ScanSnapでスキャンした原稿の取り込み単位

原稿をスキャンしてScanSnap Homeにコンテンツとして取り込む場合、ファイル形式(PDF、JPEG)に関係なく、原稿種別によってScanSnap Homeに取り込まれる単位が異なります。

原稿種別ごとのコンテンツの取り込み単位は、以下のとおりです。

原稿種別

取り込み単位

文書

連続してスキャンした文書を1つのコンテンツとして取り込む。

名刺

  • 両面をスキャンする場合

    連続してスキャンした名刺の表面、裏面を1つのコンテンツとして取り込む。

  • 片面をスキャンする場合

    表面だけで1つのコンテンツとして取り込む。連続して名刺をスキャンした場合は、複数の名刺の表面をそれぞれ1つのコンテンツとして取り込む。

スキャンした名刺の片面を1つのコンテンツとして取り込む。

スキャンした名刺の片面、または両面を1つのコンテンツとして取り込む。

レシート

  • 両面をスキャンする場合

    連続してスキャンしたレシートの表面、裏面を1つのコンテンツとして取り込む。

  • 片面をスキャンする場合

    表面だけで1つのコンテンツとして取り込む。連続してレシートをスキャンした場合は、複数のレシートの表面をそれぞれ1つのコンテンツとして取り込む。

スキャンしたレシートの片面を1つのコンテンツとして取り込む。

写真

  • 両面をスキャンする場合

    スキャンした写真の表面、裏面をそれぞれ1つのコンテンツとして取り込む。

  • 片面をスキャンする場合

    表面だけで1つのコンテンツとして取り込む。連続して写真をスキャンした場合は、複数の写真の表面をそれぞれ1つのコンテンツとして取り込む。

スキャンした写真の片面を1つのコンテンツとして取り込む。

ヒント
  • 原稿種別が文書の場合、1つのコンテンツとして取り込む原稿の枚数を、プロファイルで設定できます。

    詳細は、「詳細設定」画面の「PDFオプション」画面を参照してください。

  • 両面の名刺の表面と裏面を1つのコンテンツにする場合は、読み取り設定の「読み取り面」を「両面」に設定してから、名刺の表面と裏面を続けてスキャンします。

    詳細は、両面の名刺をスキャンするを参照してください。

Windows
  • 原稿種別が文書の場合、1つのコンテンツとして取り込む原稿の枚数を、プロファイルで設定できます。

    詳細は、「詳細設定」画面の「PDFオプション」画面を参照してください。

  • 両面の名刺をスキャンした場合、ScanSnap Home のビューアで表面の名刺データに裏面の名刺データを挿入して1つのコンテンツにすると、両面の名刺データを作成できます。

    詳細は、ほかのイメージデータの全ページを挿入するを参照してください。

Mac OS
  • 原稿種別が文書の場合、1つのコンテンツとして取り込む原稿の枚数を、プロファイルで設定できます。

    詳細は、「詳細設定」画面の「PDFオプション」画面を参照してください。

  • 両面の名刺をスキャンした場合、プレビューで表面の名刺データに裏面の名刺データを挿入して1つのコンテンツにすると、両面の名刺データを作成できます。