富士通

インボイス制度2023年10月~施行開始紙で受領したインボイスの管理はスキャナーで効率化!

2023年(令和5年)10月1日から、消費税のインボイス制度が開始されます。
適格請求書(通称インボイス)の保存が仕入税額控除の要件となります。

今後、ITツール(会計ソフト・受発注ソフトなど)による
業務効率化がますます重要視されると同時に、
スキャナーの活用により、煩雑になる経理業務を、大きく効率化できます。

\インボイス制度について税理士が解説!/

無料で今すぐ動画を見る

インボイスとは?

  • 「適格請求書(インボイス)」とは、売手が買手に対して、正確な適用税率や消費税額等を伝える所定の記載要件を満たした書類のこと。
  • 買手は、仕入税額控除の適用のため、原則として売手から交付を受けたインボイス(適格請求書)を保存する必要があります。

インボイス運用での
紙処理課題とは?

ITツールの導入により、電子データで受領するインボイスが多くなり、取引は効率化されても、
紙のインボイス(適格請求書)のやり取りが、すぐに無くなるとは限りません。
インボイス制度にスムーズに対応するためには、紙書類の取り扱いも効率化することが重要です。

紙処理の課題
  1. 課題

    1

    経理業務が非効率
    インボイスの保管が、取引先や取引によって電子データと紙で分かれてしまい、管理が煩雑に!原本情報の検索も非効率

    経理業務が非効率

  2. 課題

    2

    事務所への出社がなくならない
    せっかく、ITツールを導入しても、紙書類の閲覧が必要な場合は、全員事務所に出社。

    事務所への出社がなくならない

  3. 課題

    3

    紙の原本保管はなくならない
    電子取引データ保管のために、改正電帳法対応のシステムを導入しても、紙で受領したインボイスは、原本保管が必要

    紙の原本保管はなくならない

ITツールとスキャナーで、DXを推進

電子データで受領したインボイスと紙で受領したインボイスの両方に対応した
ITツール(会計ソフト、受発注システム、等)を導入すれば、
紙で受理したインボイスの処理を大幅に効率化できます!

電子データで受領したインボイスは、ITツールでそのまま管理。紙で受領したインボイスは、スキャナーで電子化することで処理を効率化できます。

※1:電子帳簿保存法スキャナ保存制度のこと。

  1. POINT 1

    経理業務を効率化

    経理業務を効率化
    紙を探さなくても、キーワードでファイル検索してすぐにPDFで参照できます
  2. POINT 2

    テレワーク推進

    テレワーク推進
    出社しなくても、在宅・社外から処理が可能!社員の負担を軽減できます。
  3. さらに、電帳法スキャナ保存対応なら

    POINT 3

    紙の廃棄が可能に

    紙の廃棄が可能に
    ファイリングの手間紙の保管コスト・スペースを削減。紛失リスクも低減します。

改正電帳法の詳細はこちら

手間のかかる事務作業から解放します

セミナー動画を見る

  1. インボイス制度の詳細解説!

  2. インボイス制度と改正電帳法の対応を解説!

インボイス制度・電帳法スキャナ保存に対応の パートナーソリューション

インボイス制度への対応・データ管理機能等の詳細は各ソリューション毎に異なります。
詳細については各社にお問い合わせください。

  • バクラク請求書
    バクラク電子帳簿保存
    バクラク申請・経費精算
    ScanSnapと連携し、スキャンした請求書や領収書を取り込むだけで、OCR解析し、取引情報の自動作成、支払データの作成まで完了します。従来の業務と比較し、80%程度の業務効率化の実現が可能です。
    サービス紹介
  • 奉行クラウド®
    「奉行クラウド」では、インボイス、改正電帳法への対応はもちろん、業務の精度と生産性の向上により、バックオフィスからDXを実現致します。
    サービス紹介
  • freee経理
    freee経理は、債券入金/債務支払から資産の管理まで、経理業務DXを実現。
    インボイス(適格請求書)の発行・受領時の管理、記帳を効率化します。
    サービス紹介
  • invox受取請求書
    invox発行請求書
    invox電子帳簿保存
    invoxは、請求書をメールや電子インボイスで受領時は自動取り込み、紙で受領の際はスキャンするだけで、どんな形式の請求書でも、99.9%正確にデータ化。支払いや計上処理を自動化するクラウドサービスです。
    サービス紹介
  • 財務大将・販売大将
    会計大将・事務所管理
    MJSの企業・会計事務所向けのシステムはインボイス制度に対応。業務効率化を目指した電子インボイスの運用、業務のデジタル化推進などMJSならトータルで提案・サポートできます
    サービス紹介
  • PCAクラウド
    PCA Hub eDOC
    PCAクラウドはインボイス制度・電子インボイスに対応。企業の経理・販売管理DX化を支援。また、PCA HUB eDOCにより、電帳法対応(スキャナ保存・電子取引)に必要な各機能にも対応。
    サービス紹介
  • スマート大臣〈証憑保管〉
    電子取引での電子データや、スキャンした証憑をクラウドへアップロードし、改正電帳法対応を実現!
    AI-OCRオプションで高速一括処理します!
    サービス紹介
  • FXシリーズ「証憑保存機能」
    FXシリーズは改正電子帳簿保存法における電子取引・スキャナ保存に完全対応。
    また、インボイス制度に併せて導入される電子インボイスの受領・保存を簡単に行える機能を搭載する予定です。
    サービス紹介

アルファベット順

2022年度IT導入補助金はハードウェアも対象です!

「デジタル化基盤導入枠(デジタル化基盤導入類型)」は、インボイス対応も見据えた企業間取引のデジタル化を
推進することを目的としています。補助対象となるITツール(会計ソフト・受発注ソフト・決済ソフト・ECソフト)と
あわせてスキャナーを導入する場合、スキャナーも補助を受けられます。

導入例

対象ソフトウェア
  • 会計ソフト
  • 決済ソフト
  • 受発注ソフト
  • ECソフト

ハードウェア購入費
  • PC・タブレット・プリンター・
    スキャナー、およびそれらの複合機

IT導入補助金に関する詳細情報、および最新情報は、
「IT導入補助金(サービス等生産性向上IT導入支援事業)」のポータルサイトをご参照ください。

「IT導入補助金」ポータルサイトを見る

fiシリーズ、ScanSnapは全機種
電子帳簿保存法スキャナ保存(e-文書法)に対応

fiシリーズとScanSnapは、電子帳簿保存法で規定されている解像度、階調性、圧縮強度などの画質要件を満たす
e-文書モード」を装備しています。
複雑な操作をすることなく、一括で法的要件を満たす読取設定に切り替えて正しいエビデンスとして保存できますので、
安心してお使いいただけます。

fi series

全機種e-文書法対応

fi series
経理部門での集中入力や会計事務所での大量処理なら
業務用イメージスキャナー fiシリーズ
  • 大量書類を短時間で電子化できる最高140枚/分の高速読み取り
  • 薄い伝票や折れやカールがついた書類も確実に読み取れる給紙機構
  • 大切な書類の破損を防ぐ原稿保護機能
    (一部機種を除く)
製品詳細を見る

3分でfiシリーズがわかる

無料資料ダウンロード

Scan Snap

全機種e-文書法対応

Scan Snap
中小規模オフィスや拠点の経理担当者が電子化するなら
パーソナルドキュメントスキャナー ScanSnap
  • 誰でもすぐに使える操作性
  • 様々な会計クラウドサービスへ直接連携
  • レシートガイド付きモデルなら、小型原稿やカールしやすいレシートを安定してスキャン
製品詳細を見る
TOP