見開きのイメージデータが作成される

ScanSnapでスキャンしたときに、見開きのイメージデータが作成される場合は、以下を確認してください。

フィード設定に「手差しスキャン」を設定してスキャンしている場合
A3キャリアシートを使用してスキャンしている場合

A3キャリアシートを使用してスキャンしている場合は、以下も確認してください。

読み取り設定で「表裏のイメージを自動的に合成します」チェックボックスにチェックを付けていませんか?

以下の手順で、「表裏のイメージを自動的に合成します」チェックボックスのチェックを外してから、再度原稿をスキャンしてください。

Windows
  1. ScanSnap Homeのメイン画面の[Scan]ボタンをクリックして、スキャン画面を表示します。

    メイン画面が表示されていない場合は、メイン画面を表示するにはを参照してください。

  2. プロファイルリストから、使用しているプロファイルを選択します。

  3. プロファイル編集をクリックして、「プロファイル編集」画面を表示します。

  4. 「フィード」の[オプション]ボタンをクリックして、「フィードオプション」画面を表示します。

  5. 「表裏のイメージを自動的に合成します」チェックボックスのチェックを外します。

Mac OS
  1. ScanSnap Homeのメイン画面の[Scan]ボタンをクリックして、スキャン画面を表示します。

    メイン画面が表示されていない場合は、DockのLaunchpadをクリックすると表示されるアプリケーションの一覧から、「ScanSnap Home」アイコンScanSnap Homeのアイコンをクリックしてください。

  2. プロファイルリストから、使用しているプロファイルを選択します。

  3. プロファイル編集をクリックして、「プロファイル編集」画面を表示します。

  4. 「フィード」の[オプション]ボタンをクリックして、「フィードオプション」画面を表示します。

  5. 「表裏のイメージを自動的に合成します」チェックボックスのチェックを外します。

 

読み取り設定で「両面」を設定していませんか?

以下の手順で、読み取り設定を「片面」に変更してから、再度原稿をスキャンしてください。

  1. ScanSnapのタッチパネルで、ホーム画面のプロファイルリストから、使用しているプロファイルを選択します。

  2. 読み取り面設定アイコンを押して、読み取り面を「片面」に変更します。

タッチパネルで読み取り設定を変更した場合、原稿をスキャンすると読み取り設定は元に戻ります。常に同じ設定でスキャンしたい場合は、読み取り設定をプロファイルとして保存する必要があります。

読み取り設定で「表裏のイメージを見開きにして保存します」を設定していませんか?

以下の手順で、読み取り設定を「表裏のイメージをそれぞれ保存します」に変更してから、再度原稿をスキャンしてください。

Windows
  1. ScanSnap Homeのメイン画面の[Scan]ボタンをクリックして、スキャン画面を表示します。

    メイン画面が表示されていない場合は、メイン画面を表示するにはを参照してください。

  2. プロファイルリストから、使用しているプロファイルを選択します。

  3. プロファイル編集をクリックして、「プロファイル編集」画面を表示します。

  4. 「フィード」の[オプション]ボタンをクリックして、「フィードオプション」画面を表示します。

  5. [キャリアシート設定]ボタンをクリックして、「キャリアシート設定」画面を表示します。

  6. 「イメージの保存方法」で「表裏のイメージをそれぞれ保存します」を選択します。

Mac OS
  1. ScanSnap Homeのメイン画面の[Scan]ボタンをクリックして、スキャン画面を表示します。

    メイン画面が表示されていない場合は、DockのLaunchpadをクリックすると表示されるアプリケーションの一覧から、「ScanSnap Home」アイコンScanSnap Homeのアイコンをクリックしてください。

  2. プロファイルリストから、使用しているプロファイルを選択します。

  3. プロファイル編集をクリックして、「プロファイル編集」画面を表示します。

  4. 「フィード」の[オプション]ボタンをクリックして、「フィードオプション」画面を表示します。

  5. [キャリアシート設定]ボタンをクリックして、「キャリアシート設定」画面を表示します。

  6. 「イメージの保存方法」で「表裏のイメージをそれぞれ保存します」を選択します。