「フォルダに保存」画面

「フォルダに保存」画面では、スキャンした原稿のイメージデータをコンテンツとして保存するときのタイトル、および保存先のフォルダーを設定できます。

また、イメージデータを保存する前に、イメージデータを確認してから、ページの向きの変更、不要なページの削除、およびScanSnap Homeのビューア画面を表示してイメージデータを編集できます。

「フォルダに保存」画面は、以下の場合に表示されます。

  • クイックメニューで「フォルダに保存」を選択する

  • 「プロファイル編集」画面の「アプリケーション」の「連携アプリケーション」に、「フォルダに保存」が設定されているプロファイルを使用して原稿をスキャンする

Windows

フォルダに保存
フォルダに保存
プレビュー(1

スキャンした原稿のイメージデータが表示されます。

先頭ページ

先頭ページを表示します。

前ページ

前のページを表示します。

ページ指定

ページ番号を指定して、ページを表示します。

次ページ

次のページを表示します。

最終ページ

最終ページを表示します。

拡大

ページを拡大して表示します。

縮小

ページを縮小して表示します。

ページの削除

選択しているページを削除します。

左90度回転

選択しているページを左に90度回転します。

右90度回転

選択しているページを右に90度回転します。

ビューア画面を表示

ビューア画面を表示します。

「フォルダに保存」画面から表示したビューア画面では、一部の機能が制限されます。

編集可能な操作は、以下のとおりです。

タイトルの指定

イメージデータを保存したあとに、ScanSnap Homeのメイン画面コンテンツリストビューに表示されるコンテンツのタイトルが表示されます。

コンテンツのタイトルを変更したり、プレビューに表示するイメージデータのコンテンツを切り替えたりできます。

「タイトルの指定」の入力欄の右側にタイトル候補が表示されている場合は、タイトル候補をクリックすると表示されるリストから、タイトルを選択できます。

X / Xコンテンツ

「保存するコンテンツの順番 / 保存するコンテンツの総数」が表示されます。

保存先フォルダの指定

イメージデータが保存されるフォルダーのパスが表示されます。

イメージデータの保存先を変更するには、フォルダーのパスを入力する、または[参照]ボタンをクリックしてください。

「保存先フォルダの指定」の入力欄の右側にタイトル候補が表示されている場合は、タイトル候補をクリックすると表示されるリストから、保存先のフォルダーを選択できます。

[参照]ボタン

「フォルダの選択」画面で、保存先のフォルダーを選択できます。

[保存]ボタン

設定した内容に従って、イメージデータをフォルダーに保存します。

[キャンセル]ボタン

クイックメニューを使用している場合は、設定した内容を無効にして、クイックメニューに戻ります。

クイックメニューを使用していない場合は、設定した内容を無効にして、イメージデータを削除するかどうかを確認する確認メッセージが表示されます。

Mac OS

フォルダに保存
フォルダに保存
プレビュー

スキャンした原稿のイメージデータが表示されます。

先頭ページ

先頭ページを表示します。

前ページ

前のページを表示します。

ページ指定

ページ番号を指定して、ページを表示します。

次ページ

次のページを表示します。

最終ページ

最終ページを表示します。

左90度回転

選択しているページを左に90度回転します。

右90度回転

選択しているページを右に90度回転します。

ページの削除

選択しているページを削除します。

スライドバー

表示中のイメージデータを、既定の倍率で拡大または縮小します。

スライドバーのつまみを右に移動するとイメージデータを大きく、左に移動するとイメージデータを小さく表示します。

タイトルの指定
コンテンツリスト

イメージデータを保存したあとに、ScanSnap Homeの連携アプリケーションを選択するクイックメニューコンテンツリストビューに表示されるコンテンツのタイトルが表示されます。

コンテンツのタイトルを変更したり、プレビューに表示するイメージデータのコンテンツを切り替えたりできます。

「タイトル」の入力欄の右側にタイトル候補が表示されている場合はタイトル候補をクリックすると表示されるリストから、タイトルを選択できます。

コンテンツサイズ

現在選択されているコンテンツの、イメージデータのファイルサイズが表示されます。

総コンテンツサイズ

保存するコンテンツの、イメージデータの合計ファイルサイズが表示されます。

「再計算」ボタン

コンテンツのイメージデータが編集されている場合に有効になります。

コンテンツのイメージデータのファイルサイズを再計算します。

「ローカルフォルダ」タブ

ローカルフォルダーを、イメージデータの保存先に指定します。

保存先フォルダ

イメージデータが保存されるフォルダーのパスが表示されます。

イメージデータの保存先を変更するには、フォルダーのパスを入力するか、[参照]ボタンをクリックしてください。

「保存先フォルダ」の入力欄の右側にタイトル候補が表示されている場合は、タイトル候補をクリックすると表示されるリストから、保存先のフォルダーを選択できます

[参照]ボタン

フォルダーを選択する画面で、保存先のフォルダーを選択できます。

「ネットワークフォルダ」タブ

ネットワークフォルダーを、イメージデータの保存先に指定します。

サーバアドレス

ネットワークフォルダーがあるサーバーのアドレスを、以下のように入力します。

afp://(サーバー名)または smb://(サーバー名)

[接続]ボタン

クリックすると、「サーバアドレス」に入力したアドレスのサーバーに接続します。

ファイルの保存先を設定するには、フォルダーのパス名を入力するか、[参照]ボタンをクリックします。

保存先フォルダ

イメージデータが保存されるフォルダーのパスが表示されます。

イメージデータの保存先を変更するには、フォルダーのパスを入力するか、[参照]ボタンをクリックしてください。

「保存先フォルダ」の入力欄の右側にタイトル候補が表示されている場合は、タイトル候補をクリックすると表示されるリストから、保存先のフォルダーを選択できます。

[参照]ボタン

フォルダーを選択する画面で、保存先のフォルダーを選択できます。

サムネールの表示

サムネールの表示 / 非表示を切り替えます。

[キャンセル]ボタン

クイックメニューを使用している場合は、設定した内容を無効にして、クイックメニューに戻ります。

クイックメニューを使用していない場合は、設定した内容を無効にして、イメージデータを削除するかどうかを確認する確認メッセージが表示されます。

[保存]ボタン

設定した内容に従って、イメージデータをフォルダーに保存します。