連携アプリケーションを選択するクイックメニュー

原稿をスキャンしたあとに表示されるクイックメニューで連携アプリケーションを選択すると、イメージデータを活用したり、アプリケーションまたはクラウドサービスと連携したりできます。

クイックメニューを使用するには、タッチパネルのホーム画面またはScanSnap Homeのスキャン画面で、クイックメニューに連携するプロファイルを選択して原稿をスキャンしてください。

クイックメニューを使用するには、ScanSnap Homeのスキャン画面で、クイックメニューに連携するプロファイルを選択して原稿をスキャンしてください。

クイックメニューに連携するプロファイルは、プロファイルの設定で「アプリケーション」の「連携アプリケーション」に、「クイックメニュー」が設定されています。

ヒント
  • クイックメニューを使用する場合、スキャンした原稿のイメージデータはプロファイルの「保存先」に指定されているフォルダーに保存され、ScanSnap Homeでは管理されません。

    ただし、クイックメニューで以下の連携アプリケーションを選択すると、スキャンした原稿のイメージデータは「ScanSnap Home」フォルダーに保存され、コンテンツはScanSnap Homeで管理されます。

    • ScanSnap Home

    • 書類を保存

    • 名刺を管理

    • レシートを管理

    • 写真のアルバムを作成

  • Windowsの場合、クイックメニューを使用するときは、PDF形式のイメージデータを開くためのパスワードは付けられません。

クイックメニューとは

プロファイルの設定で、「アプリケーション」の「連携アプリケーション」に「クイックメニュー」が設定されている場合、原稿をスキャンしたあとに、連携アプリケーションを選択するクイックメニューが表示されます。

クイックメニューの画面の構成は、以下のとおりです。

Windows
クイックメニュー
おすすめ

スキャンした原稿の種別を判別して、推奨するアプリケーションが表示されます。

例えば、A4サイズの書類をスキャンした場合、「書類を保存」が「おすすめ」として表示されます。

ただし、プロファイルの設定で「原稿種判別」に「自動的に文書/名刺/レシート/写真に判別し、それぞれの設定で読み取ります」以外を設定している場合は、スキャンした原稿の種別ではなく、設定した原稿の種別に合わせて、推奨するアプリケーションが表示されます。

プロファイルの設定で「原稿種判別」に設定した原稿種別に合わせて、推奨するアプリケーションが表示されます。

詳細表示を閉じる/詳細表示を開くをクリックすると、「おすすめ」の表示/非表示を切り替えられます。

お気に入り/すべてのアプリケーション

クイックメニューには、2種類の表示モードがあります。

表示モードは、すべてのアプリケーションを表示/お気に入りを表示をクリックすると切り替えられます。

  • 「お気に入り」モード

    「表示アプリケーションの変更」画面で、お気に入りに設定したアプリケーションだけが表示されます。

    使用頻度の高いアプリケーションをお気に入りに設定して「お気に入り」モードで表示すると、連携したいアプリケーションをすばやく見つけられます。

  • 「すべてのアプリケーション」モード

    クイックメニューに登録されている、すべてのアプリケーションが表示されます。

「表示アプリケーションの変更」画面で、お気に入りに設定したアプリケーションのアイコンには、右上に星マークが表示されます。

アプリケーション一覧(1

連携できるアプリケーションの一覧が表示されます。

ヒント
  • アプリケーション一覧には、任意に追加したアプリケーションも表示されます。

    詳細は、連携するアプリケーションを追加するを参照してください。

  • スキャンした原稿が異なる原稿種別に判別された場合、アプリケーション一覧に目的のアプリケーションが表示されないときがあります。

    目的のアプリケーションが表示されなかった場合は、クイックメニューで「ScanSnap Home」を選択して、コンテンツをScanSnap Homeに取り込んでから原稿種別を変更してください。

    コンテンツの原稿種別を変更するには、コンテンツの原稿種別を変更するを参照してください。

ScanSnap Home

スキャンした原稿のイメージデータおよびメタ情報が、コンテンツとしてScanSnap Homeに管理されます。コンテンツは、メイン画面のコンテンツリストビューで確認できます。

書類を保存

イメージデータの原稿種別が、文書と判別された場合に表示されます。

スキャンした原稿のイメージデータおよびメタ情報が、文書のコンテンツとしてScanSnap Homeに管理されます。コンテンツは、メイン画面のコンテンツリストビューで確認できます。

名刺を管理

イメージデータの原稿種別が、名刺と判別された場合に表示されます。

スキャンした原稿のイメージデータおよびメタ情報が、名刺のコンテンツとしてScanSnap Homeに管理されます。コンテンツは、メイン画面のコンテンツリストビューで確認できます。

