1. ホーム > 
  2. ソリューション&サービス > 
  3. サービスインテグレーション > 
  4. ドキュメントファイリング・e-文書サービス > 
  5. 取引書類 電子化ソリューション

取引書類
電子化ソリューション

~取引と決裁の「ハンコ」と「紙」をやめませんか?~

取引書類 電子化ソリューションとは

「ハンコ・紙」は社内外の様々な業務の効率化を阻害しています。
本ソリューションは「ハンコ・紙」の取引や業務をPFUの豊富なサービス適用を通じて見直すことで、お客様の業務効率化を支援します。

こんなことでお困りではありませんか?

  • ニューノーマルとされるテレワークが浸透しつつあるが、下記の要因が障壁となっている…

    <自由な働き方の阻害要因例>

    • 契約書への押印
    • 郵送で受領した請求書の支払処理
    • 紙の申請書の押印・回送
    • 社内にある紙の閲覧が必要な業務処理
  • 「脱ハンコ」「ペーパーレス化」すれば解決できるのは知っているが、ハンコをやめても問題ないか、本当に紙をなくすことができるのか不安…

取引の電子化業務から「ハンコ」と「紙」はなくせます!

取引先との合意があればハンコのない契約も可能!取引(民法)

取引は民法で「契約の自由」が規定されており、どのように取引するか(エビデンス有無、方式)は自由に決められます。(下請事業者でも合意があればOK)

社内統制ルールの見直しにより電子取引へ移行可能!社内統制

一般的に企業は、社内統制ルールで、取引の合意として取り交わすエビデンスに紙/押印を定めています。つまり、自分たちの紙の授受ルールを廃し、簡単に利用できる電子メールなどの電子取引へ移行できます。

授受したエビデンスは税法により適切に保存する義務がある!法令対応 エビデンス管理

授受したエビデンスは税法で保存が定められています。税法規定期間の保存、検索機能の確保などの要件を満足する記録管理が必要です。
※電帳法の検索要件から、各種取引のエビデンスは一元保管することが望ましい。

牧野総合法律事務所弁護士法人 代表弁護士 牧野 二郎 先生 セミナー動画

『ハンコ?実は必要ありません ~紙とハンコから電子取引へ~』

ニューノーマルとされるテレワーク。しかし今までの「紙」と「ハンコ」業務が大きな障害。
取引には必ず押印された紙が必要とあきらめていませんか?実は自分たちで解決可能です。
本セミナーでは、正しい法令要件の説明、紙取引から簡単な電子取引へ移行する勘どころについて、
e-文書法の取り扱いを研究してきた記録管理に明るい弁護士 牧野二郎氏に解説いただきます。
お客様の情報を入力してご視聴ください。

ソリューションの特長

取引における様々な授受方法に対応し、取引書類を電子でまとめて管理

「電子メール」「電子契約サービス」による授受方法の採用など、押印処理廃止も支援!

業務での利便性と法令要件対応を両立したエビデンス管理を実現!

紙で処理せざるを得ない取引もe-文書法対応ですべての取引書類を電子化!

3つのメニュー

1脱ハンコ for 社外取引

電子メール、電子契約サービス、紙などの様々な取引方法に、法令要件を満たしながら柔軟に対応します。

電子メールなら…

取引先からの注文書、注文請書を電子メールで受領し一元管理

  • 使い慣れた電子メールを活用して、短期間で電子取引へ移行
  • 取引先からメールで受領した注文書をOutlook上から簡単保管
  • メールのヘッダー情報を自動で記録し、民事訴訟に備えて証拠力UP

電子契約なら…

電子契約サービスを使って締結した契約書を一元管理

  • 電子契約により、印紙代と郵送代が不要に
  • 紙とハンコの付帯作業をなくすことで、事務所への出社が不要になり、常時在宅勤務可能
  • 電子契約サービス(DocuSign)で締結した契約書を自動保管するため、利用者への負担なし

紙なら…

紙で受領した請求書をスキャナーで電子化し、エビデンスを一元管理

  • 電子取引移行後も残る紙は、電帳法スキャナ保存により電子化
  • 受領した紙を電子化後は、電子処理が可能となり、業務スピードUPを実現
  • 「規程」「運用管理」の構築、国税への申請まで、お客様の電帳法スキャナ保存対応をサポート

2脱ハンコ for 社内決裁

申請から承認までの社内決裁を電子ワークフロー化し、業務をスピードUPします。

  • 業務を電子ワークフロー化することで自宅から承認でき、押印目的の出社が不要に
  • ワークフロー申請時の入力チェック機能により申請ミスが無くなり、本業へ集中できる
  • 自宅や外出先からオンラインですぐに承認ができるため、業務スピードUPと残業を削減

3ペーパーレス for オフィス文書

500部署以上に適用実績を持つ文書仕分け手法と、専用ツールでペーパーレス化を支援します。

  • 当社の社内実践(紙文書92%減)の手法で仕分を支援し、短期間でペーパーレス化を実現
  • 電子化した紙文書をファイルサーバや文書管理システムに保存するため、自宅からも閲覧・検索が可能
  • 利用規模に応じて大小2つの保管ツールから選択でき、すぐにペーパーレス化の着手が可能

関連サービス・ソリューション

お問い合わせ