Fujitsu

営業事務

FUJITSU Image Scanner fi Series

注文書や発注書、検収書など 紙書類の電子化と
データ入力業務の自動化で、
人的ミスを削減、
テレワークを推進

業務に欠かせない紙書類の扱いに
お悩みではありませんか?

時間や場所に縛られた
働き方を改善したい!
  • 情報が紙書類で運用されているため、オフィスでなければ仕事ができない
  • 上司や担当者が社内に不在だと、承認印をもらえず業務が中断する
  • 顧客からの問い合わせの際には、保管庫から紙書類を探し出すのに手間取る
紙や個⼈に頼った
運⽤から脱却したい!
  • 取引先からの注文書はFAXや郵送で届くので、紙書類を削減することができない
  • システムへのデータ⼊⼒のために、事業所ごとに事務スタッフが在籍している
  • 情報が属人化し共有が図れていないため、担当者不在時に誰も対応できない
膨大なデータ入力の
作業を自動化したい!
  • 検収書を受け取った後の、受注管理システムへのデータ⼊⼒に⼿間がかかる
  • データ入力の際には、入力間違いがないかチェックする作業も負担が⼤きい
  • ⽉末に検収書の処理が集中し残業が増えるが、人員を増強するのは難しい

世界シェアNo.1の実績
約120拠点の全国サービス網

業務用イメージスキャナー「fiシリーズ」により解決!Global Image Scanner Market Share No.1

注文書、発注書、検収書などの紙書類を、
簡単な操作でスピーディーに電子化して
自動的に共有フォルダにファイリング

テレワークや自動化を促進、業務スピードの向上を実現

紙運用により進まないテレワークを実現。
さらに、単純作業を自動化することにより業務効率を高めます。

  • 定常業務を効率化し
    テレワークも実現

    定常業務を効率化しテレワークも実現

    • 紙書類をデータ化することで、自宅や外出先でも業務を進められます
    • どこからでも承認処理ができるため、上司が不在でも業務が止まりません
    • データ化して管理することで、必要な情報はすぐに検索/参照できます
  • 業務の集中化/平準化を実現

    業務の集中化/平準化を実現

    • データを集約して管理することで、⼀か所で業務を集中処理することができます
    • 事務部⾨と営業部⾨とを切り離すことで、
      内部統制の強化を図ることができます
    • 情報の共有が進み、担当者の不在時にも代わりの社員が対応できます
  • RPA*と連携し
    データ⼊⼒を⾃動化

    RPA*と連携しデータ⼊⼒を⾃動化

    • 既存の基幹システムはそのままに、業務プロセスの⼀部を効率化できます
    • RPAへ移⾏した単純作業は、夜間や休⽇
      でもプロセスを進める
      ことができます
    • 人的ミスがなくなり、二重チェックや
      ⼿戻りによるムダな作業がなくなります

    * RPA: Robotic Process Automation

「fiシリーズ」を使うメリット

専⽤スキャナーだからこその⾼機能

専⽤スキャナーならではの⾼速かつ安定した給紙、正確な読み取り、紙づまり防⽌、
そして、⾼度な画像処理技術により、お客様のペーパーレス化を支援します。

  • 共⽤の複合機の空き状況を気にせず使える

    共⽤の複合機の空き状況を
    気にせず使える
    ⽉末に検収書の処理が集中する場合でも専⽤スキャナーならデスクサイドで使うことができ、高速で両面
    を読み取るのでスピーディーに処理できます。
  • ファイル名から欲しい情報がすぐに⾒つかる

    ファイル名から欲しい情報が
    すぐに⾒つかる
    定型帳票であれば、発注番号など固有の⽂字列やQRコードの情報から、⾃動的にファイル名を付与します。
  • OCRの精度を高めるイメージデータ生成

    OCRの精度を高めるイメージデータ生成
    標準ソフトウェア「PaperStream IP」の⾼度な画像処理により、視認性の⾼いイメージデータを⽣成。帳票OCRの認識精度を⼤幅に向上します。

    *OCR : Optical Character Recognition / 光学文字認識

データ化することによる高い利便性

スキャンと同時にキーワード検索や全文検索を行うことができるPDFとして自動保存。
紙での保存からデータでの保存に移行することで、利便性の高い運用を実現します。

アイコンをワンクリックで、
スキャン~保存まで完了

会社/帳票ごとに、読み取り条件や保存方法を設定したプロファイル(アイコン)を作成しておけば、帳票にあわせた最適な読み取り条件で電子化し、指定の出力先へ保存できます。保存先を社内のネットワークフォルダにすれば、情報の一元管理が実現でき、全社的な共有が可能になります。

