1. ホーム > 
  2. 製品 > 
  3. エンベデッド製品 > 
  4. 車載組込みシステム関連製品

車載組込みシステム関連製品

開発用コントローラ

本コントローラ製品は、車載組込みシステム開発者のニーズに応え、モビリティ開発環境の標準となる Automotive Grade Linux (※1) を動作させる車載向け最新型のインテルCPUを搭載することで、先進的で強力な開発環境を提供いたします。
次世代IVIに必要なインタフェースをコントローラ本体に実装するとともに拡張スロットを2つ装備しており、さまざまな機能の拡張カードを選択してシステム開発を行なうことが可能です。例えば、低消費電力で強力なディープラーニング処理が行える弊社のDeep Learningアクセラレータカードや次世代コネクテッドカーの実現を支援する車載Ethernetカードの搭載も可能です。

特長

  1. Automotive Grade Linux対応
    • 車載システムの開発に適したOS Automotive Grade Linuxを搭載可能。
  2. 次世代IVI (※2) に対応した各種インタフェース
    • 3画面の独立出力により、メーター、ナビ画面を1つのコントローラで表示。
    • マルチチャネルのデジタルカメラ入力により、外部モニタ、ドライバーステータスモニタ、電子ミラーに対応。
    • 拡張スロット装備 (PCI Express 2スロット, M.2)により、各種PCI Expressカード搭載可能。
      (CANカード、車載Ethernet(Ethernet AVB/TSN)カード、Deep Learningアクセラレータカード等)
  3. 搭載CPU
    • 車載向け最新型のインテルCPU搭載。

近年、自動車・建機などのモビリティ市場において、IoTやAIの技術を活用し、カメラやセンサーから得られる大量のデータを、周囲の危険察知やドライバー状態監視などの運転支援、遠隔操縦、自律走行などに有効活用する取り組みが実用化されつつあります。これに伴い、カメラやセンサーなどを搭載するあらゆるモビリティ手段において、収集・蓄積したデータをリアルタイムに活用したいという要望も高まっています。
弊社はこのような市場要望に応え、本開発用コントローラおよびディープラーニング製品、そしてデータ保全に適したRAID機能を有する組込みストレージ製品をご用意しております。

社会を支えるさまざまな市場に対し、幅広いインテルCPUラインナップを持つ産業用組込みコンピュータを提供し続けているPFUは、その豊富な経験と実績に基づき、安心・安全なモビリティ社会の実現に向けた取り組みを行なっています。

※1 Automotive Grade Linux: 車載アプリケーション用Linuxベースのソフトウェアプラットフォーム。
※2 IVI: in-vehicle infotainment、車載インフォテインメントの略。従来のカーナビの役割に加え、様々な情報サービスやエンターテインメントの提供、安全支援等を行うための車載情報プラットフォーム。

エンベデッドに関するお問い合わせ