クラウドサービスに連携するには

ScanSnapでスキャンした原稿のイメージデータをクラウドサービスに保存するには、2種類の方法があります。

利用シーンや利用環境に合わせて、クラウドサービスに連携する方法を選んでください。

ScanSnap Cloudを利用してクラウドサービスにイメージデータを保存する

ScanSnap Cloud利用時
ScanSnap Cloud利用時
ScanSnap Cloud利用時
特長
  • ScanSnap Cloudを利用すると、スキャンした原稿のイメージデータを、文書、名刺、レシート、および写真の4つの種別に自動的に判別し、原稿種別ごとにクラウドサービスを振り分けて保存できます。

    連携できるクラウドサービスは、こちらを参照してください。

  • スキャンした原稿のイメージデータは、ScanSnap Cloudサーバを経由して目的のクラウドサービスに保存されます。ScanSnap Cloudサーバは、ScanSnap専用のクラウドサーバです。

    ScanSnap Cloudを利用できる地域は、こちらを参照してください。

  • ScanSnapとScanSnap CloudサーバをWi-Fiで接続するため、コンピュータを起動しなくても、ScanSnap単体で利用できます。

  • ScanSnap Cloudを使用するためには、事前にScanSnapアカウントを取得する必要があります。

    ScanSnapアカウントは、ScanSnapアカウント登録ページで登録してください。

手順の詳細

ScanSnap Cloudを利用する準備から原稿をスキャンするまでの操作手順は、以下を参照してください。

ScanSnap Cloudを利用してクラウドサービスにイメージデータを保存する

クライアントアプリケーションを使用してクラウドサービスにイメージデータを保存する

クライアントアプリケーション使用時
クライアントアプリケーション使用時
クライアントアプリケーション使用時
特長

スキャンした原稿のイメージデータを、コンピュータにインストールしたクラウドサービスのクライアントアプリケーションを利用してクラウドサービスに保存します。

以下のクラウドサービスと連携できます。

  • Dropbox

    Dropboxデスクトップアプリケーションに設定されている同期フォルダーを利用して、イメージデータを保存します。

  • Evernote

    Evernoteクライアントを利用して、イメージデータを保存します。

  • Google ドライブ

    Google ドライブの、バックアップと同期アプリケーションに設定されている同期フォルダーを利用して、イメージデータを保存します。

  • OneDrive

    OneDrive同期クライアントに設定されている同期フォルダーを利用して、イメージデータを保存します。

手順の詳細

プロファイルの設定から原稿をスキャンするまでの操作手順は、以下を参照してください。

クライアントアプリケーションを使用してクラウドサービスにイメージデータを保存する

ヒント
  • 「スキャナー」タブは、コンピュータの画面右下の通知領域にあるScanSnap Homeのアイコンから開く、ScanSnap Homeのメニューからも表示できます。

    ScanSnap Homeのメニューの詳細は、ScanSnap Homeのアイコンとメニューを参照してください。

  • 「スキャナー」タブは、コンピュータのメニューバーの右側にあるScanSnap Homeのアイコンから開く、ScanSnap Homeのメニューからも表示できます。

    ScanSnap Homeのメニューの詳細は、ScanSnap Homeのアイコンとメニューを参照してください。