アイコンをワンクリックで、スキャン~保存まで完了

* 証憑の原本廃棄のためには、税務署への電子帳簿保存法(e-文書法)の申請が必要です。

OCRソフトウェアとの連携でさらに便利に
専用スキャナーと業務用OCRソフトウェア「DynaEye10」やRPAツールとの連携により、
さらに自動化を進められる運用例をご紹介します。

フォーマットの異なる帳票でも
項目名から自動読み取り

帳票上の記載位置ではなく項目名と簡単なルールにより、フォーマットの異なる帳票でも自動で読み取り位置やレイアウトを学習。さらに「AI日本語手書きOCRオプション」を導入すれば、日本語手書き文字も高精度に認識します。

* 「AI日本語手書きOCRオプション」は定型帳票のみご利用いただけます。

フォーマットの異なる帳票でも項目名から自動読み取り

RPAにより業務システムに自動登録

RPAツールを導入すれば、スキャンから業務システムに
登録するまでの一連の作業を自動実行できます。

RPAにより業務システムに自動登録

導入効果

  • リモートでの承認により
    受注処理のプロセスを短縮

    紙の注文書を上司の席に回議する場合と比べると、上司不在によりプロセスが滞ることがなくなり、受注~承認完了までにかかる時間を14分の1へ短縮!

    リモートでの承認により受注処理のプロセスを短縮

    注釈

    * 導入前:夕方に注文書を受け取り、営業事務は当日中にシステム登録。翌日、上司は外出のためプロセスは進まず。2日後、営業事務が印刷した受注内容と注文書を上司へ回議し、承認完了。
    * 導入後:夕方に注文書を受け取り、営業事務は当日中に注文書をデータ化しシステムで受注処理を起票。その夜、上司は外出先から確認し承認完了。

  • 人的作業ミスを削減、
    新たな時間を創出
    システム登録の手入力は間違えも起きやすく、それに伴う手戻り等のムダな作業も増えます。RPAツールの導入は、作業ミスをなくし、人間を単純作業から解放し、別の業務遂行を可能にします。

    人的作業ミスを削減、新たな時間を創出

  • 問い合わせ対応を
    スピードアップ
    情報の一元管理により検索のスピードがアップし、問い合わせにも迅速に対応できます。

    問い合わせ対応をスピードアップ

営業事務向け
おすすめスキャナー機種

業務用イメージスキャナーで世界シェアNo.1の実績を誇る「fiシリーズ」。
さまざまな業務フローやご要望にお応えする豊富なラインナップから、
おすすめのスキャナー機種をご紹介します。

  • A4原稿を高速読み取り

    A4スタンダードモデル

    fi-7180 / fi-7160

    本体価格(税別) 180,000円 / 120,000円

    fi-7180

    • A4サイズ
    • コンパクトサイズ
    • 1分間に80枚両面
    • 原稿保護機能

    POINT

    • デスクサイドで使えるコンパクトサイズ
    • 1分間に80枚*両面の高速読み取り
    • 音で異常を検知する原稿保護機能

    *fi-7160は1分間に60枚の読み取り

    製品情報を見る

  • 高精度な文字認識を実現

    業務用OCRソフトウェア

    DynaEye 10

    420,000円/年間~(サブスクリプションモデル)
    • 多様な帳票に対応
    • さまざまな文字種に対応

    POINT

    • 業務で扱う多種多様な帳票に対応
    • 手書き文字、活字、さまざまな文字種に対応

    製品情報を見る

※ドキュメントスキャナーを対象とする。日本・北米はKEYPOINT INTELLIGENCE社 (InfoTrends)により集計(2018年実績)、ドキュメントスキャナー集計よりMobile/Microを除く6セグメントの合計マーケットシェア(主に8ppm以上のドキュメントスキャナー全体)。欧州はinfoSource 社(2018年実績)の集計に基づく、西欧地区(トルコとギリシャを含む)におけるシェア。

導入のご相談はこちらから

今すぐ無料相談

今すぐ無料相談

ページの先頭へ