名刺またはレシートの文字を項目単位で再認識する

コンテンツの原稿種別が名刺またはレシートの場合に、イメージデータの文字列を項目ごとに範囲選択してテキスト認識できます。

コンテンツビューの「名刺情報」または「レシート情報」のメタ情報の値が正しくない場合、「ビュー」に表示されているイメージデータから該当する文字列を範囲選択して、テキスト認識し直せます。

名刺およびレシートの文字列を再認識する対象項目は、以下のとおりです。

再認識する対象項目

名刺

レシート

  • 氏名

  • 会社名

  • 部署

  • 役職

  • 郵便番号

  • 住所

  • 電話番号

  • FAX番号

  • 携帯電話

  • 電子メール

  • URL

  • メモ

  • 店名

  • レシート日付

  • 通貨

  • 金額

  • 税額

  • 支払方法

  • カード種別

  • カード番号

イメージデータの文字列をテキスト認識できるのは、ScanSnapでスキャンした原稿のコンテンツです。

Windows

  1. ScanSnap Homeのメイン画面を表示します。

    詳細は、メイン画面を表示するにはを参照してください。

  2. コンテンツリストビューで、イメージデータの文字列をテキスト認識するコンテンツを選択します。
  3. コンテンツビューで、「ビュー」の囲って認識をクリックします。
  4. 「ビュー」に表示されているイメージデータ上をドラッグして、テキスト認識する文字列を赤い点線の枠で範囲選択します。

    文字列の選択範囲を修正する場合は、再度、イメージデータ上をドラッグして文字列を選択し直してください。

  5. テキスト認識する対象項目のリストから、範囲選択した文字列に該当する項目を選択します。

イメージデータ上で範囲選択した文字列がテキスト認識され、メタ情報の値が認識結果で更新されます。

ヒント
  • メタ情報が想定した値に更新されない場合は、再度テキスト認識するか、手動でメタ情報の値を変更してください。

Mac OS

  1. ScanSnap Homeのメイン画面を表示します。

    DockのLaunchpadをクリックすると表示されるアプリケーションの一覧から、「ScanSnap Home」アイコンScanSnap Homeのアイコンをクリックしてください。

  2. コンテンツリストビューで、イメージデータの文字列をテキスト認識するコンテンツを選択します。
  3. 「ビュー」に表示されているイメージデータ上をドラッグして、テキスト認識する文字列を赤い点線の枠で範囲選択します。

    文字列の選択範囲を修正する場合は、再度、イメージデータ上をドラッグして文字列を選択し直してください。

  4. テキスト認識する対象項目のリストから、範囲選択した文字列に該当する項目を選択します。

イメージデータ上で範囲選択した文字列がテキスト認識され、メタ情報の値が認識結果で更新されます。

ヒント
  • メタ情報が想定した値に更新されない場合は、再度テキスト認識するか、手動でメタ情報の値を変更してください。