テキスト認識する言語を原稿種別ごとに設定する

ScanSnapで原稿をスキャンする以外の、以下のタイミングでテキスト認識する言語を設定します。

  • ローカルフォルダーまたはネットワークフォルダーからScanSnap Homeにファイルを取り込む

  • ScanSnap Homeで管理するコンテンツの原稿種別を変更する

Windows

  1. ScanSnap Homeのメイン画面を表示します。

    詳細は、メイン画面を表示するにはを参照してください。

  2. メニューの「設定」「環境設定」を選択して、環境設定画面を表示します。
  3. 「言語」タブで、テキスト認識する言語を原稿種別ごとに設定します。
    • 言語、発行国/地域(言語)

      テキスト認識する文字の言語を指定します。

      認識する言語を追加したい場合は、「他の言語を設定する」を選択してOCRパックをインストールしてください。

      OCRパックに含まれる言語は、OCRパック(Windows)を参照してください。

      ヒント
      • 「テキスト認識しない」を選択した場合、スキャンした原稿のコンテンツは、以下の状態でScanSnap Homeに取り込まれます。

        • 文書の場合、検索可能なPDFの作成、タイトル抽出、および3行サマリー抽出をしない

        • 名刺の場合、名刺情報を抽出しない

        • レシートの場合、レシート情報を抽出しない

        ScanSnap Homeにコンテンツを取り込んでから、必要に応じて再度テキスト認識できます。

        詳細は、コンテンツを検索可能にするを参照してください。

    • デフォルト通貨

      レシートだけの設定項目です。

      テキスト認識で通貨の認識に失敗したときに使用する通貨コードを設定します。

      デフォルトは、使用しているコンピューターのロケール(国・地域情報)から自動で取得した通貨コードです。

      任意の通貨コードを設定する場合は、[カスタマイズ]ボタンをクリックすると表示される画面で、設定したい通貨コードを英字3文字で入力してください。ISO 4217で定義されている通貨コードの入力を推奨します。

      カスタム通貨は、1つだけ設定できます。

  4. [OK]ボタンをクリックして、環境設定画面を閉じます。

原稿種別が文書、名刺、およびレシートの場合にテキスト認識する言語が設定されます。

Mac OS

  1. ScanSnap Homeのメイン画面を表示します。

    DockのLaunchpadをクリックすると表示されるアプリケーションの一覧から、「ScanSnap Home」アイコンScanSnap Homeのアイコンをクリックしてください。

  2. メニューバーの「ScanSnap Home」「環境設定」を選択して、環境設定画面を表示します。
  3. 「言語」タブで、テキスト認識する言語を原稿種別ごとに設定します。
    • 言語、発行国/地域(言語)

      テキスト認識する文字の言語を指定します。

      ヒント
      • 「テキスト認識しない」を選択した場合、スキャンした原稿のコンテンツは、以下の状態でScanSnap Homeに取り込まれます。

        • 文書の場合、検索可能なPDFの作成、タイトル抽出、および3行サマリー抽出をしない

        • 名刺の場合、名刺情報を抽出しない

        • レシートの場合、レシート情報を抽出しない

        ScanSnap Homeにコンテンツを取り込んでから、必要に応じて再度テキスト認識できます。

        詳細は、コンテンツを検索可能にするを参照してください。

    • デフォルト通貨

      レシートだけの設定項目です。

      テキスト認識で通貨の認識に失敗したときに使用する通貨コードを設定します。

      デフォルトは、使用しているコンピューターのロケール(国・地域情報)から自動で取得した通貨コードです。

      任意の通貨コードを設定する場合は、[カスタマイズ]ボタンをクリックすると表示される画面で、設定したい通貨コードを英字3文字で入力してください。ISO 4217で定義されている通貨コードの入力を推奨します。

      カスタム通貨は、1つだけ設定できます。

  4. 画面左上の閉じるをクリックして、環境設定画面を閉じます。

原稿種別が文書、名刺、およびレシートの場合にテキスト認識する言語が設定されます。