レシートを管理

イメージデータの原稿種別が、レシートと判別された場合に表示されます。

スキャンした原稿のイメージデータおよびメタ情報が、レシートのコンテンツとしてScanSnap Homeに管理されます。コンテンツは、メイン画面のコンテンツリストビューで確認できます。

写真のアルバムを作成

イメージデータの原稿種別が、写真と判別された場合に表示されます。

スキャンした原稿のイメージデータおよびメタ情報が、写真のコンテンツとしてScanSnap Homeに管理されます。コンテンツは、メイン画面のコンテンツリストビューで確認できます。

フォルダに保存

「フォルダに保存」画面で、スキャンした原稿のイメージデータ、タイトル、および保存先のフォルダーを設定して[保存]ボタンをクリックすると、イメージデータがファイルとして保存されます。

メール送信

「メール送信」画面で、スキャンした原稿のイメージデータおよびファイル名を確認して[添付]ボタンをクリックすると、メールソフトの新規メッセージ画面に、イメージデータが添付されます。

プリンタで印刷

「プリンタで印刷」画面で、スキャンした原稿のイメージデータを確認し、必要に応じて設定を変更して[印刷]ボタンをクリックすると、イメージデータがプリンターで印刷されます。

Dropbox

Dropboxデスクトップアプリ 77.4.131以降がインストールされ、Dropboxにログインしている場合に表示されます。

事前に、同期フォルダーを設定しておくことで、スキャンした原稿のイメージデータが、Dropboxにアップロードされます。

Dropboxデスクトップアプリのダウンロードページは、こちらを参照してください。

Evernote

Evernote for Windows 6.20.2以降がインストールされている場合に表示されます。

事前に、Evernoteにログインしておくことで、スキャンした原稿のイメージデータが、Evernoteにアップロードされます。

Evernote for Windowsのダウンロードページは、こちらを参照してください。

Google ドライブ

バックアップと同期 3.45.5545以降がインストールされ、Google ドライブにログインしている場合に表示されます。

事前に、同期フォルダーを設定しておくことで、スキャンした原稿のイメージデータが、Google ドライブにアップロードされます。

バックアップと同期のダウンロードページは、こちらを参照してください。

OneDrive

OneDrive 同期クライアント 19.103.0527以降がインストールされ、OneDriveにログインしている場合に表示されます。

事前に、同期フォルダーを設定しておくことで、スキャンした原稿のイメージデータが、OneDriveにアップロードされます。

OneDrive 同期クライアントのダウンロードページは、こちらを参照してください。

Word文書に変換/Excel文書に変換/PowerPoint(R)文書に変換

ABBYY FineReader for ScanSnap(5.0以降)がインストールされている場合に表示されます。

スキャンした原稿のイメージデータが、Word文書、Excel文書、またはPowerPoint文書に変換されます。

スキャンした原稿の内容に合わせて、変換する文書の形式を選択すると、変換後の再現性が高くなります。詳細は、ABBYY FineReader for ScanSnapの文字変換機能を参照してください。

ピクチャフォルダに保存

スキャンした原稿のイメージデータが、JPEG形式のファイルとしてピクチャフォルダーに保存されます。

ドキュメントフォルダに保存

スキャンした原稿のイメージデータが、ドキュメントフォルダーに保存されます。

楽2ライブラリ Smartに保存

2ライブラリ Smart体験版、または楽2ライブラリ Smartがインストールされている場合に表示されます。

スキャンした原稿のイメージデータが、楽2ライブラリ Smart体験版、または楽2ライブラリ Smartに保存されます。

イメージデータのファイル形式が、PDFの場合に連携できます。

設定

設定を変更できるアプリケーションのアイコンにマウスカーソルを合わせると表示され、クリックするとアプリケーションの設定画面が表示されます。

詳細

選択しているアプリケーションの説明が表示されます。

詳細表示を閉じる/詳細表示を開くをクリックすると、アプリケーションの説明の表示/非表示を切り替えられます。

表示アプリケーションの変更

クリックすると、「お気に入り」モードで表示するアプリケーションの設定、およびクイックメニューに表示するアプリケーションの順番を変更する「表示アプリケーションの変更」画面が表示されます。

拡大/縮小スライドバー

クイックメニューに表示されているアイコンの大きさを、3段階で変更できます。

スライドバーを右に移動するとアイコンが拡大され、左に移動するとアイコンが縮小されます。

Mac OS
クイックメニュー
おすすめ

スキャンした原稿の種別を判別して、推奨するアプリケーションが表示されます。

例えば、A4サイズの書類をスキャンした場合、「書類を保存」が「おすすめ」として表示されます。

ただし、プロファイルの設定で「原稿種判別」に「自動的に文書/名刺/レシート/写真に判別し、それぞれの設定で読み取ります」以外を設定している場合は、スキャンした原稿の種別ではなく、設定した原稿の種別に合わせて、推奨するアプリケーションが表示されます。

