「PDFオプション」画面(ScanSnap Cloud利用時)

「PDFオプション」画面は、「新規プロファイル追加」画面または「プロファイル編集」画面の「スキャン設定」にある[オプション]ボタンをクリックすると表示される画面です。

PDF形式(*.pdf)でイメージデータを保存する場合の、イメージデータを検索可能なPDFに変換するかどうかを設定できます。

ここでは、ScanSnap Cloudを利用してクラウドサービスに連携する、またはメール送信するプロファイルの設定項目について説明します。連携するクラウドサービスで未サポートの設定項目は表示されない、または選択できません。

ここでは、ScanSnap Cloudを利用してクラウドサービスに連携するプロファイルの設定項目について説明します。連携するクラウドサービスで未サポートの設定項目は表示されない、または選択できません。

ScanSnap Cloudを利用できる地域は、こちらを参照してください。

重要
  • 「PDFオプション」画面の表示中は、ScanSnapで原稿をスキャンできません。

検索可能なPDF
「検索可能なPDFにします」チェックボックス

原稿種別が文書、名刺、レシート、および判別しない場合に表示されます。

チェックを付けると、イメージデータの文字列が「PDFオプション」画面で設定した言語でテキスト認識され、検索可能なPDFが作成されます

設定内容は、「詳細設定」画面の「ファイル形式」タブにある「検索可能なPDFにします」チェックボックスと連動します。

1か月でテキスト認識できるページ数の上限は、500ページです。

文書の言語
名刺の言語
レシートの発行国/地域(言語)

原稿種別が、文書、名刺、レシート、および判別しない場合に表示され、原稿種別の設定によって項目名が異なります。

テキスト認識する文字の言語を設定します。

設定内容は、「詳細設定」画面の「ファイル形式」タブにある言語と連動します。