名前を付けてフォルダーに保存する(Windows)

スキャンした原稿のイメージデータを、任意の名前を付けてフォルダーに保存します。

保存されたイメージデータは、ScanSnap Homeの管理対象になりません。

概要イメージ

概要イメージ

ここでは、基本的な原稿をスキャンして、スキャンした原稿のイメージデータを、任意の名前を付けてフォルダーに保存する方法を説明します。

そのほか、いろいろな原稿のスキャン方法は、原稿をスキャンするを参照してください。

そのほか、いろいろな原稿のスキャン方法は、原稿をスキャンするを参照してください。

そのほか、いろいろな原稿のスキャン方法は、原稿をスキャンするを参照してください。

そのほか、いろいろな原稿のスキャン方法は、原稿をスキャンするを参照してください。

そのほか、いろいろな原稿のスキャン方法は、原稿をスキャンするを参照してください。

そのほか、いろいろな原稿のスキャン方法は、原稿をスキャンするを参照してください。

そのほか、いろいろな原稿のスキャン方法は、原稿をスキャンするを参照してください。

  1. ScanSnapでスキャンする原稿を用意します。
  2. ScanSnapの給紙カバー(原稿台)を開けて、電源をONにします。 ScanSnapの給紙カバー(原稿台)を開けて、電源をONにします。

    給紙カバー(原稿台)を開ける

    給紙カバー(原稿台)を開ける

    給紙カバー(原稿台)を開ける

  3. ScanSnapの給紙カバー(原稿台)を開けて、電源をONにします。 ScanSnapの給紙カバー(原稿台)を開けて、電源をONにします。

    給紙カバー(原稿台)を開ける

    給紙カバー(原稿台)を開ける

    ヒント
    • 原稿をScanSnapの前面側に排出する場合や、ScanSnapの排出側に十分なスペースがない場合は、排出ガイドを開けてください。

      排出ガイドを開ける
      排出ガイドを開ける
    • 排出ガイドの開閉による、原稿の排出方法の違いは、以下のとおりです。

      • 排出ガイドを閉じた場合の原稿の流れ

        排出ガイドを閉じた場合
        排出ガイドを閉じた場合
      • 排出ガイドを開けた場合の原稿の流れ

        排出ガイドを開けた場合
        排出ガイドを開けた場合
  4. ScanSnapの[Scan]ボタンまたは[Stop]ボタンを押して、電源をONにします。

    ボタンを押す

  5. ScanSnap Homeでプロファイルを準備します。
    1. ScanSnap Homeのメイン画面の[Scan]ボタンをクリックして、スキャン画面を表示します。

      メイン画面が表示されていない場合は、メイン画面を表示するにはを参照してください。

    2. プロファイル追加アイコンをクリックして、「新規プロファイル追加」画面を表示します。
    3. 画面左のテンプレートのリストから、「名前を付けて保存」を選択します。

      必要に応じて、読み取り設定を変更してください。

    4. [追加]ボタンをクリックして、このプロファイルをスキャン画面のプロファイルリストに追加します。
  6. タッチパネルのホーム画面のプロファイルリストから、手順3.で追加したプロファイルを選択します。
  7. 手順3.で追加したプロファイルが、スキャン画面のプロファイルリストで選択されていることを確認します。
  8. ScanSnapで原稿をスキャンします。
    1. ScanSnapの前に、背景マットをセットします。

      背景マットは、ScanSnapに突き当ててください。

      背景マットをセットする
    2. 原稿をScanSnapの読み取り範囲内にセットします。

      読み取り範囲については、原稿をセットするにはを参照してください。

      原稿をセットする
    3. [Scan]ボタンを押して、原稿のスキャンを開始します。

      継続してスキャンする場合は、次にスキャンする原稿をセットしてから[Scan]ボタンを押してください。

      重要
      • 原稿のスキャン中に、ScanSnapの白シートを手や物で隠さないでください。イメージデータの色調の再現性が悪くなります。

      • 原稿のスキャン中は、ScanSnapを設置している台を振動させたり、原稿を動かしたりしないでください。イメージデータがゆがんだり、色がにじんだりする場合があります。

