• Facebookでこの記事をシェアする

ソリューション

OCRのフリーソフトを使うメリット

2020.4.24

近年は、働き方改革によりペーパーレス化が進んでいます。しかし、取引業者やお客様とのやり取りにはまだ紙伝票を使わざるを得ないシーンが多いと思います。紙伝票を取り扱う業務をデジタル化するにはOCRソフトの活用がおすすめです。

OCRはどのようなもの?

最近良く耳にするOCR。OCRを取り入れている人が増えていますが、一体どのような機能があるのかをご紹介します。

画像内にある文字を認識できる

OCRは、伝票や書類などをイメージスキャナで取り込み、取り込んだ画像データから画像や文字がどのように並んでいるのかを解析して文字認識します。認識した文字はCSV形式などのテキストデータとして取り出すことができます。

書類・伝票を仕分けることができる

スキャナーの添付ソフトで書類を仕分ける機能を提供していることがあります。仕分けるには書類・伝票の文字を認識して行われています。この仕分け機能を利用すると、取引業者ごとのフォルダにスキャンしたイメージファイルを格納したり、伝票種別ごとにフォルダを分けたりすることができます。

OCRのメリット

OCRソフトは業務のペーパーレス化、電子化など様々なメリットを生み出します。これから活用したいと思う方はぜひ参考にしてみてください。

入力ミスを防げる

紙の文書を見ながらパソコンに人の手で打ち込みをすると、間違えが起こることが多いのも事実。時間がかかるうえに、入力ミスも起こることがあります。

しかし、OCRを使えば正確な文字認識と入力で、打ち間違いを減らせますし、時間も短縮できます。

様々なフォーマットに対応する

請求書や納品書、発注書などの異なるフォーマットの帳票でも必要な項目を自動的に見つけることができます。項目の位置を見つけ出す必要がないので、入力業務の効率が上がります。

OCRフリーソフトのメリット

OCRのフリーソフトを使うメリットは、気軽に試すことができる点です。ファイルをアップロードするクラウドタイプやパソコンへのインストールタイプなどがあり、フリーで提供されているものや評価版として期間限定で利用できるものがあります。

業務の効率化を考えている状況であれば、まずはフリーソフトや評価版を活用し、実際の業務で効果が見込めるかを調査することをおすすめします。

文字認識率の確認よりも、業務プロセスが改善できることを優先して確認することが重要です。その後で、OCRの認識精度がより高いものが必要であれば有償版を検討し、業務効率向上を高めていけばよいでしょう。

OCRのお試しであれば、ぜひPFUのDynaEye 10無償評価版をご利用ください。

まとめ

PFUの商品であるDynaEye 10は、調査票などの書類の入力、アンケートをまとめる、窓口でのOCR入力、資料請求はがきなど、利用シーンに合わせて幅広く使用できるのでおすすめです。業務で扱う帳簿にも多種類のフォーマットがあり、業務の種類に合わせて選べるのが便利です。また、手書きの文字を正確に読み取るAIの機能により、事務作業が簡単に行えるのも魅力的でしょう。ぜひ導入をご検討ください。