ScanSnap

ScanSnap Home(Windows) 更新履歴

ScanSnap Home(Windows)は、機能の追加、使いやすさの改善および不具合の修正を定期的に行っており、今後も継続して新しいバージョンをリリースしていきます。
今後の対応予定をご覧ください。

2019年

9月12日  ScanSnap Home(Windows) 1.4.0 をリリースしました

1.3.1 → 1.4.0 の変更点

  • 名刺およびレシート情報の誤認識をプレビュー画像で囲って再認識させる機能を追加しました。
  • 複数ページのプレビュー画像をメイン画面で確認できる機能を追加しました。
  • 「ScanSnap Manager - 読み取り設定」をScanSnap Homeに引き継ぐ機能を追加しました。
  • ヘルプマニュアルで目的の情報を見つけ出しやすくなるようにヘルプメニューおよびコンテンツを改善しました。
  • クラウドサービスの連携設定の操作性を改善しました。
  • タスクトレイにおいて、プロファイルの追加・編集の操作性を改善しました。
  • エクスプローラーでファイル削除した場合に、ScanSnap Homeで管理しているコンテンツも削除できるよう改善しました。
  • スキャン後の操作待ち時間を短縮しました。
  • スキャン画面が起動してすぐに操作できるように改善しました。
  • サポート問合せの操作性を改善しました。
  • ScanSnap iX500において、2バイト言語を含んだSSIDに対して無線設定できない不具合を修正しました。
  • ユーザー切り替えした場合、タッチパネル上の他のユーザーのScanボタンがグレーアウトしない場合がある不具合を修正しました。
  • 自動電源OFFしない設定でもスキャナーの電源がOFFになる不具合を修正しました。
  • テキスト認識中にコンテンツを変名すると、元のタイトルに戻る不具合を修正しました。
  • ScanSnap Homeで管理しない、かつ、アプリケーション連携する場合、指定したフォルダにイメージデータが保存されない不具合を修正しました。
  • ScanSnap SDKにおいて、Wi-Fi接続した場合、GetScannerInfoコマンドでシリアル番号を取得できない不具合を修正しました。
  • その他の不具合修正と改善を行いました。
9月12日  ScanSnap Home ダウンロードインストーラー 1.4.0 をリリースしました

1.3.1 → 1.4.0 の変更点

  • インストール時に表示されるエラーメッセージから、ScanSnapヘルプの「困ったときには」の記事を参照できるようにしました。
  • その他の不具合修正と改善を行いました。
7月30日  ScanSnap Home(Windows) 1.3.1 をリリースしました

1.3.0 → 1.3.1 の変更点

  • 「検索可能なPDFにします」をチェックしてスキャンしたとき、スキャンが正常に完了しない場合がある不具合を修正しました。
7月9日  ScanSnap Home(Windows) 1.3.0 をリリースしました

1.2.1 → 1.3.0 の変更点

  • OSのタスクトレイにプロファイルを切り替える機能を追加しました。
    (ScanSnap iX500/iX100/S1300i/S1100/SV600が対象)
  • スキャンしたデータをScanSnap Homeに残さずに指定した保存先にファイルを保存できるオプションを追加しました。
  • コンテンツのインポート、エクスポート機能を追加しました。
  • プロファイル新規追加時のテンプレートにおいて、一部プロファイルの名前を改善しました。
  • ScanSnapを初回接続したときに定義するデフォルトプロファイルに「フォルダに保存」と「メール送信」を追加しました。
  • コンテンツの一覧画面からドラッグ&ドロップでファイルをエクスポートできるように改善しました。
  • スキャン画面、プロファイル編集画面において、プロファイルの編集・追加・コピー・削除の操作性を改善しました。
  • 片面機(ScanSnap iX100/S1100)において両面設定で名刺を読み取った場合、名刺の表面、裏面を1つのコンテンツとして取り込むように改善しました。
  • ScanSnap Homeと連携するお客様アプリケーションにて、テキスト認識せずに名刺データ、およびレシートデータを読み取ることができない不具合を修正しました。
  • 環境設定画面において、IPアドレスが指定できない場合がある不具合を修正しました。
  • ScanSnap SDKインターフェースの12版に対応しました。
  • ScanSnap SDKが64bitアプリケーションからの読み取りに対応しました。
  • ScanSnap SDKで作成したアプリケーションと連携する場合、ScanSnapおよびScanSnap Homeからの読み取りを制限する機能を追加しました。
  • ScanSnap SDKで作成したアプリケーションと連携する場合、ScanSnapのタッチパネルに指定のプロファイルのみを表示する機能を追加しました。(ScanSnap iX1500のみ)
  • ScanSnap SDKで作成したアプリケーションから名刺を読み取る場合、OCRを無効化できない不具合を修正しました。
  • その他の不具合修正と改善を行いました。
5月16日  ScanSnap Home(Windows) 1.2.1 をリリースしました