プロファイルの設定で「原稿種判別」に設定した原稿種別に合わせて、推奨するアプリケーションが表示されます。

詳細表示を閉じる/詳細表示を開くをクリックすると、「おすすめ」の表示/非表示を切り替えられます。

お気に入り/すべてのアプリケーション

クイックメニューには、2種類の表示モードがあります。

表示モードは、すべてのアプリケーションを表示/お気に入りを表示をクリックすると切り替えられます。

  • 「お気に入り」モード

    「表示アプリケーションの変更」画面で、お気に入りに設定したアプリケーションだけが表示されます。

    使用頻度の高いアプリケーションをお気に入りに設定して「お気に入り」モードで表示すると、連携したいアプリケーションをすばやく見つけられます。

  • 「すべてのアプリケーション」モード

    クイックメニューに登録されている、すべてのアプリケーションが表示されます。

「表示アプリケーションの変更」画面で、お気に入りに設定したアプリケーションのアイコンには、右上に星マークが表示されます。

アプリケーション一覧(1

連携できるアプリケーションの一覧が表示されます。

ヒント
  • アプリケーション一覧には、任意に追加したアプリケーションも表示されます。

    詳細は、連携するアプリケーションを追加するを参照してください。

  • スキャンした原稿が異なる原稿種別に判別された場合、アプリケーション一覧に目的のアプリケーションが表示されないときがあります。

    目的のアプリケーションが表示されなかった場合は、クイックメニューで「ScanSnap Home」を選択して、コンテンツをScanSnap Homeに取り込んでから原稿種別を変更してください。

    コンテンツの原稿種別を変更するには、コンテンツの原稿種別を変更するを参照してください。

ScanSnap Home

スキャンした原稿のイメージデータおよびメタ情報が、コンテンツとしてScanSnap Homeに管理されます。コンテンツは、メイン画面のコンテンツリストビューで確認できます。

書類を保存

イメージデータの原稿種別が、文書と判別された場合に表示されます。

スキャンした原稿のイメージデータおよびメタ情報が、文書のコンテンツとしてScanSnap Homeに管理されます。コンテンツは、メイン画面のコンテンツリストビューで確認できます。

名刺を管理

イメージデータの原稿種別が、名刺と判別された場合に表示されます。

スキャンした原稿のイメージデータおよびメタ情報が、名刺のコンテンツとしてScanSnap Homeに管理されます。コンテンツは、メイン画面のコンテンツリストビューで確認できます。

レシートを管理

イメージデータの原稿種別が、レシートと判別された場合に表示されます。

スキャンした原稿のイメージデータおよびメタ情報が、レシートのコンテンツとしてScanSnap Homeに管理されます。コンテンツは、メイン画面のコンテンツリストビューで確認できます。

写真のアルバムを作成

イメージデータの原稿種別が、写真と判別された場合に表示されます。

スキャンした原稿のイメージデータおよびメタ情報が、写真のコンテンツとしてScanSnap Homeに管理されます。コンテンツは、メイン画面のコンテンツリストビューで確認できます。

フォルダに保存

「フォルダに保存」画面で、スキャンした原稿のイメージデータ、タイトル、および保存先のフォルダーを設定して[保存]ボタンをクリックすると、イメージデータがファイルとして保存されます。

メール送信

「メール送信」画面で、スキャンした原稿のイメージデータおよびファイル名を確認して[添付]ボタンをクリックすると、メールソフトの新規メッセージ画面に、イメージデータが添付されます。

プリンタで印刷

「プリント」画面で、スキャンした原稿のイメージデータを確認し、必要に応じて設定を変更して[プリント]ボタンをクリックすると、イメージデータがプリンターで印刷されます。