      ヒント
    4. [Stop]ボタンを押して、原稿のスキャンを終了します。
    5. ScanSnap Homeの「ScanSnap Home-イメージのスキャンとファイル保存」画面で、イメージデータの保存方法を選択します。
      Windows

      「通常の紙などの平らな原稿を、そのまま切り取って保存します」を選択してから、[このイメージで保存する]ボタンをクリックしてください。

      Mac OS

      「平らな原稿」を選択してから、[このイメージで保存する]ボタンをクリックしてください。

       

      ヒント
    6. 給紙カバー(原稿台)のエクステンションおよびスタッカーを伸ばします。

      エクステンションを伸ばす

    7. スタッカーを手前に開けます。

      スタッカーを手前に開ける

    8. エクステンションを伸ばします。

      エクステンションを伸ばす

    9. 原稿のスキャンする面を上向きにして、ScanSnap の給紙部にまっすぐ差し込みます。
      原稿がScanSnap に引き込まれ、固定されることを確認してください。

      読み取る面を上向きで原稿をセット

      読み取る面を上向きで原稿をセット

      ヒント
      • 排出ガイドを閉じた状態で原稿をスキャンする場合は、ScanSnapの背面側に、スキャンした原稿を排出するための十分なスペースを確保してください。また、長尺原稿の場合は、スキャンが完了した原稿がScanSnapを設置した台から落ちないように、排出される原稿を手で受け取ってください。

        ScanSnapから排出された原稿が物に当たると、原稿づまりの原因となります。

        長尺原稿を受け取る
        長尺原稿を受け取る
    10. 給紙カバー(原稿台)に原稿をセットします。

      原稿の裏面(原稿が複数枚ある場合は最終ページ)を手前に向け、上端を下向きにしてセットします。

      原稿の厚みがサイドガイド内側の原稿をセットする目安を超えないように、原稿の枚数を調節してください。

      原稿をセットする

    11. サイドガイドを原稿の両端に合わせます。

      サイドガイドは、中央部分を持って動かしてください。サイドガイドと原稿の間に隙間があると、原稿が傾いてスキャンされることがあります。

      サイドガイドを合わせる

      サイドガイドを合わせる

    12. [Scan]ボタンを押します。
    13. 給紙カバー(原稿台)のエクステンションを伸ばしてから、スタッカーを起こします。

      スタッカーを起こす

    14. 給紙カバー(原稿台)に原稿をセットします。

      原稿の裏面(複数枚ある場合は最終ページ)を手前、上端を下向きにしてセットします。

      原稿の厚みが、サイドガイド内側に刻まれた目盛りを超えないように、原稿の枚数を調節してください。

      原稿をセットする

    15. サイドガイドを原稿の両端に合わせます。

      サイドガイドは、中央部分を持って動かしてください。サイドガイドと原稿の間に隙間があると、原稿が傾いてスキャンされることがあります。

      サイドガイドを合わせる

      サイドガイドを合わせる

    16. 給紙カバー(原稿台)に原稿をセットします。

      原稿の裏面(複数枚ある場合は最終ページ)を手前、上端を下向きにしてセットします。原稿の厚みが、サイドガイド内側に刻まれた目盛りを超えないように、原稿の枚数を調節してください。

      上端を下向きにしてセット
    17. サイドガイドを原稿の両端に合わせます。

      サイドガイドは、中央部分を持って動かしてください。サイドガイドと原稿の間に隙間があると、原稿が傾いてスキャンされることがあります。

      中央部分を持って動かす
    18. [Scan]ボタンを押します。
    19. [Scan/Stop]ボタンを押して、原稿のスキャンを開始します。

      継続して原稿をスキャンする場合は、次にスキャンする原稿をセットしてください。原稿をセットすると、自動的にスキャンが開始されます。

    20. [Scan/Stop]ボタンを押して、原稿のスキャンを終了します。
  9. 「名前を付けて保存」画面でファイルの保存先およびファイル名を指定して、[保存]ボタンをクリックします。
    ヒント
    • 原稿種別を自動判別する設定で、異なる原稿種別の原稿をまとめてスキャンした場合は、ファイルの保存先およびファイル名を指定する画面が、保存するファイルの数分続けて表示されます。

スキャンした原稿のイメージデータが、指定したファイル名でフォルダーに保存されます。