技術文書のナレッジ活用

知識の資産化と検索性向上で新たな価値を創出!

設計・開発・品証

組織が成長し続けるための新たな価値創出には、組織内で知識の資産化と共有が必要です。しかし、紙の保管文書やファイルサーバー内の膨大なデータから必要な情報を探し出すには時間を要します。紙文書の電子化と高速な横断検索で、蓄積された情報の利活用を図りませんか。

お客様が抱える課題

検索性向上

ファイルサーバーのフォルダ構成が複雑で、必要な情報の所在が分からない

ファイル名だけでは内容が不明なため、都度ファイルを開いて確認している

属人化解消

必要な情報を誰でも探し出せる仕組みが欲しい

情報の在処(ありか)を知っている人が一部のベテラン技術者に限られている

ナレッジ活用

過去の設計資料や品質関連資料等を紙で保管しており、情報を活用できてない

必要な情報が紙文書とファイルサーバーのどちらにあるかわからない

課題解決のご提案

ファイルサーバーに格納されている文書を横断検索し、必要な情報をスピーディーに探し出せるようになります。さらに紙文書はスキャナー+全文OCRで電子化して検索対象に追加することで、蓄積された情報の利活用を実現します。

期待効果

必要な情報を素早く探せるようになり、「見つからない」を解消
紙文書のデジタル化により、文書をどこからでも検索可能
組織内でノウハウを共有し、スキルの均一化を実現