Dropbox

Dropboxデスクトップアプリ 77.4.131以降がインストールされ、Dropboxにログインしている場合に表示されます。

事前に、同期フォルダーを設定しておくことで、スキャンした原稿のイメージデータが、Dropboxにアップロードされます。

Dropboxデスクトップアプリのダウンロードページは、こちらを参照してください。

Evernote

Evernote for Mac 7.11以降がインストールされている場合に表示されます。

事前に、Evernoteにログインしておくことで、スキャンした原稿のイメージデータが、Evernoteにアップロードされます。

Evernote for Macのダウンロードページは、こちらを参照してください。

Google ドライブ

バックアップと同期 3.45.5816以降がインストールされ、Google ドライブにログインしている場合に表示されます。

事前に、同期フォルダーを設定しておくことで、スキャンした原稿のイメージデータが、Google ドライブにアップロードされます。

バックアップと同期のダウンロードページは、こちらを参照してください。

OneDrive

OneDrive 同期クライアント 19.103.0527以降がインストールされ、OneDriveにログインしている場合に表示されます。

事前に、同期フォルダーを設定しておくことで、スキャンした原稿のイメージデータが、OneDriveにアップロードされます。

OneDrive 同期クライアントのダウンロードページは、こちらを参照してください。

Word文書に変換/Excel文書に変換/PowerPoint(R)文書に変換

ABBYY FineReader for ScanSnap(5.0以降)がインストールされている場合に表示されます。

スキャンした原稿のイメージデータが、Word文書、Excel文書、またはPowerPoint文書に変換されます。

スキャンした原稿の内容に合わせて、変換する文書の形式を選択すると、変換後の再現性が高くなります。詳細は、ABBYY FineReader for ScanSnapの文字変換機能を参照してください。

書類フォルダに保存

スキャンした原稿のイメージデータが、書類フォルダに保存されます。

設定

設定を変更できるアプリケーションのアイコンにマウスカーソルを合わせると表示され、クリックするとアプリケーションの設定画面が表示されます。

詳細

選択しているアプリケーションの説明が表示されます。

詳細表示を閉じる/詳細表示を開くをクリックすると、アプリケーションの説明の表示/非表示を切り替えられます。

表示アプリケーションの変更

クリックすると、「お気に入り」モードで表示するアプリケーションの設定、およびクイックメニューに表示するアプリケーションの順番を変更する「表示アプリケーションの変更」画面が表示されます。

拡大/縮小スライドバー

クイックメニューに表示されているアイコンの大きさを、3段階で変更できます。

スライドバーを右に移動するとアイコンが拡大され、左に移動するとアイコンが縮小されます。

 

クイックメニューの表示を変更するには

「表示アプリケーションの変更」画面で、「お気に入り」モードで表示するアプリケーションを設定したり、クイックメニューに表示されるアプリケーションの順番を変更したりできます。

「表示アプリケーションの変更」画面は、クイックメニューの表示アプリケーションの変更をクリックすると表示されます。

Windows
表示アプリケーションの変更
アプリケーション一覧

クイックメニューに表示されるアプリケーションが表示されます。

アプリケーションのチェックボックスにチェックを付けると、クイックメニューの「お気に入り」モードで表示できます。

[上へ]ボタン/[下へ]ボタン

クイックメニューに表示されるアプリケーションの順番を変更できます。

アプリケーション一覧で選択しているアプリケーションを上下に移動すると、クイックメニューに表示されるアプリケーションの順番が変更されます。

選択したアプリケーションを移動できない場合は、グレーアウトされます。

「新しいアプリケーションを先頭に追加する」チェックボックス

チェックを付けると、クイックメニューに新しいアプリケーションを追加する場合に、クイックメニューの先頭に追加できます。チェックを外した場合、新しいアプリケーションはクイックメニューの末尾に追加されます。

「設定ボタンを自動的に表示する」チェックボックス

チェックを付けると、クイックメニューのアプリケーション一覧で、設定を変更できるアプリケーションのアイコンにマウスを合わせたときに、設定が表示されます。

表示のリセット
[リセット]ボタン

クイックメニューに表示されるアプリケーションの順番、およびお気に入りとして表示する設定を、デフォルトの状態に戻します。

なお、追加したアプリケーションは削除されません。

Mac OS
表示アプリケーションの変更
アプリケーション一覧(1

クイックメニューに表示されるアプリケーションが表示されます。

アプリケーションのチェックボックスにチェックを付けると、クイックメニューの「お気に入り」モードで表示できます。

アプリケーション名をドラッグ&ドロップして、クイックメニューに表示されるアプリケーションの順番を変更できます。

「新しいアプリケーションを先頭に追加する」チェックボックス

チェックを付けると、クイックメニューに新しいアプリケーションを追加する場合に、クイックメニューの先頭に追加できます。チェックを外した場合、新しいアプリケーションはクイックメニューの末尾に追加されます。

「設定ボタンを自動的に表示する」チェックボックス

チェックを付けると、クイックメニューのアプリケーション一覧で、設定を変更できるアプリケーションのアイコンにマウスを合わせたときに、設定が表示されます。

表示のリセット
[リセット]ボタン

クイックメニューに表示されるアプリケーションの順番、およびお気に入りとして表示する設定を、デフォルトの状態に戻します。

なお、追加したアプリケーションは削除されません。