「クラウドサービスへの保存に失敗」というエラーが表示される

ScanSnapを使用していて、「クラウドサービスへの保存に失敗」というエラーが表示される場合は、以下を確認してください。

メッセージに表示されているエラーコードの詳細は、以下を参照してください。

エラーコード一覧

クラウドサービスで既定されている制限事項に該当していませんか?

クラウドサービスによっては、以下の項目に制限を設けている場合があります。

  • 利用できる容量

  • 作成できるフォルダー(ノートブック)数

  • 保存できるファイル(ノート)数

  • ファイルサイズ

  • 画像(原稿)サイズ

  • ファイル名の長さ

  • 画素数

使用するクラウドサービスに対応したアプリケーションやWebブラウザで、容量やファイル数が制限内になるよう、不要なフォルダーやファイルを削除してください。

ヒント
  • クラウドサービスで容量やファイル数に問題がないことを確認したあと、[リトライ]ボタンをクリックすると、同一のクラウドサービスにイメージデータを保存できます。

クラウドサービスのアカウントの有効期限が切れていませんか?

クラウドサービスのアカウントの有効期限を確認してください。

使用するクラウドサービスに対応したアプリケーションやWebブラウザで、クラウドサービスにログインできることを確認してください。

ヒント
  • クラウドサービスにログインできることを確認したあと、[リトライ]ボタンをクリックすると、同一のクラウドサービスにイメージデータを保存できます。

クラウドサービスのアカウントを変更しませんでしたか?

クラウドサービスのアカウントを変更した場合は、ScanSnap Homeの「プロファイル編集」画面で、クラウドサービスを設定し直す必要があります。このとき、変更後のアカウントでクラウドサービスにログインしてください。

プロファイルの設定を変更するには、プロファイルの設定を変更する(ScanSnap Cloud利用時)を参照してください。

ヒント
  • クラウドサービスを設定し直したあと、[リトライ]ボタンをクリックすると、同一のクラウドサービスにイメージデータを保存できます。