1. ホーム > 
  2. 活動トピックス
2017/5/15

退団選手のお知らせ

いつもPFUブルーキャッツを応援していただき、誠にありがとうございます。
このたび、松浦 寛子選手、神田 さくら選手、清水 まどか選手、大保 早耶加選手、髙橋 千晶選手、槇田 莉乃選手が退団することとなりました。
本人からのメッセージをお届けいたします。


松浦選手からのメッセージ

この度引退することになりました。
PFUでは4年間、プレーしましたがプレミア昇格や降格、様々な試合を体験させて頂き、本当に思い出深い4年間でした。


嬉しいことも悔しいことも沢山ありましたが、バレーボールを通して沢山の仲間に出会い、沢山の経験をすることが出来、16年間続けて来て本当に良かったと感じています。


最後になりますが、PFUの皆様、ファンの皆様、バレーボールを通してここまでお世話になった皆様にこの場をお借りして御礼申し上げます。本当に今までありがとうございました。
これからもPFUブルーキャッツの応援をよろしくお願いします。


神田選手からのメッセージ

この度、ブルーキャッツを引退することになりました。


3年間という短い期間でしたが、すごくいい経験をさせて頂きました。
辛いこともありましたが、今のメンバーだからこそ乗り越えて来られたと思っています。ここでバレーボールをして辛かった事、楽しかった事の全てが良い思い出です。
これからはブルーキャッツがもう一度プレミア昇格出来るよう全力で応援し、ここで学んだことをこれからの人生に活かして頑張りたいと思います。


今まで応援して下さったファンの皆様、バレー関係者の皆様、全てに感謝いたします。
これからもPFUブルーキャッツの応援をよろしくお願いいたします。本当にありがとうございました。


清水選手からのメッセージ

この度、引退することになりました。今まで沢山のご支援、ご声援を頂き、本当にありがとうございました。


3年間という短い間でしたが、チャレンジリーグから入替戦、そしてプレミアリーグの舞台へと沢山の経験をさせて頂き、とても充実した日々を過ごす事が出来ました。
小学校から15年間、バレーボールを続けられたこと、そして生まれ育った石川県でこのように恵まれた環境でバレーボールをさせて頂き、感謝の気持ちで一杯です。本当にありがとうございました。


これからは新たな道に進み、頑張っていきます。今後ともブルーキャッツの応援をよろしくお願いいたします。


大保選手からのメッセージ

2年間という短い時間でしたが、プレミアリーグとチャレンジリーグの両方を経験出来た事に感謝しております。


怪我ばかりでチームの戦力として活躍出来ず、怪我からの復帰を願って応援し続けて下さった皆さんの期待に応えることが出来ませんでしたが、それでもずっと応援してくださり、ありがとうございました。
17年間のバレーボール人生において数え切れない程沢山の方々に出会えた事がとても幸せでした。このご縁を忘れずにこれからもバレーボールで培った経験を新たな道で生かして行きたいと思っています。


本当に今まで応援して頂き、ありがとうございました。これからもブルーキャッツの応援をよろしくお願いします。


髙橋選手からのメッセージ

引退することが決まりました。
ブルーキャッツの一員として、沢山の方々にお世話になり本当にありがとうございました。


社会人になっても、夢中になれる事、真剣に取り組む場を与えてくれた監督はじめ、チームメイトには感謝の気持ちでいっぱいです。
チームメイトと離れるのは少し寂しいですが、私らしく新たな自分ライフを楽しみたいと思います。


最後に、いつも私を優先してくれた家族には本当に感謝しています。
18年間バレーができて幸せでした。ありがとうございました。


槇田選手からのメッセージ

今シーズン限りで引退することになりました。


2年間と言う短い期間でしたが、とても良い環境でバレーボールができ、ブルーキャッツの一員としてプレー出来た事を嬉しく思っています。


今後は新たなステージに向かいますが、自分らしくバレーボールで得た経験を活かし、頑張りたいと思います。
本当にありがとうございました。




一覧ページへ戻る



選手・スタッフへメッセージを送る
BlueCats Blog