取り組み方針

PFUグループ共通の価値観を示す「Fujitsu Way」では、行動規範の1番目に「人権を尊重します」と掲げています。多様性を受け入れ人権を尊重することは、健全な職場を作り、社員一人ひとりが能力を最大限に発揮するためには不可欠です。

なかでも、ハラスメント行為は人権にかかわる問題であり、社員の尊厳を傷つけ職場環境の悪化を招く、ゆゆしき問題です。PFUグループでは、ハラスメント行為は断じて許さず、すべての社員が互いに尊重し合える、安全で快適な職場環境づくりに取り組んでいます。

推進体制

PFUでは、人事担当役員を責任者として、人事部門内に人権啓発推進事務局を設置しています。グループ各社の担当部門とも連携し、ハラスメント行為を発生させない、許さない企業風土づくりを推進しています。

人権に関する相談・通報の窓口

社員が一人で悩むことが無いよう、PFUグループ全社員からの相談や意見を受け付ける「ハラスメント防止と人権擁護のための相談窓口」を設置し、1つ1つの相談に対応しています。

また、「コンプライアンス・ホットライン」では、人権侵害を含むコンプライアンス違反行為に関する通報、相談を受け付けています。

人権に関する啓発活動・教育

PFUグループでは、法務省の定める「人権週間」(毎年12月)までの1か月間を「人権について考える月間」とし、人権に関する意識を高めるための様々な取り組みを行っています。

また、役員・幹部社員に対するコンプライアンス教育や入社・昇格時に対象者全員が受講する人権研修をはじめ、全社員を対象としたeラーニングを実施しています。