無線アクセスポイントのプライバシーセパレーター機能は無効にする

ScanSnap を使う場合、使用する ScanSnap を ScanSnap Cloud サービスに登録する必要があります。ScanSnap の登録は、ScanSnap Cloud アプリケーションで行います。

モバイル機器から登録する場合、無線アクセスポイントのプライバシーセパレーター機能を無効にしてください。有効の場合、登録できません。

無効にできない場合は、ScanSnap iX100 とコンピューターで導入するを参照し、コンピューターから登録してください。

設定の確認方法

無線アクセスポイントの設定は、Web ブラウザーまたは専用のソフトウェアなどを利用して確認してください。

プライバシーセパレーター機能が有効になっている場合は、設定を無効に変更してください。

詳細は、使用している無線アクセスポイントのマニュアルまたは Web サイトを参照するか、メーカーにお問い合わせください。

Web ブラウザーでの設定変更例

Web ブラウザーでの設定変更例

ヒント

プライバシーセパレーター機能とは、セキュリティを高めるために、モバイルルーター経由で無線機器同士が通信することを禁止する機能です。

プライバシーセパレーター機能(有効) プライバシーセパレーター機能(無効)

モバイルルーターによっては、本機能を無効にできないものがあります。

プライバシーセパレーター機能の名称一覧

プライバシーセパレーター機能の名称は、メーカーによって以下のように異なります。

  • ネットワーク分離機能

  • SSID セパレータ

  • SSID 内分離

  • AP アイソレーション

  • クライアントアイソレーション

  • 無線 LAN 隔離機能

  • AP 隔離

初期値でプライバシーセパレーター機能が有効になっているモバイルルーター例

下記は一例であり、各シリーズの中でも該当しない機種があります。

  • EMOBILE:Pocket WiFi シリーズ

  • SoftBank:Pocket WiFi シリーズ

  • Y!mobile:Pocket WiFi シリーズ

  • Docomo:モバイルWi-Fi ルーター HW シリーズ

  • WiMax:WMX シリーズ

  • Logitec:LAN-W300N/Rsx シリーズ(プライバシーセパレーター機能を無効にできません)