1. ホーム > 
  2. 製品 > 
  3. Happy Hacking Keyboard

和田先生関連ページ

Happy Hacking Logo

Happy Hacking Keyboard は、東京大学名誉教授 和田英一先生とPFU研究所との
共同研究によって生まれた、正統派ハッカー待望のキーボードです。

appearance appearance

上の絵をクリックすると、キートップが次々と押されるアニメーションを見ることができます
(Javaアプレット:和田先生作)。
[データの読込みに多少時間がかかります]

  アメリカ西部のカウボーイたちは、馬が死ぬと馬はそこに残していくが、どんなに砂漠を歩こうとも、鞍は自分で担いで往く。馬は消耗品であり、鞍は自分の体に馴染んだインタフェースだからだ。
  いまやパソコンは消耗品であり、キーボードは大切な、生涯使えるインタフェースであることを忘れてはいけない。

[東京大学 和田英一 名誉教授の談話]

招待論文:「けん盤配列にも大いなる関心を」

PFU Technical Review Vol.3,No.1(Feb.1992)
和田 英一

Wide Project 和田先生のページへ