イメージデータを別のクラウドサービスに保存する(ScanSnap Cloud利用時)

スキャンした原稿が異なる原稿種別に判別された場合、コンテンツの原稿種別を変更すると、目的のクラウドサービスに保存されます。

ScanSnap Cloudを利用できる地域は、こちらを参照してください。

Windows

  1. ScanSnap Homeのメイン画面(ScanSnap Cloud利用時)を表示します。

    詳細は、メイン画面を表示するにはを参照してください。

  2. メイン画面左上の[Scan]ボタンの横にある、メイン画面表示切り替えボタンのクラウドをクリックします。
  3. コンテンツリストビュー(ScanSnap Cloud利用時)で、イメージデータを別のクラウドサービスに保存するコンテンツを選択します。
  4. コンテンツを右クリックすると表示されるメニューから、「原稿種別の変更」を選択して、原稿種別を選択する画面を表示します。
  5. スキャンした原稿と同じ原稿種別を選択して、[保存する]ボタンをクリックします。

イメージデータが、選択した原稿種別に設定されているクラウドサービスに保存されます。

Mac OS

  1. ScanSnap Homeのメイン画面(ScanSnap Cloud利用時)を表示します。

    DockのLaunchpadをクリックすると表示されるアプリケーションの一覧から、「ScanSnap Home」アイコンScanSnap Homeのアイコンをクリックしてください。

  2. メイン画面左上の[Scan]ボタンの横にある、メイン画面表示切り替えボタンのクラウドをクリックします。
  3. コンテンツリストビュー(ScanSnap Cloud利用時)で、イメージデータを別のクラウドサービスに保存するコンテンツを選択します。
  4. キーボードの「control」キーを押しながら、コンテンツをクリックすると表示されるメニューから「原稿種別の変更」を選択して、原稿種別を選択する画面を表示します。
  5. スキャンした原稿と同じ原稿種別を選択して、[保存する]ボタンをクリックします。

イメージデータが、選択した原稿種別に設定されているクラウドサービスに保存されます。