1. ホーム > 
  2. 製品 > 
  3. Happy Hacking Keyboard

けん盤配列にも大いなる関心を
Please Pay Your Attention to the Keyboard Layout

東京大学工学部教授
和田 英一 Eiiti Wada授

PFU Technical Review
Vol.3,No.1(Feb.1992)
pp.1 - 15

参考文献

4. ASCII キーボード

我々の研究室にたくさんあるキーボードはDECのVT100,AppleのMacintosh, Sun MicroのSun 1,2,3,4(Sparcstation 1,2),東芝のDyna bookなどだが, これはいずれも上の規格のどれでもない. つまり英記号の配置がISOで決めたのと違っている. これを規格の有無にかかわらずASCIIキーボードと呼んだりしている. 要はISOのがロジカルペアリングなのに対してタイプライタペアリングなのだ. タイプライタペアリングとは昔からのオフィスタイプライタのシフト, アンシフトの対応を尊重するものである. ASCIIキーボードだらけの研究室にも最近やっと日電のPC98とか東芝の Sparc LTとかJISキーボードのものが入ってきたが Sparc LTはキーバインディングを変更し, ASCII キーボードとして使っている.

JISキーボードとASCIIキーボードは英記号の位置が違うのだが, 筆者のようにLispプログラマにとってはこれは重大関心事である. なにしろ Lispでは両かっこ (左かっこを「カッコ」, 右かっこを「コッカ」という)と 引用符を多用するが, それがキーボードによって違う場所にあったのではたまらない. それもカッコ, コッカが8と9の上にあったり(JIS), 9と0の上にあったり(ASCII)というのではフラストレーションのもとである.

ところで最初にのべたように, 筆者の近くはASCII キーボードがほとんどだから, さしたる問題もないみたいだが, 実はASCII キーボード同士にも微妙な差がある. このことについては, NTT通研の竹内君の記事[15]が詳しい. 数多くの例についてはそちらをみていただくことにするが, ここでは筆者が使ってきたキーボードについて特長を挙げてみたい.

図10はDECの名器といわれたVT100である. このキータッチの感じはあまりにもすばらしく, 現在でも語り種になっている. いまはキー配置だけに注目すると,大体はASCII キーボードの標準配列になっているが, これで驚くのは (|,\)のキーがReturn(復帰)の右に飛び出していることだ. 機能鍵の配置も一応合格だが, Aの左隣(C00)にあるCaps Lockにはよく触ってあわてたことを思い出す. Caps Lockをこの位置にもってきたために同時押下形シフトキーであるControlが遠くへ追いやられてしまった. 同時押し下げ形シフトキーはなるべく図形文字の近くにあってほしく, その点左右の Shiftは問題ない.

VT100のキーボード

図-10 VT100のキーボード
Fig.10-Keyboard layout of VT100

DECではその後VT220というキーボードを出した. DEC LKシリーズともいうらしいがこのキーボードは使い難かった. なぜかというとコンマとピリオドは上段にもコンマとピリオドを配置し, 従って"<", ">"はこれが一組になり Zの左 (B00)にいった. つまり左のシフトが遠くなったのである. また (~, `) が1の左(E00)にいき, ESCが盤面から消えた. Returnの右に出ていた(|, \) は一応Returnの内側にきた.

初期のMacintoshのキーボードはファンクションキーが全然ないところは気持ちがよいが, 多少の問題も持っていた(図 11). (図 11, 12, 13は中央部分はVT100のと殆んど同じなので省略してある. ) Shiftが近めにあるのは評価できるが Control(よつ葉のクローバみたいな記号で表す.)がスペースバーの左にあり, ブラインドタッチでは打ちにくい. (~,`) が1の左 (E00)にあるのはVT220と同じである. ESCはどうするかというと,(~, `)を打つか Controlを押しながら(~, `)を打つのである.

Macintoshのキーボード

図-11 Macintoshのキーボード
Fig.11-Keyboard layout of Macintosh

筆者のキーボード遍歴は, この後Sun 3に移る(図 12). Sun 3のキーボードは一つの完成点であろう. ESC, Tab, Control, Shiftなどは標準の位置に収まった. だが今度は Left, Right, Alternate という何に使うか分からないキーがふえた. これが本稿書きだしのように Sparcstation にかわったら(図13) またまた違う配置に悩まされることになったのである.

Sun 3のキーボード

図-12 Sun 3のキーボード
Fig.12-Keyboard layout of Sun 3

図を見てもらえば分かるが, Sun 3と較べ, (~, `) と (|, \) の位置が変わった. 前者は (", ') の右(C12) に来た. お蔭でReturnが遠くなり, 始めのうちはコマンドを実行しようとしてはバッククオートを打っていた.

Sparcstationのキーボード

図-13 Sparcstationのキーボード
Fig.13-Keyboard layout of Sparcstation

こうしてみるとASCII キーボードの場合, 記号といってもフラフラしているのは (~, `), (|, \)の二つである. それが左へ行ったり上へ出たり右へ追われたりしているのである.