1. ホーム > 
  2. セキュリティ > 
  3. ネットワークセキュリティを強化する iNetSec

セキュリティ対策アプライアンス
「iNetSec SF」
iNetSec SFの基本機能

IT機器の検知・不正接続
の防止に加えて、
運用・管理を効率化する機能も充実

基本機能 Basic Function

特長1

社内ネットワークにつながる
様々な端末を見える化できる。

ネットワークに接続されたIT機器を検知・識別

すべての機器をエージェントレスで検知し、自動的に機器種別(デバイスの種類やOSなど)を判定

ネットワークに接続されたすべてのIT機器を検知することができます。 さらに、検知したIT機器の機器種別(PC、プリンター、ルータ/スイッチ、携帯端末など)を自動的に識別※。それぞれのIT機器にソフトウェアをインストールする必要のないエージェントレス設計のため、ルーター/スイッチやプリンタなどエージェントをインストールできないIT機器の情報も収集できます。

※自動識別機能は、全ての機器の識別を保証するものではありません。PFUより提供する機器識別辞書を更新することにより、識別機器が拡充されます。

POINT

辞書提供で新しいIT機器にも随時対応

機器識別辞書の更新サービスにより、新しいIT機器の識別にも対応できます。次々と発売される新しいIT機器を手動で登録する必要がなく、管理者の運用負荷を削減できます。

特長2

接続が許可されていない
不正な端末を遮断

未承認端末をネットワークから遮断

接続を許可していない機器の不正な接続を防止します。
IPv6によるアクセスも検知・遮断できます。

接続を許可していない社員の持ち込み機器や、他のセキュリティ製品で「リスクがある」と判断された機器をネットワークから遮断し、管理者に通知できます。これにより、ウィルスの感染拡大、機密情報の漏えいなど、リスクのある機器に対して迅速な対処が可能です。IPv4に加え、Windows Vista以降で標準的に有効になっているIPv6通信にも対応しています。利用者が気づかずに有効になっているIPv6通信によるネットワークへの接続を防止し、情報漏えいやウィルスの感染拡大を防ぎます。

特長3

端末申請・承認の自動化などで、
社内の端末を手軽に管理できる。

検知されたIT機器を効率的に管理

管理者の作業負担を軽減する多彩な機能

検知された端末の申請や許可、複数拠点の管理も簡単に実施する事が可能です。

さらに、お客様の運用負荷を
軽減する機能も充実

①ダッシュボード機能

ネットワーク利用の申請を行っている機器やネットワークに長期間未接続の機器など、IT管理者が把握すべき機器情報のあらゆる面をリアルタイムかつ一元的に把握することができます。

②レポーティング機能

機器種別ごとの機器台数の変化を見える化し、レポート形式で確認できます。また、サポート切れOSの数や社内ネットワークに接続されている機器の数など、出力されたレポートをそのまま社内の月次報告書に利用でき、資料作成時間を削減することができます。

③スイッチポート特定機能

20年近くネットワークに関する開発を手掛けてきた当社の技術を集約した、「エッジ・アナライズテクノロジー」搭載のスイッチポート特定機能を利用することで、さまざまなメーカーのスイッチに対して、どのポートに機器が接続されているかを把握することができます。

④ランダム化されたMACアドレス対応

Wi-Fiネットワークへの接続時に、デフォルトでランダムなMACアドレスを使用して接続するスマートフォンが増えています。iNetSec SFなら、ランダム化されたMACアドレスを使用して接続した機器を把握し、遮断することができます。さらに、ランダムMACアドレス端末ユーザーへのアラートメッセージをカスタマイズして、機器固有のMACアドレス(グローバルアドレス)での接続を促すことが可能です。

⑤機器種別やOS 種別に応じて
ポリシー設定

PC・スマートデバイス・複合機・IoT機器など社内ネットワークに接続しているすべての「IT機器」、「PCのOSのバージョン」を自動で判定。iNetSec SFが識別した機器種別やOS種別に応じて、機器にポリシーを自動設定できます。例えば、「携帯端末」を自動的に遮断したり、Windows 7などの古いOSを自動的に遮断できます。

⑥運用グループ(セグメントグループ)別に
管理者・ポリシーを設定可能

運用グループを切り分けて、管理者・ポリシーを設定可能。例えば、オフィスでは管理していない端末が接続されたら「遮断」、工場では管理していない端末が接続されても一旦「監視」して、端末をチェックして手動で遮断対象にする、のように運用グループごとのポリシー設定が可能です。 さらに、工場で許可された端末をオフィスでつなごうとしても接続できないなど、アクセス制御も運用グループごとに設定できます。現場ごとに柔軟に運用する管理体制にすることで、本部の管理者に負担をかけません。

iNetSec SF 無料トライアル

2週間、iNetSec SF 510(オンプレミス版・クラウド版)
を無料で貸出しいたします。

※製品購入後のお問い合わせは、お手数ですがサポート問い合わせ窓口からお願いいたします。

サポート・技術情報

製品をお買い上げいただいたお客様に、
本製品をご活用いただくための様々な情報をご提供いたします。