「フィードオプション」画面(ScanSnap Cloud利用時)

「フィードオプション」画面は、「新規プロファイル追加」画面または「プロファイル編集」画面の「フィード」にある[オプション]ボタンをクリックすると表示される画面です。読み取り設定の給紙に関する項目を、より詳細に設定できます。 「フィードオプション」画面は、「新規プロファイル追加」画面または「プロファイル編集」画面のフィードにある[オプション]ボタンをクリックすると表示される画面です。読み取り設定の給紙に関する項目を、より詳細に設定できます。

ここでは、ScanSnap Cloudを利用してクラウドサービスに連携する、またはメール送信するプロファイルの設定項目について説明します。連携するクラウドサービスで未サポートの設定項目は表示されない、または選択できません。

ここでは、ScanSnap Cloudを利用してクラウドサービスに連携するプロファイルの設定項目について説明します。連携するクラウドサービスで未サポートの設定項目は表示されない、または選択できません。

ScanSnap Cloudを利用できる地域は、こちらを参照してください。

重要
  • 「フィードオプション」画面の表示中は、ScanSnapで原稿をスキャンできません。

フィード

原稿をスキャンするときの給紙方法を選択します。

設定内容は、「新規プロファイル追加」画面または「プロファイル編集」画面の「スキャン設定」にある「フィード」と連動します。

  • 通常スキャン

    ScanSnapにセットした原稿のスキャンが完了すると、自動的にスキャンが終了します。

    原稿のスキャンが完了すると、自動的にスキャンが終了します。

  • 継続スキャン

    原稿を複数回に分けて、継続してスキャンします。

    ScanSnapの給紙カバー(原稿台)にセット可能な枚数を超える原稿をスキャンするには、この給紙方法を選択してください。

  • 手差しスキャン

    原稿を1枚ずつセットしてスキャンします。

    写真などの傷付けたくない原稿、封筒などの重なりのある原稿、A4サイズより大きい原稿を2つ折りにしてスキャンする場合などに、この給紙方法を選択してください。

「ADF」タブ/「リターン給紙口」タブ

給紙カバー(原稿台)に原稿をセットするUターンスキャン、およびリターン給紙口に原稿をセットするリターンスキャンのスキャン方法ごとに、給紙方法を設定する画面を切り替えます。

フィード

原稿をスキャンするときの給紙方法として、「通常スキャン」が表示されます。

ScanSnapにセットした原稿のスキャンが完了すると、自動的にスキャンが終了します。

原稿をスキャンするときの給紙方法として、「継続スキャン」が表示されます。

原稿を複数回に分けて、継続してスキャンします。

原稿をスキャンするときの給紙方法が表示されます。

  • 「ADF」タブの場合

    Uターンスキャンでの原稿の給紙方法として、「通常スキャン」が表示されます。

    ScanSnapにセットした原稿のスキャンが完了すると、自動的にスキャンが終了します。

  • 「リターン給紙口」タブの場合

    リターンスキャンでの原稿の給紙方法として、「継続スキャン」が表示されます。

    原稿を複数回に分けて、継続してスキャンします。

    2回目以降に原稿をスキャンする場合は、ScanSnapの給紙カバー(原稿台)、またはリターン給紙口のどちらに原稿をセットしてもスキャンできます。

「原稿が斜めにセットされた場合はスキャンを開始しません」チェックボックス

「リターン給紙口」タブを選択した場合に表示されます。

チェックを付けると、ScanSnapのリターン給紙口に原稿が斜めにセットされた場合に、エラー画面を表示してスキャンを中止します。

原稿がScanSnapに斜めに給紙されて、原稿が破損するのを軽減できます。

原稿の傾きやサイズによって、エラーとして検知されない場合があります。

原稿サイズ

スキャンする原稿のサイズを選択します。

  • サイズ自動検出

  • A4 (210×297mm)

  • A5 (148×210mm)

  • A6 (105×148mm)

  • B5 (182×257mm)

  • B6 (128×182mm)

  • はがき (100×148mm)

  • 名刺 (90×55mm、55×90mm)

  • レター (8.5×11インチ、216×279.4mm)

  • リーガル (8.5×14インチ、216×355.6mm)

「縦筋を軽減します」チェックボックス

チェックを付けると、原稿にはない縦線がイメージデータに入るのを軽減できます。

原稿種別を自動で判別するプロファイルで、1つ以上の原稿種別の「スキャンモード」を「e-文書モード」に設定した場合、すべての原稿種別で「縦筋を軽減します」チェックボックスの設定が無効になります。

[OK]ボタン

設定した内容を有効にして、この画面を閉じます。

[キャンセル]ボタン

設定した内容を無効にして、この画面を閉じます。