クラウドサービスに連携するには

ScanSnapでスキャンした原稿のイメージデータをクラウドサービスに保存するには、2種類の方法があります。

利用シーンや利用環境に合わせて、クラウドサービスに連携する方法を選んでください。

ScanSnap Cloudを利用してクラウドサービスにイメージデータを保存する

ScanSnap Cloud利用時
ScanSnap Cloud利用時
ScanSnap Cloud利用時
特長
  • ScanSnap Cloudを利用すると、スキャンした原稿のイメージデータを、文書、名刺、レシート、および写真の4つの種別に自動的に判別し、原稿種別ごとにクラウドサービスを振り分けて保存できます。

    連携できるクラウドサービスは、こちらを参照してください。

  • スキャンした原稿のイメージデータは、ScanSnap Cloudサーバーを経由して目的のクラウドサービスに保存されます。ScanSnap Cloudサーバーは、ScanSnap専用のクラウドサーバーです。

    ScanSnap Cloudを利用できる地域は、こちらを参照してください。

  • ScanSnapとScanSnap CloudサーバーをWi-Fiで接続するため、コンピューターを起動しなくても、ScanSnap単体で利用できます。

  • ScanSnap Cloudを使用するためには、事前にScanSnapアカウントを取得する必要があります。

    ScanSnapアカウントは、ScanSnapアカウント登録ページで登録してください。

手順の詳細

ScanSnap Cloudを利用する準備から原稿をスキャンするまでの操作手順は、以下を参照してください。

ScanSnap Cloudを利用してクラウドサービスにイメージデータを保存する

クライアントアプリケーションを使用してクラウドサービスにイメージデータを保存する

クライアントアプリケーション使用時
クライアントアプリケーション使用時
クライアントアプリケーション使用時
特長

スキャンした原稿のイメージデータを、コンピューターにインストールしたクラウドサービスのクライアントアプリケーションを利用してクラウドサービスに保存します。

以下のクラウドサービスと連携できます。

  • Dropbox

    Dropboxデスクトップアプリケーションに設定されている同期フォルダーを利用して、イメージデータを保存します。

  • Evernote

    Evernoteクライアントを利用して、イメージデータを保存します。

  • Google ドライブ

    Google ドライブの、バックアップと同期アプリケーションに設定されている同期フォルダーを利用して、イメージデータを保存します。

  • OneDrive

    OneDrive同期クライアントに設定されている同期フォルダーを利用して、イメージデータを保存します。

手順の詳細

プロファイルの設定から原稿をスキャンするまでの操作手順は、以下を参照してください。

クライアントアプリケーションを使用してクラウドサービスにイメージデータを保存する

ヒント
Windows
  • 「スキャナー」タブは、コンピューターの画面右下の通知領域にあるScanSnap Homeのアイコンから開く、ScanSnap Homeのメニューからも表示できます。

    ScanSnap Homeのメニューの詳細は、ScanSnap Homeのアイコンとメニューを参照してください。

Mac OS
  • 「スキャナー」タブは、コンピューターのメニューバーの右側にあるScanSnap Homeのアイコンから開く、ScanSnap Homeのメニューからも表示できます。

    ScanSnap Homeのメニューの詳細は、ScanSnap Homeのアイコンとメニューを参照してください。

 

  1. 原稿をスキャンします。

    原稿のスキャン方法は、原稿をスキャンするを参照してください。

  2. ScanSnap Homeの「ScanSnap Home-イメージのスキャンとファイル保存」画面で、「通常の紙などの平らな原稿を、そのまま切り取って保存します」を選択して、[イメージを確認/修正する]ボタンをクリックします。

  3. ScanSnap Homeの「ScanSnap Home-イメージのスキャンとファイル保存」画面で、「平らな原稿」を選択して、[イメージを確認/修正する]ボタンをクリックします。

  4. ScanSnap Homeの「ScanSnap Home-イメージのスキャンとファイル保存」画面で、「本や雑誌などの見開き原稿を、歪みの補正をして保存します」を選択して、[イメージを確認/修正する]ボタンをクリックします。

  5. ScanSnap Homeの「ScanSnap Home-イメージのスキャンとファイル保存」画面で、「見開き原稿(本や雑誌)」を選択して、[イメージを確認/修正する]ボタンをクリックします。

  1. ScanSnap Homeのメイン画面を表示します。

    詳細は、メイン画面を表示するにはを参照してください。

  2. ScanSnap Homeのメイン画面を表示します。

    DockのLaunchpadをクリックすると表示されるアプリケーションの一覧から、「ScanSnap Home」アイコンScanSnap Homeのアイコンをクリックしてください。

  3. コンテンツを右クリックすると表示されるメニューから、「ScanSnap Homeのビューアで開く」を選択して、ビューア画面(Windows)を表示します。

  4. キーボードの「control」キーを押しながら、コンテンツをクリックすると表示されるメニューから、「ツール」「補正」を選択して、「ScanSnap Home-補正ビューア」画面を表示します。

    「補正」は、修正に必要な作業データがイメージデータに付いている場合に表示されます。

    ヒント
    • 原稿をスキャンするときに使用したプロファイルの設定で、「管理」の「タイプ」が「Mac (ファイル保存のみ)」に設定されている場合、イメージデータは修正できません。

      原稿をスキャンするときに使用するプロファイルの設定を変更するには、プロファイルの設定を変更するを参照してください。

  5. 「補正」タブの補正をクリックします。

    「補正」タブは、修正に必要な作業データがイメージデータに付いている場合に表示されます。

    ヒント
    • 原稿をスキャンするときに使用したプロファイルの設定で、「管理」の「タイプ」が「PC (ファイル保存のみ)」に設定されている場合、イメージデータは修正できません。

      原稿をスキャンするときに使用するプロファイルの設定を変更するには、プロファイルの設定を変更するを参照してください。

  • 原稿をスキャンした直後にイメージデータを修正した場合

    [保存して終了]ボタンをクリックします。

  • ScanSnap Homeで管理しているイメージデータを修正した場合

    1. [編集を終了]ボタンをクリックします。

    2. ビューア画面の「ファイル」タブをクリックして、ファイルメニューから「上書き保存」または「タイトルを付けて保存」を選択します。

ヒント
  • イメージデータを保存するときに表示される画面で、「ブック補正用作業データを削除する」チェックボックスにチェックを付けてからイメージデータを保存すると、作業データが削除されます。イメージデータから作業データを削除すると、補正以外の編集ができるようになります。

    作業データを削除するまで、イメージデータは補正できます。