム > 
  2. e-文書ソリューション

帳簿書類電子化などのe-文書法対応ならPFUにご相談ください!

帳簿書類電子化などのe-文書法対応ならPFUにご相談ください!

帳簿書類電子化を支援するPFUのe-文書ソリューション

PFU e-文書ソリューションは、e-文書法(電子帳簿保存法)に対応し、国税関係書類の電子化と大幅な業務効率化を実現します。


既存業務システムに手を加えずに対応

e-文書法に対応した領収書等の管理ソリューションを提供します。電子化したデータの管理機能を既存業務システムに追加。さらに、e-文書法で規定されたシステム要件を満たすことで、紙原本の廃棄を実現します。

PFU e-文書ソリューション

導入のメリット
  • 必要な書類を誰でも簡単に検索して参照
  • 共有による業務効率化
  • 業務の透明性を向上
  • 紙の紛失リスク回避

※:国税関係書類の原本廃棄は、システムや業務規程の作成・運用などの法定要件を満たし所轄税務署への申請と承認が必要となります。


誰でもかんたんにe-文書化

スキャナに書類を載せて1クリックでかんたんにe-文書化ができます。


e-文書化の操作イメージ

詳しくはこちら

お客様の業務で利用できるかプロがすぐに診断

e-文書法とは

e-文書法は2005年4月に施行されましたが、その正式名称は「民間事業者等が行う書面の保存等における情報通信の技術の利用に関する法律」といいます。この法律は、それまで紙文書の保存を前提としていた要件を、この法律の制定をもって電子的に作成した文書の電子データによる保存を許容するとしたものです。

詳しくはこちら


商品概要

PFU社内での業務実践を凝縮し、e-文書対応のシステム導入に必要な「ソフトウェア、保守(タイムスタンプサービス使用権含む)、業務テンプレート、スタートアップ」をパッケージ化した商品です。
誰でも簡単にe-文書化でき、保存した電子文書を伝票番号で一発で検索できます。


「支払業務支援パッケージ」作業の効率化 -「紙」に関する作業をなくす-

経費精算で発生する請求書や領収書をe-文書法に対応した電子化を行い管理します。請求書の貼付作業やファイリング作業など紙を整理する作業をなくすとともに、振込み内容の問合せ・確認に必要な紙を探す作業も大幅に削減することができます。

業務フローを変えずにe-文書対応
商品構成
対象
書類
請求書、領収書
活用
シーン
支払業務、経費精算業務
導入
メリット
  • 経理業務の付帯作業(証憑の問合せ・ファイリング作業)を大幅に削減
  • 証憑(請求書、領収書)の廃棄が可能・保管費用の削減
  • 税務調査、会計監査の効率化

「旅費精算業務支援パッケージ」「紙」受け渡しコスト削減 -紙送付の手間をなくす-

出張旅費精算で発生する領収書をe-文書法に対応した電子化を行い管理します。申請者の領収書を送付する手間を省くだけではなく、領収書の「紙」の受け渡しなしで旅費精算業務を進めることができます。

各拠点で電子化してe-文書対応
商品構成
対象
書類
領収書
活用
シーン
旅費精算業務
導入
メリット
  • 各拠点で領収書をスキャン後、廃棄可能
  • 紙の送付がなくなることで輸送費や発送・受領などの付帯作業削減
  • 紙紛失リスクを低減

「営業業務支援パッケージ」業務の透明性向上 -取り引きの見える化-

営業業務で発生する契約書、注文書、検収書などの営業証憑の電子化を行い管理します。証憑を電子化し共有化することで、業務の透明性をあげると同時に、証憑紛失リスクを軽減します。電子化した画像を見ながら業務を進めることができ、営業業務の効率化を図ることができます。

業務の透明性の向上と効率化を実現
商品構成
対象
書類
契約書、注文書、検収書等
活用
シーン
営業証憑管理業務
導入
メリット
  • 証憑の共有化と検索の効率化により、事務工数を大幅削減
  • 内部監査の効率化による監査側、受け側の作業負担を軽減
  • 相互牽制を実現し、内部統制を強化

お客様の業務で利用できるかプロがすぐに診断