1. ホーム > 
  2. 事例/技術情報 > 
  3. 事例 > 
  4. 既存DITAコンテンツのWebマニュアルへの展開

既存DITAコンテンツのWebマニュアルへの展開

効率化 使いやすさ

お客様が保有しているDITAコンテンツを活用し、Webマニュアルを出力できるスタイルシート(DITA-OT(注1)プラグイン)を効率よく開発します。お客様の要望を踏まえ、テクニカルコミュニケーション技術を活用して、最適なWebマニュアルのデザインと機能を企画、提案します。

(注1) DITA Open Toolkit。DITAコンテンツを1つの文書(PDFやHTMLなど)として出力するためのオープンソースの変換システム。

課題

実現

特長

画面デザインはオーダーメイド

お客様と密にコミュニケーションを取りながらニーズを把握し、かつ、TC技術の観点から使いやすいWebマニュアルの画面デザインを企画・提案します。

サンプルをもとに詳細な要件を抽出

デザイン確定後にサンプルを作成し、上流工程で、細部の表示や動作に関する要件まで抽出します。

効果

理想のWebマニュアルを作成

漠然としているイメージを、段階的に確認しながら、徐々に具現化し、理想のWebマニュアルを作成できます。

使いやすいWebマニュアルに

サンプルにより、操作感の確認と確認結果のフィードバックが行えるため、使いやすいWebマニュアルにできます。

効率的に開発

上流工程において詳細な要件を抽出するため、後工程での手戻りや追加作業を抑え、効率的に開発ができます。

提供サービス


マニュアル制作に関するお問い合わせ・ご相談