両面の名刺をスキャンする

両面の名刺を表、裏の順にScanSnapでスキャンし、1つのコンテンツとして取り込みます。

  1. ScanSnapの給紙カバー(原稿台)を開けて、電源をONにします。
    給紙カバー(原稿台)を開ける
    給紙カバー(原稿台)を開ける
  2. ScanSnap Homeのメイン画面上部の[Scan]ボタンをクリックして、スキャン画面を表示します。
    Windows

    メイン画面が表示されていない場合は、メイン画面を表示するにはを参照してください。

    Mac OS

    メイン画面が表示されていない場合は、DockのLaunchpadをクリックして表示されるアプリケーションの一覧から「ScanSnap Home」アイコンScanSnap Homeのアイコンをクリックしてください。

     

  3. プロファイルリストから「名刺を管理」を選択します。
    ヒント
    • プロファイルリストに「名刺を管理」が表示されない場合は、新しいプロファイルを作成してください。プロファイルを作成するときに使用するテンプレートプロファイルは「名刺を管理」を選択してください。

      詳細は、新しいプロファイルを作成するを参照してください。

  4. 原稿の読み取り面を設定します。

    スキャン画面の[Scan]ボタンの右にある読み取り面設定アイコンが片面の場合は、アイコンをクリックすると表示される「読み取り面設定」画面で「両面」を選択してください。

  5. 原稿の表面を上向きにして、ScanSnapの給紙部にまっすぐ差し込みます。
    重要
    • ScanSnapの排出ガイドを開けた状態で名刺をスキャンすると、原稿づまりが発生して、名刺が傷付く場合があります。排出ガイドを閉じた状態でスキャンしてください。

      排出ガイドを閉じる
      排出ガイドを閉じる
    • 原稿は1枚ずつセットしてください。原稿を2枚同時または交互にセットしてスキャンするデュアルスキャンの場合、両面の名刺データを1つのコンテンツにできません。

    ヒント
    • プロファイルで、原稿サイズを「名刺 (90×55mm, 55×90mm)」に設定した場合は、原稿を給紙部の左端に突き当てながら差し込んでください。

      原稿を突き当てる
      原稿を突き当てる
  6. [Scan/Stop]ボタンを押して、原稿の表面のスキャンを開始します。
  7. 「原稿を裏返してセットしてください。」と表示されたら、原稿を裏返してScanSnapにセットします。
  8. [Scan/Stop]ボタンを押して、原稿のスキャンを終了します。

スキャンした原稿の表面、裏面のイメージデータが1つのコンテンツとして、プロファイルの「保存先」に指定されているフォルダーに保存されます。

ヒント
  • 両面の名刺をスキャンしている途中で、片面の名刺をスキャンしたい場合は、「原稿を裏返してセットしてください。」と表示された画面で[原稿の裏面をスキップ]ボタンをクリックしてください。

  • 原稿のスキャンが終了したあとに、コンテンツの原稿種別およびイメージデータの保存先などの通知をコンピューターで受け取れます。

    詳細は、ScanSnap Homeの動作を設定するを参照してください。

    ScanSnap Cloudを利用してクラウドサービスに連携する場合は、ScanSnap Cloud利用時の動作を設定するを参照してください。

    詳細は、ScanSnap Homeの動作を設定するを参照してください。