クラウドサービスで経費精算や会計業務をする

経費管理クラウドサービスや会計クラウドサービスにレシートや伝票をアップロードします。レシートや伝票をスキャンするだけで経費の入力が自動化されたり、データを自動仕分けしてくれるので、面倒な管理の時間を短縮できます。

ここでは、ScanSnap Cloudを利用してクラウドサービスに連携する方法を説明します。

事前にScanSnap Cloudを利用するためのサービス利用規約に同意し、ScanSnap Cloudを利用できるように設定する必要があります。詳細は、ScanSnap Cloudを利用してクラウドサービスにイメージデータを保存するを参照してください。

また、ScanSnap Cloudを利用できる地域は、こちらを参照してください。

概要イメージ

ここでは、名刺・レシートガイドを使用して、大量のレシートを複数枚同時にスキャンし、クラウドサービスに経費データを保存する方法を説明します。

ヒント
  • カールや折れのある、レシートなどの小さいサイズの原稿をスキャンする場合は、原稿を1枚ずつ手差しでセットしてスキャンすることを推奨します。

    ScanSnap のタッチパネルで「フィード設定」を「手差しスキャン」に設定すると、原稿づまりを防いで、原稿を傷付けずにスキャンできます。詳細は、レシートなどのカールや折れのある原稿を1枚ずつスキャンするを参照してください。

  1. ScanSnapでスキャンする原稿を用意します。

    クラウドサービスで管理したいレシートを用意してください。

  2. ScanSnapの給紙カバー(原稿台)を開けて、電源をONにします。 ScanSnapの給紙カバー(原稿台)を開けて、電源をONにします。

    給紙カバー(原稿台)を開ける

    給紙カバー(原稿台)を開ける

    給紙カバー(原稿台)を開ける

  3. ScanSnap Homeでプロファイルを準備します。
    1. ScanSnap Homeのメイン画面左上の[Scan]ボタンをクリックして、スキャン画面を表示します。
      Windows

      メイン画面が表示されていない場合は、メイン画面を表示するにはを参照してください。

      Mac OS

      メイン画面が表示されていない場合は、DockのLaunchpadをクリックして表示されるアプリケーションの一覧から「ScanSnap Home」アイコンScanSnap Homeのアイコンをクリックしてください。

       

    2. プロファイル追加アイコンをクリックして、「新規プロファイル追加」画面(ScanSnap Cloud利用時)を表示します。
    3. 画面左のテンプレートのリストから、「クラウドで経費精算や会計業務」を選択します。
    4. 「保存先」にある「サービス名」の[選択]ボタンをクリックすると表示されるリストから、保存先に設定するクラウドサービスを選択します。

      そのほかの読み取り設定は、必要に応じて変更してください。

    5. [追加]ボタンをクリックして、このプロファイルをスキャン画面のプロファイルリストに追加します。
  4. タッチパネルのホーム画面のプロファイルリストから、手順3.で追加したプロファイルを選択します。
  5. ScanSnapで原稿をスキャンします。
    1. 給紙カバー(原稿台)のエクステンションおよびスタッカーを伸ばします。

      エクステンションを伸ばす

    2. 名刺・レシートガイドを取り付けます。

      詳細は、名刺・レシートガイドの取り付け方法を参照してください。

    3. 給紙カバー(原稿台)に原稿をセットします。

      名刺・レシートガイドのガイドの幅に合わせて、レシートをセットしてください。

      レシートの裏面を手前に向け、上端を下向きにしてセットします。

      原稿をセットする
    4. [Scan]ボタンを押します。

スキャンした原稿のイメージデータが、保存先に指定したクラウドサービスに保存されます。

イメージデータが保存先のクラウドサービスに保存されていることを確認するには、保存先のクラウドサービスのマニュアルを参照してください。