1.2.0 → 1.2.1 の変更点

  • 軽微な不具合を修正しました。
4月24日  ScanSnap Home(Windows) 1.2.0 をリリースしました

1.1.0 → 1.2.0 の変更点

  • プロファイルをインポート、エクスポートする機能を追加しました。
  • スキャン後に検索可能なPDFに変換する機能を追加しました。
  • 「確認して保存」画面のコンテンツのタイトル名および保存先に履歴を表示し選択できるように改善しました。
  • 新元号に対応しました。
  • プロキシ環境下でファームアップデートが実施できない不具合を修正しました。
  • iX1500利用時にScanSnap Cloudに接続できない場合がある不具合を修正しました。
  • プロファイルの設定値が意図せず変更される場合がある不具合を修正しました。
  • 連携アプリケーションのプロファイルでスキャンしてエラーが発生した場合、「保存先フォルダの作成に失敗しました。」のメッセージが表示される不具合を修正しました。
  • その他の不具合修正と改善を行いました。
2月26日  ScanSnap Home(Windows) 1.1.0 をリリースしました

1.0.30 → 1.1.0 の変更点

  • ライセンス認証時に上限となった場合に再認証できるよう改善しました。
  • クラウドプロファイルで保存先サービスを再選択した場合に、保存先サービスの認証画面が表示されない場合がある不具合を修正しました。
  • その他の不具合修正と改善を行いました。

2018年

12月20日  ScanSnap Home(Windows) 1.0.30 をリリースしました

1.0.20 → 1.0.30 の変更点

  • ScanSnap Organizerからのデータ移行で、PDFのキーワードをメモに移行するよう修正しました。
  • 大量のタグが登録されている場合にScanSnap Homeが起動できない場合がある不具合を修正しました。
  • スキャン完了の通知をクリックしてScanSnap Homeを起動した場合にエラーが表示される場合がある不具合を修正しました。
  • Webブラウザの設定によっては名刺の住所から地図情報を正しく表示できない場合がある不具合を修正しました。
  • 名刺およびレシートの修正時に、記号が含まれた場合や修正前の文字列に戻した場合などメタ情報の修正アシスト機能が正常に動作しない場合がある不具合を修正しました。
  • その他の不具合修正と改善を行いました。
11月22日  ScanSnap Home(Windows) 1.0.20 をリリースしました

1.0.16 → 1.0.20 の変更点

  • e-文書モードの場合にキャリアシート設定画面で選択した「保存するイメージのサイズ」が有効にならない不具合を修正しました。
  • CardMinder V4.1のデータ移行に対応しました。
  • プロキシ認証環境での初回装置セットアップで接続エラーが発生する場合がある不具合を修正しました。
  • レシート情報の金額、税額が正しく表示されない場合がある不具合を修正しました。
  • 欧州の一部の国/地域において、名刺およびレシートの認識ができない不具合を修正しました。
  • ScanSnap SDKインターフェースの11版に対応しました。
  • その他の不具合修正と改善を行いました。